ツンデレカルタ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

ツンデレカルタ(つんでれかるた)とは、日本の伝統と人間の本能に根ざした遊びを創造する目的で株式会社DEARSが発売したカードゲームである。

パッケージ。正面に描かれている女の子の表情が購買意欲をそそる。

概要[編集]

医療情報に関する注意 ご自身の健康問題に関しては、ためしてガッテンDHCで何とかしてください。免責事項もお読みください。
  • 価格:2,100円(税込)
  • 製品番号:DEARS-23
  • JANコード:4582260620175
  • 収録内容:ツンデレ読み手CD&カルタ付き(44枚)

難病指定された釘宮病の感染源としても知られているが、健康状態の如何や老若男女を問わず遊ばれている。

カルタ業界にしては破格の値段にもかかわらず、25人の絵描きを集めて描かれたという絵札のイラストの可愛らしさや、付属品の読み手の朗読CDの声が欲をかき立てる、ということで爆発的なヒットを記録した。しかし、購入者の殆どがカルタの遊技以外の用途で購入する人間であったということから、販売元のDEARSはあまり感謝していないという

夏Ver.や百人一首、タロットカードなども発売されている他、女性向けに女性専用の商品[1]も販売されていることもあり、この種の遊びではかなり売れっ子であろう。

欠点[編集]

朗読CDがそれぞれの絵札を読む時に、冒頭に「あ」など読み札をばらしてしまう為、カルタとしては画龍点晴を欠くようなものとなってしまった。そのため、純粋にCDの釘宮理恵氏の声のみを楽しもうとした利用者が続々と家庭のステレオを舌でなめ回すなどしたため、ステレオの故障や大量廃棄などが相次ぎ、一時期社会問題に発展していた。政治家の塩爺氏をして、「これは気違いですわ」と言わしめた。「朝ズバッ!!」でも、みのもんた氏が同様のコメントを発言。重要な発言とされたため、その後同氏の出演する多くの番組でこの件に対するコメントが求められていた。

波紋[編集]

一方、前述したみのもんた氏の番組の裏番組である「めざましテレビ」でも騒動が起こっていた。あろう事かこのツンデレカルタが取り上げられたのである。しかもそのまとめにて司会の高島彩アナウンサーが、読み札の内容をツンデレそのものの口調で読み上げてしまった。後はお察し下さい

脚注[編集]

  1. ^ こちらは福山潤氏や杉田智和氏を読み手に招いている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • DEARSの速報[1]


ツンデレ ……見ての通り、この記事「 ツンデレカルタ 」は書きかけなわけだけど…、はぁ!?何言ってんの?勘違いしてるんじゃないわよ! べっ、別に加筆して欲しいわけじゃ無いんだから!まぁ、アンタがどうしても加筆したいって言うのなら、加筆させてあげてもいいんだけど…… (Portal:スタブ)