ツガノガク

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ツガノガク」の項目を執筆しています。
「自作品のメディアミックスに関して考えると、アニメ化では大成功するが、漫画化ではどうも恵まれない傾向があるようだ」
ツガノガク について、筒井康隆及び谷川流

ツガノ ガク(1978年-)は、日本漫画家の一人である。青山学院大学を卒業後、この道に入るに至った。

作画[編集]

ツガノガクの作風は、お世辞にも東清彦のような丁寧さは感じることが出来ないものである。要は粗雑ということであるが、そのいかんとも表現しがたい独自性については読者の賛否両論を呼んでいる。絵が若干貧乳であり、ヒンニュー教信者の可能性も指摘されている、と言われてきたが、実は着やせ宗徒である可能性の方が大きいようだ。

2003年に『時をかける少女』(原作:筒井康隆)の漫画化を担った。これは原作が映画化のたびに内容変更されていくような作品だったため、この時も相当の改鋳を施している。しかし原作者の筒井が何も文句を言わなかったことから問題にはならず、それどころかこの3年後にはさらにひどい改鋳(舞台の年代から根本的に変更し、全く別の作品と化した)を施した映画が出ている。

だが肝心となる漫画の完成度が芳しくなかったのだろうか、上記した2006年の再映画化に当たって、それに基づく内容の漫画も発表することになった際には、ツガノガクとは別の作者(琴音らんまる)に委託された。ただ、その頃にはツガノガクはすで別の連載を抱えていた。

2005年からは『涼宮ハルヒの憂鬱』(原作:谷川流)の漫画化を担当、現在に至る。当作品に関してはアニメ化が決まっていた頃であったため、時流に乗ったというところなのだろうが、1度漫画化して失敗した経歴があるため、貧乏籤を引かされたという一面もあった。原作者の遅筆等が影響し、普通に進ませると追いついてしまう危険性があるため、掲載に際しては原作にない話を強引に挿入して進行させている。

また元のキャラクターデザイン(いとうのいぢによるもの)を忠実に再現するつもりがあまりなく、飽くまで自分流を貫いたキャラクターの画風であるため、一部の心の広いファン以外大多数からはあまり評判がいいとは言えない。原作のアレンジ能力については、アニメはおろか後発の公式パロディギャグマンガである『涼宮ハルヒちゃんの憂鬱』を描いているぷよの後塵まで拝していると、一部の心の広いファン以外は唱えている。この件に関しては、もしかしたら角川に強制的にやらされたため、ノリ気ではなかったのではないかと思う者もいる。

現に月刊少年エースでは、今や正式なコミカライズ版であるツガノ版よりも、『ハルヒちゃん』を強くプッシュするという逆転現象も生まれている。

人物[編集]

  • わかってるのは「ファンレターを全部読む」、「この前漫画を段ボール数箱分捨てた」などである。本人がブログとかをやってないため、それ以上はわからないところが多い。

余談[編集]

  • もし、本人がこのページを見たら深く傷つくかもしれないのであまり、酷いことはネットに書いてはならない。「原因はツガノガク本人だろ。」といってもそれは酷いので注意にするべきである。例えるなら、小学校におけるいじめと同じである。会話にすると、(いとう)「谷川せんせーオタクがツガノ君とみずの君をひたすらいじめてまーす。」 (オタク)「オイッ、いとう、何チクッてんだ!!」 (谷川)「オイオイ、アニオタ。いじめるのも大概にしておけ。さもないと禁則事項ですなことになるぞー。」・・・というように最終的には谷川流本人による、お仕置きが待っている。なので、そういった嫌味は心の中にそっとしまっておこう。そうすれば団長様もさぞかしお喜びになられるはずだ。

関連項目[編集]

キャプテン翼の例のアレ.jpg ツガノガク は、漫画関連の書きかけ項目です 」

「 書きかけとかつまらないとかはどうでもいい、ツガノガク加筆するんだ! 」 (Portal:スタブ)