タママ二等兵

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「タママ二等兵」の項目を執筆しています。
「ハハハよせよタママ、ホモじゃねーんだからさぁ!」
タママ二等兵 について、ケロロ軍曹
「おい、ガキ」
タママ二等兵 について、クルル曹長
「(コーラを)振っちゃダメよ~」
タママ二等兵 について、西澤桃華

タママ二等兵( - にとうへい)は、ケロロ小隊に属する兵士(二等兵)である。小隊の中では最も若年であるが、格闘技に長けていて、有能戦士として活躍することもある。

概要[編集]

暗黒面

ケロロ小隊の中では唯一、おたまじゃくしからカエルに変身する際の名残である尻尾が残っており、まだ未成年であることが伺える。(ペコポン人年齢なら11歳前後。) また色は黒であるが、それは尻尾と共に彼の精神も象徴している。ただし格闘戦が得意でビームを吐いたりする事からポケモンの一種(ニョロボン)であり、カエル成体(ニョロトノ)への進化の道が閉ざされてしまった可能性がある。

自分ではケロロ小隊の「マスコット」を自称しており、またケロロと同性愛の関係になることを望んでいるが、その若さゆえに精神的に未熟な所が多々あり、また嫉妬心と執着心だけは黒色だけに人一倍強く、ケロロを始めとする部隊に損害を与えた事例も存在する。現在では、ケロロ小隊でクルル曹長と情報収集のコンビを組んでいる破壊系宇宙人のアンゴルモアに対し、軍曹を慕う者同士であるから一方的な対抗嫉妬心を抱いているが、ケロロに反抗的な面も一部持つタママよりかモアのほうがケロロからの好感度は高いようである。

それゆえ精神面での敗北を自ら感じて自我崩壊し、モアにアーン♥♥を仕掛けて返り討ちを受けたこともあった。

なお、徹底的な甘党であると共に、自分では精神の暗黒面に一部気づいていない節もあり、それゆえ富豪で二重人格者の西澤桃華と息があったようである。

独裁者[編集]

ケロン星本隊からの通達の手違いにより、彼は一時ケロロ小隊の指揮権を掌握したことがあった。しかし精神面や知識面での未熟さが目立ち、また暗黒要素を併せ持っている彼にはケロロ以上に指揮官たる能力が欠如しており、表面を取り繕うと国家社会主義ドイツ労働者党チョビヒゲ党首に扮してはみたものの、諸政策で失敗して戦果を上げるどころか内部崩壊を迎え、再び最下等の地位に落ち着いた。

慢心と堕落[編集]

この二等兵には自己慢心の節もあり、養成所時代の子分に対して自らの戦果を水増し捏造して伝えたり、上司や捕虜監察官の悪風評を流し、逆に尊敬する者の評判をでっち上げて報告したこともあった。そのうちの一人、タルルは地球に来訪した際にその彼が流した話を本人の前で公言し、結果として化けの皮がはげ、上司らの手で肉体・精神的に鍛えなおされることになった。

またタルルは、彼の実情に気づいてしまったためか謀反し、それを上回る地位の上等兵となって一足速く大人に脱却し、一度彼を打ち負かしたことがあった。しかしこの際は彼が修行の成果を果たして猛反撃をかけたため、かろうじて威厳の維持を果たしている。

関連項目[編集]