ツンデレ百人一首

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

ツンデレ百人一首(つんでれ-ひゃくにんいっしゅ)とは、平安時代に成立したとされている百人一首のひとつ。2004年に京都府宇治市内に埋まっているのが発見され、京都大学での研究の末に2008年に株式会社DEARSから発売された。

概要[編集]

編者は不明とされているが、紀貫之小倉百人一首に収録しなかった和歌を集めたという説が有力である。[要出典]小倉百人一首が百人(男性79人(僧侶15人)、女性21人)の歌人の秀逸な和歌を年代順に一首ずつ百首選んだものが小倉百人一首の原型と言われているのに対し、こちらは全て女性でさらに素直になりきれない感情を詠った秀逸な和歌のみを選定している。しかし、世に発表されないまま時が経ち、室町時代の応仁の乱の戦中で瓦礫の下に埋もれ、そのまま2004年に砂遊びをしていた京都府宇治市内の公園で小学生が発掘した。

京都大学からDEARSの手に渡った経緯は不明であるが、同社の意向で現代語訳がされ、すべて五・七・五・七・七の歌としての様式を崩している。賛否両論があったが、後日同社は訳す前の原文をテキストとして編集して発表した。

DEARS販売の商品としての仕様[編集]

DEARS販売分パッケージ。正面の女性キャラの表情が購買意欲をそそる。
  • 発売日:2008年5月9日(金)
  • 価格:2,625円(税込)
  • 製品番号:DEARS-26
  • JANコード:4582260620205
  • 収録内容:ツンデレ読み手CD&カルタ付き(100枚×2、CV : 釘宮理恵

用途と反響[編集]

小倉百人一首が古典の入門などのための教材に扱われることに対して、こちらは現代語訳されている事や和歌の内容が教育に不適切なことから、教育委員会の方針としてこれを教材として扱う事を避けるという暗黙の了解がある(「いわゆる『百人一首宇治外伝』の授業における取り扱いについて(通達)」京都府教育庁学校教育課平成16年学教第999号)。

反対に、カルタ遊びの用途としては「親しみやすい」として本家に勝るとも劣らない人気を博し、さらに販売に際して読み手のCDが人気声優の声であったことから、百人一首は意外なところで爆発的なブームを呼ぶ事になる。しかし、本家の百人一首の学習をなおざりにし、行く末にニートになる学生が現れ始め、さらにCDが釘宮病の感染源の一つと判明し、混乱を呼んだ。加えて販売元がDEARS一社のシェア独占状態が問題となり、一時期発売を自粛するに至るも2009年6月23日に解禁となっている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


ツンデレ ……見ての通り、この記事「 ツンデレ百人一首 」は書きかけなわけだけど…、はぁ!?何言ってんの?勘違いしてるんじゃないわよ! べっ、別に加筆して欲しいわけじゃ無いんだから!まぁ、アンタがどうしても加筆したいって言うのなら、加筆させてあげてもいいんだけど…… (Portal:スタブ)