チベット語

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

チベット語བོད་སྐད་ 旧発音:ボッ・スカッ、新発音:ぽぇげ~)とは宇宙真理を表すためにによって作られた真言マントラ言語である。

歴史[編集]

天地開闢の時にシヴァ神とヴィシュヌ神とブラフマー神と仏陀(の前世)が宇宙プログラミングするために共同開発したと言われている。 それから数百億年もの間変わらずに利用されていたが、かの有名な国王ソンツェンガンポが人間にも扱えるよう文字化した。この事を危惧した神々はバベルの塔を口実にチベット語を人類の気付かぬ間に改変し、今や古とは似ても似つかなくなったチベット語は真言としての効果を失った。

仕組み[編集]

チベット語は一つの音節が一つの単語を表す事が珍しくない。これは祝詞のための言語である神代日本語(ついでに一応兄弟言語である中国語タイ語)と類似した特長であり、他にも膠着語であるという事も共通していて、神が使っていた頃の特徴を今に残す。その他の神言語として有名なものにサンスクリットアラビア語ヘブライ語があるが、これらの持つ複雑な屈折性は全くチベット語には見られない。これによりチベット語は外来の仏教と在来のボン教合わせて八百万の神を簡単に司ることが可能という利点を有するが、逆に完璧性には優れていないため、使用人口はわずかである。

発音[編集]

神の言語としてのチベット語はとにかく発音が難しく、情報圧縮のために激しい子音連続を伴う。例えば「8」はབརྒྱད་ brgyadと書き、これだけで1音節を構成し、そこに3つのモーラが詰め込まれて、しかも最初のモーラの継ぎ目はrとgの間ではなくbとrの間である。IPAで書けば[brgʲad̚](無理やりカタカナ表記すると「ブルャッ」)となるが、これでもまだ完全に表現したとはいいきれない。一応柔軟性が考慮されていて[ʙrʀʲaɗ]みたいに発音しても効力はあるが、むしろ余計に難しい。なので今のチベット人の多くはこれを「ぎぇ~(最初低く始まって少し高くなって最後は落ちる)」と節をつけて間延びした発音でしか言えないし理解できない。

だがこれを正確に発音する事こそが修行であり、麻原彰晃はそれができずに日本語で洗脳ソングを歌った(ついでに歌自体もひどかった)ため日本征服に失敗したのである。

今日では読経に用いられるが地域により全く発音が違っており効果は全くない気休めである。そのためチベット(およびチベット仏教の伝わるモンゴル)全土に怨霊が大発生して、結果滅亡した(中国に征服された)。

現代中央チベット語の聴覚印象は関西弁に似ている。関西弁といえばきつそうな気もしないでもないが、 中世までの発音を厳かな呪文だとすれば、現代の発音は赤ちゃん言葉に等しい。その事は、サムイェー寺で中国人僧侶を論破したり、口八丁手八丁で文成公主を嫁がせた当時のチベットを考えれば想像にまったく難くない。

文字[編集]

サンスクリットにおける種字と同じく一つ一つの文字に対して宇宙の真理を構成する意味が込められている。 都合チベット文字へ五十音図を適用すると155音が見出され、上下接字を含めると更に増えるが、長大となるため基本字のア段のみを抽出しておく(括弧内は発声可能だが専用の文字が割り当てられていない発音)。

チベット語の規則子音字
調音位置 無気無声音 有気無声音 無気有声音 鼻音
軟口蓋音 ka 根源丁度 kha ga 疑問詞 nga 自分自身
硬口蓋音 ca うんこ cha 一部分 ja nya
歯茎破裂音 ta (ユーザ定義領域) tha 全部 da na 病気になる、持つ、~に
唇音 pa pha 彼方 ba 牝牛 ma
歯茎破擦音 tsa あの時 tsha 熱い dza 突破する 発声不能
チベット語の不規則子音字
清濁 半母音その1 歯茎硬口蓋摩擦音 無声歯茎摩擦音 声門摩擦音 半母音その2 流音その1 流音その2 ゼロ子音
有声 wa およびレッサーパンダ zha (ユーザ定義領域) za 食べる 'a アッー! ya 合致 ra 山羊| la 発声不能
無声 (ཧྭ hwa) sha sa ha (ཧྱ hya) (རྷ rha) (ལྷ lha) 発声不能
空声 発声不能 発声不能 発声不能 発声不能 発声不能 発声不能 発声不能 a 敬称

諸君のお察しの通り、チベット文字の起源は漢字と同じく象形文字である。例えば「魚」を意味するཉは魚の体形を、「狐またはレッサーパンダ」を意味するཝは二つの耳の付いた獣の顔を「うんこ」を意味するཅは巻きグソのとぐろを巻いた形を、「合致」を意味するཡは足首を左に向けた靴下を、「一部分」を意味するཆはキンタマを(ギリシャ文字ωとは同根)、それぞれ象っている。

興味深い事実[編集]

更に専用拡張文字を利用すれば、チベット文字を用いてサンスクリットの真言との互換性を確保することができる。例:ༀམཎིཔདྨེཧཱུྃ།(オーン・マ・ニ・パ・ドメー・フーン「助けて観音様!」)これによりチベット文字は霊力を増大させマニ車の発電効率を上げる。

モンゴル帝国はそんなチベット文字の霊性を利用して国家統一の維持を図るためにチベットから僧侶を呼んでチベット文字を改造してパスパ文字を発明させたが、チベット語は既に魔力を失っていたため失敗し、元朝はまもなく朱元璋の頭部から発せられる聖なる光によって壊滅させられた。パスパ文字の残骸は朝鮮世宗大王によって拾い集められハングルとなって現在は何のありがたみもなくなっている。

語句の例[編集]

霊性を残すためにカナ表記を神によって改変される前の発音とし、参考として括弧内に改変後のラサでの発音を示す。

  • མ་ཎི་འཁོརལོ་ maṇi 'khorlo マヌ・ンッコロ(まに☆ころ) - マニ車
  • ཏ་ལའི་བླ་མ་ tala'i blama タライ・ブマ(たれ☆らま) - ダライ・ラマ
  • བཀྲ་ཤིས་བདེ་ལེགས་ bkrasis bdelegs ブクシス・ブデレックス(たし☆でれ) - めでてえwwwww
  • སྐུ་མཁྱེན། sku mkhyen. スク・ッキェ(くち♪) - バクシーシ
  • ཏ་ལའི་བླ་མ་ཀི་རེ་ཁ་གནང་རོགས་གནང། tala'i blama ki rekha gnangrogs gnang. タライ・ブマ・キ・レッカ・グナンロックス・グナン(たれ☆らまき☆れか☆なん☆ろ~☆なん♪) - くたばれ共産党
  • འདི་དོན་ས་རྒྱ་ནག་ཡིན། 'di donsa rgyanag yin. ンディ・ドサ・ギャナ・イィン(でぃ☆とぇんさ☆ぎゃな~☆いん♪) - これは毒ですよ。
  • རྒྱག་གི་མིན་པས། rgyaggi minpas? ギャッキ・ミパス(ぎゃ~き♂めんべ~?) - やらないか
  • ༷ཨ་ཟཏཡཡཝནཨིཏ་སསས Xa zatyy wn it sss・ザテュュ・ゥ・イッ・ッッ(ざんざちゃんやわいやいっせー) - 神よ我を護りたまへ
  • ཧར་ལ་ཧས་སེའི་ཡཱ༈ harla hassei yaa! ハルラハッセイヤー!(はーらへーせーやー(^^♪) - 無心!ひたすら無心であれ
  • hydeཀི་སྐུ་ཙད་༡༥༦cm། hyde ki skutshad 156cm. ハイド・キ・スクツァッ・ブルギャ・チュ・ガ・ドルク・センティメートル(はいどき☆くつぇ~☆ぎゃがちゅがとぅ☆せんち♪) - 大宇宙の真理

関連項目[編集]

  • ヒュムノス - 人間が作った世界管理言語。
  • 漢語 - チベット語を人間にも扱いやすいよう簡略化したもの…だった。