ダイダラボッチ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ダイダラボッチ」の項目を執筆しています。

ダイダラボッチ、もしくはデイダラボッチディダラボッチとは、もののけ姫であるサン大きいお友達である。たまに田植えの真似をして海苔を作る。

生態[編集]

自分の名の付けられた「シシ神の森」に生息し、などの人の目に触れる普段の時間帯はシシ神として鹿などの動物に擬態している。しかしになると自分の欲情が押さえられなくなり巨大化し、すぐ手当たり次第に若い女性を見つけては強姦してしまうという、極度のロリコンである。[1]そんな性格の為にたたら場の住民から恐れられ、[2]気持ちの沈んだダイダラボッチはコダマ達と戯れていた。そして幼女少女に逢えない日々に恨みがつもり、生や死を与える程度の能力を得たのである。またごく一部の人間には、目を腐らせることも出来るようになった。

サン・アシタカとの出会い[編集]

そんなつまらない日々を送っていたダイダラボッチはある日、山犬に跨る一人の少女サンを見つける。生と死を与えるシシ神は我々一族の畏敬の対象であると勘違いしていたモロの教えこみがあったために、サンはダイダラボッチやシシ神の森を全力で守ろうと努力する。それに一目惚れしたダイダラボッチはシシ神の森の水場でちゃっかり逢って獣姦をしたり、ドロドロの液体で攻めるサディストな事もした。[3]

しかしモロの手当中に出会った、アシタカという少年にサンが心を寄せるようになり、ダイダラボッチはアシタカを殺そうと目論むようになる。そんな場面、ダイダラボッチはサンがアシタカを丁重に葬る姿を見て、これはアシタカを生き返らせた方がサンに喜ばれると機転を利かした。そしてアシタカをライバル視するに至った。

VS乙事主・そして…[編集]

「このままではシシ神が落ち潰れてしまう」、そう思ったのが乙事主である。ダイダラボッチとサンを引き離そうと、乙事主は祟り神になってまでサンを自分のものにしようとしたが、サンも厭がり、ダイダラボッチに命を吸い取られあっけなく終了[4]しかしここでエボシ御前が出てきて、「どうして私ではなくサンばかりを構うのだ」と、ダイダラボッチの首を飛ばした。これはチャンス!と思ったダイダラボッチは首からドロドロの液体を噴出させてサンを取り込もうとした。そこまでされたくなかったサンはアシタカと協力し、ダイダラボッチを鎮めさせるために首を返すことを決意する。我が首を返しに来てくれたサンを見て一瞬喜びを感じた[5]のだが、そこにアシタカもいて、しかもサンと抱き合っていたので、その光景を見るやいなやサンにフラれたショックで死んでしまったという、なんともオマヌケでピュアなハートを持ったダイダラボッチであった。[6]

脚注[編集]

現在では「シシ神」という言葉まで言われなくなり、「もののけ姫の森」という名になってしまった。
  1. ^ 透明な姿で女性に襲いかかる気持ち悪い姿は、まるで捕食するエチゼンクラゲのようである。
  2. ^ その証拠として、「ダイダラボッチ」という言葉を口に出すのもためらわれ、「ダイダラボッチの森」ではなく「シシ神の森」と名付けられているのである。
  3. ^ ここで誤解している人も多いようだが、もののけ姫の終りがけでダイダラボッチがドロドロの液体を出したのはサンを誑かしたかったためであり、自分の首を探すのは二の次である。
  4. ^ とにかくこれだけは言っておく。乙事主乙。
  5. ^ ダイダラボッチの首が繋がった時に身体が光ることから、その様子がうかがえる。
  6. ^ 最後の腹いせに、アシタカへ「自爆」を喰らわせた。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「もののけ姫」の項目を執筆しています。


死ねっ! はっはっは!見ろ、「ダイダラボッチ」がゴミのようだ!! 君のアホ記事には、心底うんざりさせられる。今すぐ加筆して、このを満足させてくれたまえ。三分間待ってやる! (Portal:スタブ)