ツバメ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
曖昧さ回避 ツバメ」のその他の用法につ・い・て・は「」をCHECK IT OUT!! はい!!!
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ツバメ」の項目を執筆しています。

ツバメ(燕、Hirund rustica)とは、人間メスに寄生する生物の一種。

概要[編集]

ツバメは普段は鳥類の姿をしており、飛行に最適化された細長い体型をしているのが特徴。北半球の広い範囲を気候に応じて移動する「渡り鳥」として生活している。日本では主に春先から秋口にかけて活動し、越冬する個体は少ない[1]。農耕地では害虫を捕食する上穀物を食さない生態から益鳥として扱われ、また人家を好んで近づく為商売繁盛の印として扱うこともあった。

人間のメスに寄生する際には若い男性の姿を取る場合が多い。特に経済力の高い中年女性を好むとされ、俗に「年増とツバメ」というように伝統的に結び付けられている。これは頑丈な人家を生活圏とすることで外敵から身を守ると共に、生存に必要な物資などを確保しやすい事から行われている。ツバメはその返礼[要出典]として性処理補助などを行う[2]他、外出時に寄り添う事で危険から対象を保護しようとしたりする。だが周囲から見ると「金目当てで中年に言い寄る、狡猾な小男」と見なされてしまうこともあり、雀と共に「志の低い男」とレッテルを貼られてしまう場合もある。作家の平塚雷鳥もツバメを養っていたが、そういった心ない声に傷付いたツバメが自分の下を去っていった事を悲しみ詩を詠んでいる。

その他のツバメ[編集]

ツバメの多くは鳥類の姿か男性の姿を取っているが、希にそれ以外の姿で活動するツバメもいる。有名なものとしては、東京ヤクルトスワローズでアクロバットスタッフを勤めているつば九郎が上げられる。こちらはペンギンに近い姿で、女性に寄生するわけではなく広報活動や試合中のパフォーマンスで給料を得ている。他球団のマスコットを苛めたり、契約更新の際球団への不満をテレビカメラの前で暴露する[3]などその活動はなかなかにブラックであり、「つば黒う」「畜生ペンギン」というあだ名で呼ばれる事も。

脚注[編集]

  1. ^ ただし存在しないわけではない
  2. ^ 人間男性よりも奉仕的で快感が強いとされ、古来中国ではツバメによる性処理を「ツバメの巣」という隠語で呼び珍重した。
  3. ^ ただしつば九郎は発声能力がなく、筆談によるものだった。

関連項目[編集]