チャンピオンRED

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

チャンピオンRED(- れっど)は、秋田書店が発売している成年向け美少女漫画雑誌であり、一応週刊少年チャンピオンの姉妹誌とされている。 秋田書店が持つ営業力のお蔭で、同様に強い営業力に支えられている『アクションピザッツ』と激しい部数争いを展開している。キャッチフレーズは「赤い核弾頭」。

概要[編集]

時は2005年も半ばのこと、秋田書店には『月刊少年チャンピオン』『ヤングチャンピオン』などDQNヤンキー漫画をメインとした漫画雑誌にさえ萌え漫画を載せてしまうほどの萌え好きスタッフが多かったのだが、彼らはその結果現場で相当な境遇に遭う羽目になった。[1]

そこで、彼らは萌えに特化した漫画雑誌を作り上げることで、自分達の安住の地を手に入れようとした。しかし、普通の萌え漫画雑誌では『まんがタイムきらら』などの既存雑誌との競争を強いられて不利になることから、より先鋭化した萌えを追求することで独自性を追及することとした。この結果生まれたのが、新たなるチャンピオンREDである。

今日では「表紙を開いたらいきなりくぱぁ♡だった」など、一般書店で販売している漫画雑誌とは思えないほどのクォリティを誇る雑誌となり、先行していた『アクションピザッツ』との競争力さえ持つようになった。近年ではさらに先鋭化した増刊誌『チャンピオンRED いちご』も刊行されている。

主な愛読者[編集]

成年向け美少女漫画雑誌の売り上げ部数の首位を争っているだけあって、熱心な愛読者も非常に多いが、その中でも特筆すべき愛読者は、作家で東京都副知事を経て2012年12月から2013年12月までの間東京都知事に就任していた猪瀬直樹であろう。

チャンピオンREDの単行本を熱心に宣伝している猪瀬直樹東京都副知事(当時)。このように、読者が見たいと思う場面を敢えて隠すことで、購買欲を引き出すあたりはさすが将来の都知事である。

猪瀬はテレビ番組に出演するときでもチャンピオンREDの単行本を宣伝するほどの愛読者である。しかも、彼は核心を突いた場面は紙で隠して「この場面が見たかったら是非買ってね♡」と秋田書店の売り上げを考慮した宣伝を行うようにしている。 この結果、かつての連載漫画だった『奥サマは小学生』は全国で品切れになってしまう程の宣伝効果を享受することとなった。同様に、かつての連載漫画だった『あきそら』も、出版業界の前で「『あきそら』はいいよぉ、お前らもこれくらい作れや」と宣伝したこともありやはり全国で入手不可能になるほどの宣伝効果を受けることとなった。

今日では、余りにも猪瀬たちのエコ贔屓が露骨になってきたせいか、マイナーな成年向け雑誌専門出版社で構成される出版倫理懇話会の会員各社からは、「『チャンピオンRED』や『アクションピザッツ』など日本雑誌協会会員会社刊行の雑誌ばかり優遇するな!」という不満の声も上がっているという。[2]

脚注[編集]

  1. ^ 例として、義務教育をちゃんと受けたとはどうしても思えないDQNばかりが集まる「でも入れる」といわれるような底辺校に萌えオタが入ってしまうと、どんな目に遭うかはそれこそ猿でも分かる話しである。それと同じことが、現場で起きていたのだ。
  2. ^ 『嫌われ者の記』(塩山芳明著・筑摩書房・2006年 ISBN 978-4-480-42235-4)によれば、マイナーな版元で構成される出版倫理懇話会加盟会社の出版物は常に東京都から目の敵にされているのに、メジャーな版元しか入れない日本雑誌協会加盟会社刊行の雑誌は異常に優遇されているとのことである。

関連記事[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「チャンピオンRED」の項目を執筆しています。


この記事は未完成ですが、もうとっくに締め切りを過ぎています。従って誰が何を書こうとノーチェックで公開されます。このチャンスに、ぜひ秀逸な記事を目指してください。 (Portal:スタブ)