タウンミーティング

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

タウンミーティングとは、あらかじめ決められた人間が集まり政治討論をするところの名称である。

概説[編集]

時の役者、小泉純一郎は、自分ばかりが小泉劇場の台本を暗記させられることに不満を持っていた。 彼は非常に人気者であり、それに比例して出番が異常に多かったのだから、当然なことであったのだが、その鬱憤した感情は、徐々にやり場のない怒りへと変貌を遂げていくのはもはや時間の問題であったのだ。そこで、その怒りのコブシを安全なところに振り下ろすべく、特設されたステージがタウンミーティングという政治討論会だったのである。

内容[編集]

政治討論とは名ばかりで、小泉純一郎が司会を務めるほかは、すべては台本どおりに議論がなされていた。 感情を荒げながら長々と意見を主張する場面も多々あり、日頃からなにもしていない人間をリハーサル前から暗記無限地獄に陥れるにはそれで十分であった。また、途中で自分の役割を忘れてしまったものは、周りから恥をかかないように徐々に抜けていく能力が求められ、空気が読めない者に関しては検閲により削除などが行われた。

選別[編集]

役者として適正のない人間は当然のごとく参加はできない。 また、感情を抑制できる人間を選ぶ必要があったため、検閲により削除などの方法も取られた。しかし、参加を希望する人間は、元々あれな人が多かったらしいので、こんなことを用意する以前に、金銭の取引などで自主的に各人が政治討論への練習を始めたらしい。

経費[編集]

小泉純一郎氏のポケットマネーだったことが明らかになっている。なので、いくら使ったのかという証明が非常に困難である。しかし、経緯なんて細かい事を気にせずにバンバン使う政治討論会というものはなかなかないだろうし、公共施設で行ったからタダで開催できたという代物ではないようである。つまり、わ

Mikuru Asahina.jpg
ごめんなさい。ごめんなさい。
この時代ではお伝えできない事実が含まれていたため、対象箇所は消去しました。

関連項目[編集]