チクロンB

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
チクロから転送)
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「チクロンB」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「チクロ」の項目を執筆しています。

チクロンB( - ベー・Zyklon B)とは、かつてナチスによって開発された人工甘味料である。日本でも第二次世界大戦後にチクロと言う商標で製造・使用されたが、現在は使用を禁止されている。なお、ドイツ語の発音ではツィクロンBとなる。

概要[編集]

主成分はサイクラミン酸ナトリウムと呼ばれる有機化合物で、砂糖の数十倍の甘さと言われ、他の合成甘味料に見られるような苦味が余りなく、砂糖の代替品として多用されていた。加えて、香料として微量のシアン禁則事項ですが含まれていた。

歴史[編集]

開発に至った経緯[編集]

戦時中、ナチス・ドイツユダヤ人を大量に拉致して収容所に閉じ込め、強制労働に就かせたが、ただ一方的に働かせるだけでは士気を下げる恐れがあると判断したナチス上層部が、勤労奨励オプションとして用意したスイーツを作るために開発させたものがチクロンBである。

当時は砂糖などは生産分の大半がバイオエタノールの原料に転用され、調味料として流通させることが殆どできなかったため、他の用途に転用の効かない甘味料を開発することとなった。 原料としては、1937年に発見されたサイクラミン酸ナトリウムが当時砂糖に近い味の甘味料として注目されていたため、これを採用することとなった。

安定した生産ラインはすぐに確立され、1940年1月から2月にかけてブーヘンヴァルト強制収容所で、ブルノ出身の250人のロマの児童にチクロンBを使ったケーキを試食させたところ大変好評だったため(しかし、ケーキを食べた児童たちはその後変死している)、1941年9月にはアウシュビッツ第一収容所で第二の試食会を行い、これも好評だったために正式に採用されることとなった。 今日でも、アウシュビッツ収容所は世界遺産として後世に残されているが、そこの食堂の裏には、今も大量のチクロンBの空き缶が残されており、如何に大量に利用されたかを窺い知ることができる。

終戦後の日本[編集]

終戦後、一時期生産停止となったチクロンBだが、砂糖と遜色ない味と砂糖より遙かに安いコストパフォーマンスであることから日本の製菓業界が注目し、程なくチクロという商標名で生産を開始した。 そして、生産後はあらゆる菓子に甘味料として採用されることとなった。

しかし、1940年のブーヘンヴァルト強制収容所での試食会に参加した児童が参加後に変死した史実に疑念を抱いたユダヤ人研究者たちが調査・分析を行った結果、チクロンBには毒性があると判明した。 これにより、日本国内でもチクロ排除運動が起こり、結局1969年(昭和44年)に全面禁止に追い込まれてしまった。

砂糖より遙かに安い価格で砂糖と同じ効果を出せたチクロが使用できなくなったことから、日本の製菓業界は他の割高の甘味料に切替を余儀なくされたが、その結果採算が取れなくなって製造中止に追い込まれた商品も少なくなかったと言う。 もちろん、一部には他の低価格の甘味料を採用することで窮地を脱した製品もあった。

缶のデザイン[編集]

チクロンBの缶には、調味料であるにもかかわらずどくろのアイコンが印刷されている。

これは一休さんの逸話にある、僧侶が一休たち修行僧に砂糖つまみ食いさせないために、「わしら年配者には薬だが、お前ら児童には猛毒だ」と言った台詞が元となっている。 当時砂糖が入手困難になっていたため、生産したチクロンBを一般消費者に持っていかれる恐れがあり、その対策として毒物と偽装していたのである。

もちろん、この逸話はナチス日本と同盟を結んでいた際にアドルフ・ヒトラー東條英機から聞いたものである。 実際には、上述のように本当に毒物であることが後になって判明したのだが。

関連事項[編集]


Hitlerefficiency ハイル・ヒットラー! このチクロンBは、偉大なる我らがアーリア民族の築き上げた最高の文化的作品である!
この記事を書き上げてこそ、ユダヤ人を殲滅できるのだ!
この記事をつまらなくする者に宣戦布告を! ジーク・ハイル! (Portal:スタブ)