ダイハツ工業

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ダイハツから転送)
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ダイハツ工業」の項目を執筆しています。

ダイハツ工業株式会社(だいはつこうぎょう)とは、日本軽自動車・コンパクトカーおよびOEM(OmaEnomonowaorenoMono)委託メーカーの一つで、世界に名だたる自動車メーカートヨタ自動車の軽自動車部門かつ迷友である。最近生まれたにもお古を分けてあげる心優しい会社でもある。

概要[編集]

始めは東京発動機製造(トーハツ)と大阪発動機製造(ダイハツ)が存在したらしいが、何となく大阪の方だけが生き残り、省略に省略を重ねてダイハツ工業に名前が落ち着いた。もちろん本社は大阪にも東京にもある。ちなみに、ドイツのBMWが正確にはバイエルン発動機製造頭字語である為、それをもじってダイハツの事をOMW(オーエンベー、Osaka Motoren Werke AG)と呼ぶ者もいる。


以前は自前でセダンやクロカン四駆を開発・生産するという自殺行為事も行っていたが、現在は身の程をわきまえて普通車は商用車と乗りつぶしの対象車のみの生産に限定して、セダンはトヨタ様からハイブリッドセダンを供給していただいている。ワゴンについてはそろそろトヨタ・プリウスαのOEMをしてほしいと駄々をこねた結果、ダイハツ・メビウスが誕生した。

また、多種多様な車種の販売を手掛ける個人販売店では、作りがヤワでチープで修理に金がかかるという烙印を押されており、パッソを買おうとすれば、ヴィッツを勧められ、ダイハツ謹製のエンジンを搭載した1000cc仕様は絶対に買うなと言われるほどである。そのためか新型サンバーの生産はだいぶ伸び悩んでいる模様。

工場[編集]

本社(池田)工場[編集]

以前はイセッタ工房ミゼット工房で名をはせたこの工場は現在はスバルの群馬工場と同様に軽トラの生産を終了してスポーツカーの生産を行っている。一部現在も手作業での皇帝が続いており、たぶん高品質なスポーツカーの生産が継続されている。現在はトヨタ様に納める普通車の生産を手掛けている。

滋賀(竜王)工場[編集]

ダイハツの屋台骨を支えるムーヴとタントと弟のスバルに譲ってあげたステラの製造を手掛けている。

京都工場[編集]

ダイハツの屋台骨を支えるムーヴを精算するとともに、トヨタ様に納めるサクシードプロボックスなども生産している。最近になって、シエンタをまた生産させられるさせていただけるようになった。

大分(中津)工場[編集]

残り全部。

車種[編集]

現行車種[編集]

  • アトレーワゴン
    • ダイハツと言えばまずこのクルマである。ハイゼットの使い心地にカローラの難でも使える感じを足してみたのがこの車、割とブルーが一番売れてるような気がする。現在サンバーディアスとしてスバルに供給しているが、ディアスの方は若干減速気味である。結構なイケメンさんである。
  • アルティス
    • ダイハツが誇る超低燃費高級ハイクラスセダン。トヨタ・カムリのOEM。一部報道機関ではトヨタ・プリウスαが欲しいとダイハツがわがままを言っていたが、実現することは無かったトヨタからおこぼれをもらうことに成功。6シリーズに次ぐ希少性を持つが、中古市場での売れ行きはあまり芳しくは無い。
  • タント
    • ダイハツが誇るピラーレスマイクロバン。売り出したころはミニバンブーム真っ盛りで、「ミニバンを買うほどでもないが」という家庭の支持を幅広く得ることに成功した初代に引き続き、2代目では左側のドアをスライドドアにしたうえでピラーレスとしたが、フレームの補強し過ぎで対抗車種であるスズキ・スペーシアよりも燃費が悪かったため、必死で改良策を実行した結果、値段が上がり過ぎてしまった。そのためタントカスタムを買う金でトヨタ・ヴィッツ(1.5L)が購入できる。ところが、スズ菌が新たに送り出したタントへの刺客のフロントデザインがパレットとタントを足して2で割ったようなデザインになって間違えられることが増えてしまったのが割とショックである。スバルからの再三のリクエストに答えてシフォンの名で供給を開始。
  • ウェイク
  • ハイゼット
    • ミゼットよりHighという短絡的な考えでハイゼットと命名された軽トラ。日本一の農道走行性能を誇った農道のポルシェとしても供給している。後退時には田宮モーターのような音を立てて後退するがEV仕様の一般販売は全くしていない。
  • THOR
    • ソーとは読まない。トールと読みます。ルーミー、現代版S-MXのOEM元。え?ジャスティ?ナニソレ?
  • ブーン
    • ⊂二二二( ^ω^)二⊃ブーン トヨタにOEM配給しているパッソよりグレードが少ない。
  • ミラ
    • ダイハツの元屋台骨。現在はモデル末期のためカラーも絞りに絞って地味な色しか残っていない、そしてMTのみの設定だが、そこそこ売れていた。しかし、下記のいーすの登場によって戦況は大きく変わった。
  • ミラトコット
    • ミラベースで開発されたスズ菌のLapin対抗車。イメージキャラにはなぜかちびまる子ちゃんが起用されていた。
  • ミライース
    • エッセの後継で「安くてスズ菌に負けないくらい燃費のイイK」を目標に開発がスタートし、燃費と価格を重視しすぎて一番最初にできたコンセプトカーは3ドアだった。その後はアルトエコとマイナーチェンジをする度にガソリン車の燃費を抜きつ抜かれつな状態である。トヨタにピクシスエポック、スバルにプレオプラスとして供給。
  • ムーヴ
    • 2014年現在、現行車種で唯一アンサイクロペディアでページが作成されている一台。フルモデルチェンジ後の絶望的な顔つきがたたってアイドリングストップを採用して27.0km/Lを達成したのに軽ナンバーワンの座をDQNRに奪われてしまったのが悔しくて悔しくてたまらなかったダイハツ開発部諸君の日々の努力によるマイナーチェンジで、堂々と軽ナンバーワンの燃費をうたって少し早めにFMCを図ったDQNRの燃費をわずかに上回った。
  • ムーヴカスタム
    • 上記ムーヴのエアロ仕様。最上位モデルのRS"SA"だとオプションでサイド&カーテンエアバッグが付けられるとか。
  • ムーヴキャンバス
    • コンテ(故人車種を参照)の後継車だが、完全にコンセプトはムーヴラテのやつ。ムーヴシリーズ初のスライドドア。
  • コペン
    • 最初はK-openでコペンだった設定を、海外を意識してCompact-openでコペンに変更されたが、1.3Lエンジンを搭載して発売した海外仕様の売れ行きは全く持って不明である。平成ABCトリオにインスパイアされてどの社も採用してなかった電動オープンメタルトップとMR2のものを取ってつけたハードトップを採用したが、後者の売れ行きが良くなかったのとハードトップを生産するのがめんどくさくなったので前者のみ取り残された。だが、2014年6月にまさかの復活となった上に「コペン・セロ」という先代のインスパイア版も追加された。
  • キャスト
    • 明日はきっといい日になる車。スズキのハスラーが売れたから便乗で造ったなんちゃってSUV。外観はどう見ても縦方向に嵩上げしたミラジーノ
  • メビウス
    • ダイハツが誇る超低燃費ステーションワゴン。トヨタ・プリウスαのOEM(しかもラインナップは5人乗りのみ)。

故人車種[編集]

  • アプローズ
    • ダイハツの有名な黒歴史カー」。4ドアセダンのくせにハッチバックであった。
  • ニューライン
    • 800ccエンジンを無理矢理積んだ初代ハイゼット。キャブオーバータイプの「ニューラインキャブ」も存在する。
  • エッセ
    • ハイゼットに次ぐくらい安い常用軽自動車。モデル廃止数年前まではカスタム仕様もあり、トヨタエンブレムや日野エンブレムへの換装も頻繁に行われていた。もちろんモデル末期には絶望的なカラーリングが残されていた。3ATとかハイゼットかよww
  • オプティ
    • カローラにあこがれて3ボックススタイルにしてみたハッチバック。そのせいで後席居住性能はハイゼットよりはるかにひどかった。
  • コンソルテ
「5平米カー」と呼ばれた、初代シャレード。
  • シャレード
    • 「5平米カー(ゴ・ヘーベ・カー)」と呼ばれた、ダイハツの小型車の最高傑作。イタリア某スーパーカー会社との業務提携によって生まれた「シャレード デ・トマソ」や4ドアモデルの「シャレード ソシアル」も存在する。
  • ストーリア
    • 販売店で伝説を残すほど最悪な耐久性を誇り、3年乗ればカローラを100年乗り続けたようなボロボロさを誇った。こいつのホットハッチモデルのX4は、4WD搭載でラリーにも参戦したが、走行中に空中分解することもしばしばしばで、観戦に来ている人たちにはしばしば口止め料が配られた[要出典]
  • ソニカ
    • ダイハツがこちらにあこがれてK最速を再び目指した車。あこがれすぎて名前も「Sonic+car」で「Sonica」であり、イメージカラーもブルーである。耐久性に関しては言うまでもないが、ほぼ全グレードでターボチャージャーを搭載し、一部グレードではダイハツのCVTとしては初めてのシーケンシャルシフトを搭載したが、最悪の居住性能と耐久性が災いしてそそくさと生産を終了した。私は割とこいつが好きだったので、中古市場でイイ個体を日々探している。余談だが加速時にソニックブームは発生しない。
  • ムーヴコンテ
    • かくかく云々四角いムーヴとして、故ネイキッドの客の買い替え需要に備えて開発されたムーヴラテ後継のムーヴ派生車。ワタシ的にはこいつが一番好みのタイプ。シートソファはイタリア人フランス人のデザインによるもので、超かっこいいし超イケてる
  • ムーヴコンテカスタム
    • かくかく云々四角いムーヴのエアロ仕様として開発されたのがこちら。コンテよりもさらにデザインがかっこいい。シートはノーマルコンテとは形が同じだが、ブラックに色が変更されているのが超イケてる。超欲しい。
  • タントエグゼ
    • 「エグゼでいくぜよ」と言い続ける坂本竜馬でおなじみ。タントにちょっと変わった顔とヒンジドアとアルファードの高級感をプラスしてみたが、あまり売れていなかった。しかも高いし、カスタムとノーマルの差があまりない気がする。スバルにもルクラとして供給されていた。
  • タフト
  • ロッキー
  • テリオス
    • トヨタ様がRAV4の巨大化に対する客の反応を気にしてミニサイズでSUVをダイハツに作らせた結果全幅がKサイズのSUVが完成した。トヨタ版の名前はキャミであり、キャミソールに由来しているせいかあまり売れなかった。[要出典]ダイハツ版は地味に売れたが下記のこいつの妹の方が売れた。
  • テリオスキッド
    • 前々からジムニーパジェロミニを擁する友達をうらやましく思っていたため、せっかくのチャンスだと思い他の2台とは違って5ドアで販売開始してみたところ、ある程度は売れたが後ろ2枚のドアを無視して買うユーザーにしか売れなかった。ボンネットがほかのKに比べて長いため、セカンドシートの足元空間は86iQ並みに絶望的だった。
  • ミラココア
    • ダイハツが「キャリア乗せるのがみんな大好き」という理由で製造されたKカー。トコットの出現によって消滅。
    • 「キャリア乗せるのがみんな大好き」と言われていたが、いろいろと店員に乗せられるがままにカスタムを続けていくとコペンやタントカスタムが買える値段にまで見積書の総額が膨れ上がってしまう。
  • MAX
    • ダイハツがK最速を目指してやる気MAXだったことがうかがえる一台。しばしばKのタイムアタックでアルトワークスと肩を並べていたことでも有名だったが、居住空間と耐久性がMAX出なかったのが災いして一般客には目を離された。
  • リーザ
  • ネイキッド
    • タントの祖先にあたる車で、肺搭載使用者のボンネットにはスバルみたいなエアスクープが搭載されていたが、当時スバルとは関係が無かった。
  • ミゼット
  • ミニクーパー
    • ローバーからのOEM。もちろん生産はイギリスにあった工場で行われているものがほとんどだったが、次第に日本国内でのライセンス生産に移行した[要出典]。一時期ローバーからの怒りを買っていたらしく、修理に出してもダイハツ店では修理してもらえないという時期があった。
    • ラパン対抗車であったこのクルマがミラココアにバトンタッチしたのは、ドイツのBMW(現行のミニクーパーを生産している会社)が「うちではそんな車は生産させんぞ!」と生産を断ったためと、熱狂的にクーパーファンからの苦情が来たためである[要出典]
  • ムーヴラテ
    • ムーヴのちょっとかわいいモデルとして発売され、キティちゃんを模した販売店オプションもあったが、カスタム仕様も存在した。オレンジにするとみかんの妖精を模したゆるキャラにも見えるぐらいかわいい。
  • ベスタ
    • ダイハツが唯一製造したマイクロバス。オート三輪用の1500cc2気筒エンジンをそのまま載せていた。
  • ドラリオン
  • コルテオ
  • クーザ
  • マイケル・ジャクソン ザ・イモータル
  • オーヴォ
    • 上記5車種はいずれもシルク・ドゥ・ソレイユとの業務提携による期間限定・台数限定車種であった。
  • YRV
    • スターレットとして発売する予定だった車種を急遽ダイハツ仕様に仕上げて発売した車。地味にホンダ・フィットに似てるがそんなことは誰も気にしない。
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

テクノロジー[編集]

イーステクノロジー[編集]

スズ菌の「エネチャージ」が発売する前に発売することを目的として開発を進めていたダイハツ独自の低燃費テクノロジー。ホンダと違って後出しじゃんけんに負けないのがこちらの技術。後出ししてきた場合はすぐにまた後出しする方式を採用しているため、販売に対して影響は出ていない。

イーステクノロジーで重要なのは、「低燃費×低価格×(後何か忘れた)」である。その目的を達成するために重量を小さくするために衝突安全性能を犠牲にしたりリアドアのウィンドウに樹脂を採用したり、リアハッチにアルミニウムを採用したり、できるだけ消費者にアルミホイールを採用させるように心がけている。また、燃費性能向上のためにアイドリングストップを搭載して信号待ち時などにアイドリング!!!をストップさせたりするが、狭い路地ですれ違い待ちをしているときにも容赦なくエンジンカットされるため、道を譲ってもらった時はエンジンをかけなおす必要があるため、道を譲ってくれた人はちょっと待たされて舌打ちをすることが多い。

ちなみに、次期コペンから2気筒エンジンが搭載される予定であったが、振動と騒音が異常にウザかったため量産化のめどは立っていないという。

電気自動車テクノロジー[編集]

一見みっつびしっとみつびしじどうしゃおっさんじどうしゃに後れを取っているかのように見えるが、トヨタ様の電池開発が完了次第参入すると新聞で発表した。すなわち、世界最高峰の電動機開発やプラットホームはすでに完了したとみてよい[要出典]

関連項目[編集]


4370 large.jpg この「ダイハツ工業」は、マイナーチェンジの案が出ています。マイナーチェンジして下さる協力者を求めています。 (Portal:スタブ)