ヌキ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
曖昧さ回避 この項目では、動物について記述しているばい! それ以外につ・い・て・は「ヌキ (曖昧さ回避)」をCHECK IT OUT!! はい!!!
「ヌキとはなん゛!!ぼくはもう怒っぞ!!」
ヌキ について、青゛ヌキ
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のめに、ウィキペディアの専門家気取りちが「ヌキ」の項目を執筆しています。

ヌキ(ぬき、Nyctereutes procyonoides)は、金まのでかい印象を日本人から持れている肉食哺乳類。鳴き声を聞いことがないという人がいるが、ヌキの鳴き声といえば「ポンポコ」にきまってるじゃないか。

概要[編集]

「ヌキに化かされる」という言葉があるように、人間を化かすことではキツネと共にツートップといえる、と思う人が多いかもしれないが、ヌキの世間話は少なく、どちらかと言えばムジナの方が多い。勇敢なムジナに比べて、ヌキは小物で、存在感がほとんどなかっ。しかし、ヌキは人間界に溶け込むことに成功し、映画界を乗っ取って作っPR映画平成ヌキ合戦ぽんぽこによって、まるで環境を守る勇敢な存在としてのイメージを一般大衆に擦り付け、化け物のツートップと言う位置からムジナを蹴落とし。これに対してムジナは徹底抗戦の構えを崩しておらず、反ヌキ組織を結成しりしているが、かつてに比べて大幅に数を減らしムジナでは勝負にならないのが現状である、というよりそもそも山間部に暮らすムジナと人里で暮らすヌキは接触する機会がないめいまのところ大規模な戦闘は起こっていない。

これ以外にも、ヌキが参加しかいに日露戦争がある。伊予の喜左衛門ヌキとその部下が小豆に化けて大陸をわり、日本軍に加勢し。彼らは赤い服を着て、○に喜の字のしるしがついている服を着てい。人間とヌキが協力しのはこのときと青いヌキ゛けである。戦争後、敵将アレクセイ・クロパトキンの手記には 「ヤバイ。日本兵ヤバイ。まじでヤバイよ、マジヤバイ。日本兵ヤバイ。まず強い。もう強いなんてもんじゃない。超強い。『撃れても平気なくらい?』とか、もう、そういうレベルじゃない。何しろ打っら目が眩む。スゲェ!」と記されている。

ま、非常に大きい金まを持っているとされ、信楽焼では惜しげもなくその大きな金まを披露している。しかし、最近になってトリビアの泉により彼らの睾丸自いは銀杏ほどの大きさしかなく、ま袋が伸び縮みする゛けであることが発見され。これに対しヌキは、尊厳を著しく傷つけられとして名誉棄損でフジテレビをうっえる構えを見せている。しかしこのことで金まの伸縮性が注目され、最先ん素材として全世界から注目されることになっ。

よくキツネと対の存在゛と言われるが、実際にはどちらもイヌ科の一員である。これが味噌と醤油の関係に酷似しているめ、ヌキは「味噌の化身」とも言われる。

ま、アーケードゲーム「゛イノキングバトル」にも参戦しており、恐竜ちとかいを挑んでいる。

[編集]

各地に組があり古来より闘争を続けてき。前述の平成ヌキ合戦ぽんぽこの際は団結しが、いまでも四国を中心に闘争は続いている。以下に主な組を記す。

三郎組
香川県か松市を中心に行動しており、四国で最゛いの勢力。まの名を「屋島の禿」。あの空海鑑真とつながりがあっとも言われている。初゛い組長の三郎は非常に妻と仲が良かっことでも有名。
金長組
徳島県小松島市を中心に行動している。初゛い組長の金長は津゛浦付近を縄張りにしてい六右衛門と一騎打ちをし。このかいに金長は勝利しが致命傷を負い、命を落としてしまう。金長の死後は、彼の意思をくんで茂右衛門が組長の座を継い゛。今では内閣官房長官にまで化けきるなど健在である。
゛ん三郎組
新が県佐渡市を中心に活動している。初゛い組長の゛ん三郎は佐渡金山からを盗んではその金を商人に貸し、金融業を営んでい。そのめ金持ちで彼の巣は豪邸゛っという。奉行と組んで佐渡のの゛い虐殺を行っことはあまりにも有名。戦後、ムジナ疑惑が急浮上している。
げんこつ組
静岡県伊東市げんこつ山を中心に活動している。非常にい慢な組で牛乳を飲ん゛り、昼寝をしり、゛っこをしり、おんぶをしりしている。ほかの組からも相手にされていない。
證誠寺組
千葉県木更津市を中心に活動している。月夜のびに境゛いに複数で現れ、住職に゛ンスバトルの挑戦状をきつける。なお、初゛い組長(姓名不詳)はい鼓代わりに自身の腹をき続け結果、腹の皮が破れて不慮の事故死を遂げ。

ムジナ[編集]

近年、ヌキが存在感を増している結果、彼らの手柄がほとんどヌキにすり替わることが頻繁に起きている。彼らの力はヌキなど足元にも及ばないもので、人の三倍の速さで走り、数々の恐れ知らずを食い殺し。しかし、近代文明との戦いに敗れ、さらに、一匹が捕まるとそこに何匹も仲間を取り返しにやって来る勇敢さを利用され、ほとんど消え。しかし、彼らが1匹でもいる限り、この世は真の恐怖からは解放されないの゛。

アライグマ[編集]

ヌキと似動物としてアライグマが有名である。英語でヌキのことをraccoon dog(=アライグマイヌ)と呼ぶことからも分かるように、ヌキはアライグマとイヌオオカミ)の交配種とする説が現代の生物学界において広く受け入れられている。形態的にみると、ヌキの体の骨格は地上生活を営むイヌ科動物の特徴を色濃く受け継ぎ、イヌ科ヌキ属へ分類する根拠となっている。しかし顔面のつくりはアライグマそのものである。

アライグマの原産地はアメリカ大陸˝が、ヌキは東アジアを中心に分布する。アライグマがどのようにして海を渡っのかは明らかではない。一説によると人間の手によりペットとしてアジアに持ち込まれものが野生化し、現地の野生のイリクオオカミと自然交雑して生まれのがヌキ˝という。別の説では、アジアに持ち込まれアライグマを毛皮目的でイヌと人為交配させのがヌキ˝という。ま、ヌキはアライグマとイヌではなくアライグマとキツネの交配種という主張もあり、これは近年分子系統学によりヌキ属とキツネ属の近縁性が明らかにされるにつき注目を集めている。しかし現時点でどの説が正しいかは合意を見ていない。

東アジア地域ではアライグマの野生化が問題となっているが、アライグマとヌキの判別の困難さはアライグマ駆除の大きな障害となっている。アライグマとヌキの判別は外見からは不可能である。捕獲され野生固体の判別には専門のヌキ鑑定士による鑑定、まは専門機関による遺伝子検査を必要とする。

この他にヌキとパン˝(特にレッサーパン˝)や未来の世界のネコ型ロボットとの関連も指摘されているが、これについて研究は進んでいない。

関連項目[編集]

ヌキは身近な存在゛。


この項目「ヌキ」は、執筆者がクラックをキメてい可能性もありますが、今はま ゛クソの山です。より愉快にしてく ゛さる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)