ツクヨミ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

ツクヨミ(月読、月詠とも)は、日本である。多くの人にはは男だという思い込みのため男だと認知されているが、実際の多くの目撃証言は女だということを示している。姉に夜に封印されほとんど表に出る事もなく、性別まで混乱した不幸な存在。だが、美麗な顔立ちで歳をとらない永遠の美少女である。 ちなみに、引きこもりの姉やニートの弟にかわって頑張りすぎた結果、過労死したせいで表に出なくなったとも言われ、その事件性をささやかれていたりする。 真実だとすれば、姉弟3柱でまさに日本人の基本パターンを網羅 表現していると言えよう。

経歴[編集]

姉オオヒルメ(アマテラス)や弟スサノオ同様、父イザナギが勝手に作った子供だが、とりあえず戸籍上はイザナギとイザナミの子供とされる。だが、弟のスサノオとは異なり、母親はイザナミではないときちんと分かっており、父親から疎んじられ支配地も点々とする。一説には、姉オオヒルメと双子であるとされる。だが、不義の子で近親相姦でもあるオオヒルメやスサノオが有名なのに比べると立場は狭い。一部のマニアには受けるものの、そもそもロリなのかショタなのか属性が分からない事もあり宙ぶらりんの状態となっている。だが、オオヒルメとスサノオが滅茶苦茶なことをするため、何もしない事で自らの地位を保っていた。

ツクヨミが国津神の保食神と親友になったとき、オオヒルメが穢らわしい女として保食神を処刑し、さらにツクヨミはオオヒルメに夜に封印される結果になった。これは日本最古のいじめであるとされる。この逸話のため、「ツクヨミは男」と多くの人が思った。だが、その後の多くの目撃証言により、学者の間ではこの説は信憑性のないものである事が分かっている。いつもはいい子なのだが怒ると雷帝に変貌する(つまりキレる)。光仁天皇の時代には、自分があまりにも忘れ去られている事に怒って暴風雨を引き起こした。その後、800年代には女性の姿としての目撃証言が多数報告される。ここで元々公式記録上は「性別なし」と記録されていたツクヨミは実は女神だという話が多く寄せられた。

なお、ツクヨミの末裔と主張する人間も数多く存在するが、公式記録ではツクヨミに子供はいないことになっている。実際にツクヨミは永遠に子供のままであり生殖能力はない。そのためこれは全くの嘘である。

近年の活動[編集]

2000年頃から、ネコミミの吸血鬼(純血種)少女として一部の人物に目撃され始めた。黒い猫を膝に乗せた美少女であった。昔から少年としての目撃証言はほとんど無かったのであるが、ここで一気に「ツクヨミはおにゃのこ」説は信憑性を帯びる。ツクヨミのコスプレで秋葉原は占拠され、一気にネコミミブームが到来した。「月姫」を名乗る真祖の姫君アルクェイド・ブリュンスタッドとも対戦したが、ツクヨミは対戦能力には劣るが不死身なので勝負が付かなかった。

また、ツクヨミは「若返りの水(変若水)」を作る事の出来る唯一の神でもある。そのため、知能が低く低学歴でボケ症状が進んでマスコミに対してボケた発言を繰り返す安倍晋三首相に対し「若返りの水」を作ってくれという依頼が多く寄せられた。だが、「秘密」と言って聞かなかった。それでもしつこく依頼をするため、一応「若返りの水」の「レプリカ」を作ってあげているが、元来穢れである上、ボケ症状が進んでいる安倍には当然効果は無い。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ツクヨミ」の項目を執筆しています。
Quqpacmanlogo3.png
月夜見が放った発言は、後世の物好きのために、有志たちによって「Unquotable/神」へ収録されています。