チンパンジー

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Alice Liddell.jpg
修正依頼
この項目は、文章が冗長・まとまりを欠く・エッセイ的である・不適当な翻訳など改善の余地があるため、修正・推敲を広く求めています。
修正の要点 : このページのノートまたは履歴をお読み下さい。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「チンパンジー」の項目を執筆しています。

チンパンジーは、ゴリラオランウータンと共にヒトの一種であり、我々サルに最も近いとされている種族である。

我々サルが余りにチンパンジーを甘く見ていると、チンパンジーは武装して我々サルを滅ぼすかも知れない。

歴史[編集]

太古の昔から、地球上にはさまざまな生物が存在していた。新生代末の鮮新世において、霊長目に分類される一部の動物の中で最も優れていたのがチンパンジーである。彼らはその後に現われる我々サルのベースとなっており、その頭脳を駆使して生きていた。彼らはゴジラをガケから落としたり、ボーラ(両端に石を結びつけた綱。鳥や俊足の動物の足に絡ませて捕らえる道具)を用いてラドンモスラを捕獲して食糧にし、牛のナカにアレを挿し込んだりして快感を得て生きていた。

そしてある日突然××Danger!!××に襲われたチンパンジーのなかの一匹が必死に走って逃げるうち、二足で立つことを習得した。この一匹が我々サルになってゆくのだが、ここではチンパンジーについて触れるのでここでの言及はしない。

これはチンパンジーではない。下半身は人間ではないか
人間化したチンパンジーの例1

今なおチンパンジーが生きている理由[編集]

チンパンジーから我々サルが生まれた後、そのまねをして同じようにサルに進化した生命体が多く誕生した。(例=牛が進化したミノタウロス、狼から変わった狼男、蛇からは蛇女どーもくん等)しかし我々サルはそれらと無法にも戦いを挑み、検閲により削除バキューン!!になるまで戦い、ついに勝利した。 何故戦いを挑んだのか? 怖かったからである。我々サルという生物は「万物の霊長」などと自慢しているが、自信は劣等感の裏返しである。だから、自分より上であるとか、高等だとされるものが近くにいると恐怖感を抱く。そして、その恐怖感を拭い去るため、何とかしてそれを抹消しなければならないと考えるようになる。我々サルより高等であったそれらの生物は我々に対して特に何もしなかった。先に攻撃をしかけたのは我々である。そして、滅ぼしてしまったのだ。

いけない、話を戻そう。何故我々サルは霊長類を狩り続けたのにチンパンジーは生き残れたのか、それについては、チンパンジーが我々サルよりバカだったからと言う者がある。実際、我々サルは地球上で最も賢い種族となったつもりでいるので、話し相手とぴーを出来るとともに、自分より莫迦な相手を欲していた。自分より莫迦な相手であれば自分の優位性を主張しやすいし、Ouch!もしやすい。 そこで我々サルは海や山を駆け回り、「我々より莫迦だがそれでも賢いほうに入る種族」をさがした。そして発見されたのがチンパンジーである。ヒトすなわちチンパンジーは我々サルより知能が高く賢かったため、我々サルを手玉に取り、わざと莫迦なふりをして我々の優越感をくすぐった。それで、脳足りんの我々サルはチンパンジーの芝居をすっかり真に受け、チンパンジーを手厚く保護したため、現在に至るのである。

チンパンジーが我々サルに芸を仕込む[編集]

我々サルに芸をさせるため二足歩行をするヒトすなわちチンパンジー

チンパンジーは我々サルに芸を仕込むことができる。チンパンジーが少しだけ本性を現わして、道具を作ったり、我々サルとパソコンで会話をしたり、難しい数字を覚えたりするなどしてみせると、我々サルは写真を撮る、テレビカメラを向ける、論文を書く、研究発表をする、驚く、喜ぶ、拍手するなど、様々な芸をする。右の写真も、そうした我々サルの仲間の写真撮影芸の一例である。チンパンジーには、そうしたサルの芸を面白いという者もあれば、幼稚で子供じみていると批判する者もある。

関連項目[編集]


執筆の途中です 投稿者のあほどもえ
チンパンジー」のだいじななぶぶんはあづかった。このきじを加筆・訂正しろ。しなければ、怪人21面相が飲んどる青酸ソーダいれたる。    (Portal:スタブ)