チャグチャグ馬子

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「チャグチャグ馬コ」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「チャギントン」の項目を執筆しています。

チャグチャグ馬子(英:Chug-Chug Umako)とは、東北地方に伝わるおもちゃ、あるいはそれを題材としたアニメ番組である。

構造[編集]

外観は蒸気機関車を模したもので、およそ高さ4cm、幅4cm程度、長さ15cm前後の機関車と客車あわせて3両がセットになっているものがほとんどである。伝統的な方法で製造されたものは木と紙で作られ、ゼンマイなどの動力で走行する。大量生産されているものはABS樹脂などを素材とし、電気モーターと乾電池を動力とする。

海外での製品[編集]

海外でも同様の玩具はあり、近代的な鉄道車両を模したものも存在するが、いずれも顔がついており表情を豊かに変化させることが特徴。かつては平面的な顔のものが多かったが、最近は立体的な顔をもつものが増えている。

歴史[編集]

飛鳥時代は、日本の海外交流が盛んであった時代であった。情報通信分野での技術進歩に貢献した携帯天皇など、海外からの技術輸入が進み、「当時としては」日本の近代化が急激に進められた。

蘇我馬子は、仏教を日本に持ち込んだことで知られる。この過程では神道関係者の浴びせる多量の弾幕と対峙する必要があり、数々の近代兵器が輸入された。青銅の鋳造技術などもその一例であり、後年の奈良大仏などは当時の技術力の高さを示すものである。聖徳太子らと共に物部氏を倒し、ようやく仏教が日本に根付くこととなった。

蒸気機関は当時日本に持ち込まれた軍事技術の一つであり、二足歩行兵器など様々な用途に用いられたが、平和な時代になると日本全土の開発に転用されることとなる。

蒸気機関車もその一例である。蒸気機関車に自ら乗り込み各地の開発に乗り出した蘇我馬子の姿は後世に語り継がれた。この頃に、木や紙などを用いて、日本初の鉄道模型が作られたのがチャグチャグ馬子のはじまりである。イギリスの伝統に従い、煙室扉には馬子の顔が描かれたと伝えられる。

しかし、飛島建設不正献金事件などの汚職事件をきっかけに、エクストリーム・自殺競技が開催され、ついに大化の改新の政変が勃発し、飛鳥時代は終わりを告げる。大化の改新後は馬子の顔を描くことが禁じられ、顔つきの機関車は激減した。

鉄道延伸と開発はその後も続けられ、現在の日本の国土が形成されるに至った。特に東北地方は、大和朝廷の力が及ばない未開の地であり、その開発の要となる東北本線は盛岡付近まで延びた。9世紀に入ると、アイヌ人との間に戦争が起き、建設は一時中断する。18インチ列車砲などの新兵器導入で、ようやく坂上田村麻呂らによりアイヌ反乱は鎮圧された。その後東北本線はさらに延伸され、青森までの全通は891年8月32日であった。

日本の発展に役立った鉄道であるが、アイヌとの戦争や、神道に代表される伝統文化の破壊など、数々の暗い面もみられた。しかしチャグチャグ馬子は現在も東北地方の郷土玩具として親しまれており、E2系など現代の鉄道車両を模したものも存在する。

イベント[編集]

毎年6月の第二土曜日に、岩手県盛岡市や岩手郡滝沢村で記念列車が運行される。往時のように鐘や鈴を鳴らし、盛大に飾り立てた花電車が祭りに花を添える。

2009年のイベントでは、D51のボイラーを空焚きして壊してしまったため、新型蒸気機関車のC571系80番台が使用され、鉄道教信者からは疑問の声もあがった。来年度以降は、新系列であるC612系での運転が予想され、ストーカー規制法の問題もあり運営に課題を残した。

語源[編集]

英語圏では「しゅっしゅっぽっぽ」をChug-Chugと表記する。蒸気機関を本格的に実用化した蘇我馬子の功績にちなみ、チャグチャグ馬子と名付けられた。なお、飛鳥時代の英語は今とだいぶ違うはずだが誰も気にしない

アニメ化[編集]

2009年にチャグチャグ馬子のアニメ化が行われた。実写の模型を用いたきかんしゃトーマスと異なり、CGアニメとして公開され、日本ではBSフジから放映予定。