チャットモンチー

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

チャットモンチー(chatmonchy)とは、喋る機能を備えた猿のぬいぐるみによるロックバンド。2000年に徳島の玩具メーカーが開発した。2018年をもって生産終了となり、現在は販売されていない。

概要[編集]

ICとセンサーを内蔵し、状況に合わせていろいろな言葉を喋り、さらに楽器を演奏する。猿型のぬいぐるみ。発売当時のキャッチフレーズは「おしゃべりザルのぬいぐるみ、チャットモンチー来たる!」。現在までに3体のキャラクターのぬいぐるみが発売されている。3体とも女の子。商品名の由来はchat英語でおしゃべりの意)+monkey(英語で猿の意)のもじりである。

キャラクターの設定[編集]

キャラクター毎に設定があり、製品の喋り方も設定に沿ったものになっている。

ハシエリ[編集]

チャットモンチーシリーズのキャラクターのリーダー格と設定されている。が、極端に無口であり、実際の製品でも口数が少ない。しかし、突然歌いだすことがある。ラーメンの天下一品が大好きで、実際の製品でも「天下一品」と話しかけると突然饒舌になり60分ぐらいは放置していても勝手に喋り続ける。このため消費者から「故障ではないか」と問い合わせが殺到し、メーカーはそれが設定であり仕様であることを説明しなければならなかった。 また自分のことを黄色人種だと言い張っており、そのたびに「ロリコン顔が!少女気取りか!」と言い聞かせてあげなければならない。そのため汚い大人から人気である。

アッコビン[編集]

  • 正式名称:福岡晃子(ふくおか あきこ)
  • 担当:ドラムス、コーラス、ベース、キーボード

アイドル」という言葉を聞かせると怒りだす。好物はアイスクリームやイチゴ大福など甘いものだが、ハシエリと違って喋りだして止まらなくなることは無い。髪型バリエーションがほかの二人より多い。

クミコン[編集]

  • 正式名称:高橋久美子(たかはし くみこ)
  • 担当:ドラムス、コーラス

キャラクター中最年長の設定。帽子をかぶっている。三体の中では一番落ち着いていると言われる。実は出身の島が違うという設定で、そのため好きな食べ物もその島の名物である柑橘類になっている。アッコビンと共に、いまいち危なっかしいハシエリを愛情たっぷりにガードしている。クミコン曰く、「ハシエリに乗せられてここにいる」らしい。2011年9月29日に生産停止された。

代表曲[編集]

  • シャングリラ
3rdシングル。
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「チャットモンチー」の項目を執筆しています。


この項目「チャットモンチー」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)