チャイナエアライン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Bouncypotato.gif
この記事「チャイナエアライン」は何故か「中華航空」とネタや題材がダブっています。どちらが真実なのかは神のみぞ知ります。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「チャイナエアライン」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「チャイナエアライン」の項目を執筆しています。
第53回 (1994年
エクストリーム・謝罪優勝プレイヤー
「我最近念願的総統就位、我不想死了」
チャイナエアライン について、蔡英文

チャイナエアライン中華航空、ちゅうかこうくう)は、中華人民共和国を支持していて台湾中華民国を支持していない日本が、同地の企業で数少なく「チャイナ」と呼んでいるアクロバット飛行が専門の航空会社。

しかしその日本の好意にもかかわらず、たびたび世界中で事故を起こしてエクストリーム・謝罪に参加している企業としても知られている。その凄まじさは、国営でありながら現地の政治家が民間のサンリオ航空に乗るという言葉だけですべて説明できる。

現地では4年に1回のペースで200人以上の死者を出す事故を起こすことから、オリンピックの開催に何らかの関連があるのではとも囁かれており、IAIA(国際航空機事故調査機構)によると、「次の事故」が2011年中に起こるのはほぼ確実とみられている(2011年3月10日現在の報告)。

コリアン・エアー日本航空とともに、アジアで最もスリリングな航空会社として知られているが、日航とどちらがましかと聞かれたら、多分今では日航のほうがましだと答えるだろう。

事故後、機体の社名とロゴが消えるという都市伝説がある。

日本における中華航空[編集]

2002年に成田国際空港の第二滑走路が竣工するまで、エバー航空とともに同空港に乗り入れられず東京国際空港(羽田空港)に発着していた。

表向きの理由は、「中国主権を争っている政府の代表同士がぶつかってはまずいだろう」ということになっているが、実際には「事故を起こされて他国にあざ笑われる」のを防ぐための施策と言われていた。日本も中国も人のことは言えないくせに。

2007年、チャイナエアラインは那覇空港で飛行機を一機丸焼きにするという、とんでもない料理を沖縄に提供してくれた。数日後、その料理には白いカビが生え、料理の材料が生産されたときに焼印で入れられたチャイナエアラインの紋章が消えた。

エクストリーム・謝罪への参加回数[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「中華航空機墜落事故」の項目を執筆しています。

1959年の発足以来、墜落事故だけでも10回起こしている。さらにはそれ以外の重大事故も4回ある。昨今では2007年8月に那覇空港で起こした。外国で起こした事故では日本みたいに丁重に謝罪をしたかどうかは分からないため、そのうち謝罪プレイヤーとなった回数は厳密には不明である。

上記のうち、日本に関わるものは2回あり(1回は前述した那覇)、特に1994年に名古屋空港(小牧)で起こした事故は死亡点2640点を稼ぎ、同年の最優秀賞に輝いた。その後9年にもわたって賠償請求訴訟が行われ、遺族を長く怒らせたことも、ポイントを高める要因になっている。