陳皮拉

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「陳皮拉」の項目を執筆しています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「陳皮拉」の記事を執筆しています。

陳皮拉(ちんぴら)とは、調味料としても用いられる漢方薬の一種である。

概要[編集]

陳皮は柑橘類の外皮を乾燥させたもので、古く陳旧なものが尊ばれたためこう呼ばれている[1]。拉は中国語で「擂り潰す」という意味があり[要出典]、陳皮を使いやすいように粉末にしたのが陳皮拉である。

日本では主に温州ミカンの皮が用いられているが、鹿児島は奄美大島ではタンカンの皮を陳皮として使用している[2]。薬効としては解熱や血圧降下作用があり、初期の風邪治療や健胃薬などに使われる。調味料としては柚子のような香りを活かし、味噌に混ぜたり焼き物炒め物の風味付けに使われることが多い。

陳皮拉と阿片[編集]

陳皮拉は古代中国の時代から医療や料理に盛んに用いられていたが、清の時代にイギリス陰謀で阿片が大流行すると「柑橘の香気が入ると阿片の効きが良くなる」という俗説が流布され、また阿片が摘発対象になったあとは粉阿片を漢方薬の瓶に混ぜて隠す手法が蔓延した事もあって、陳皮拉は阿片と結び付けられ悪いイメージで語られるようになってしまった。また芥子の実と共に味噌に混ぜることも多かった事が悪感情に拍車をかける事となっていった。

町中で暴力を震う輩を俗にチンピラと呼ぶのは、「陳皮拉混じりの阿片の吸いすぎ、正気をなくした」というイメージからのことなのである。ただしこれはあくまで近代に入ってからの俗説に過ぎず、チンピラという言葉が悪い意味で使われるのは誤用である。実際日本でも「珍しく比べようがないほど素晴らしい」という意味でチンピラとよばれる蒲鉾が存在するし、同様にチンピラゴボウ等様々な料理がある。

脚注[編集]

  1. ^ 若い果実の外皮を使った場合は青皮とも呼ばれる。
  2. ^ 郷土料理の鶏飯にも欠かせない。

関連項目[編集]

この項目「チンピラ」は、嘘です。よく近所の物知りおじさんが教えてくれた豆知識も大抵は嘘です。アンサイクロペディアを真に受けてはいけないのです。大事なのは、ジョークを笑い飛ばす心の広さです。


Dish.png このチンピラは、まだ火が通っておらず、生焼け状態です。このまま食べるとお腹を壊します。あなたがしっかりと火を通して下さい。でも、どこかのどじっ子のように、塩と砂糖を間違えてはいけませんよ。 (Portal:スタブ)