タイムパラドックス

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

タイムパラドックスとは、過去から未来にいたる複数の経路(パス:path)において、整合が取れなくなることである。たとえばアンサイクロペディアで、ある版の記事を複数の人が編集することにより(それぞれがパスに対応する)、現在の版の整合性が失われてしまうようなものである。

過去を改変したり、未来を予言したりするときに発生する。アンサイクロペディアで、履歴から古い版を呼び出して編集すると現在の版が失われてしまったり、過去の編集を取り消すとうまく整合がとれなくなったりするのに相当する。

かの某作品の大佐が狂ったように連呼する台詞で有名になったりしなかったりする。

「だめだスネーク!未来が変わってしまった!タイムパラドックスだ!」
タイムパラドックス について、キャンベル大佐
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「タイムパラドックス」の項目を執筆しています。

アニメにおけるタイムパラドックス[編集]

未来をテーマにした作品で発生しやすい。

  • 1999年なのに、缶ビールがリングプル
  • 自動車電話が現役で、誰も携帯電話を持っていない
  • 明滅する電球式信号機
  • プリンタがドットインパクト式
  • MP3 などのデジタル媒体でなく、未だにアナログレコードがメインのレコード屋が繁盛する
  • 未だにカセットテープのウォークマン
  • 携帯電話が未だに折りたたみ式では無い
  • スマートフォンではなく、未だ折りたたみ式の携帯電話

予言におけるタイムパラドックス[編集]

天体現象のような物理法則に基づくものを除くと、予言はタイムパラドックスを引き起こしやすい。

創作物におけるタイムパラドックス[編集]

一度作られたものを後から編集により作り変えることなどにより発生する

  • 漫画の途中に絵柄の違う浮いたページが混ざる
  • 見覚えのなかったはずのエピソードがある
  • DVDにて内容が書き換えられストーリーがこっそりと変更される
  • 死んでいるはずのキャラが画面に映る
  • 主人公の記憶が本編の内容と違う

事後通告によるタイムパラドックス[編集]

少数ではあるが、以下のようなものも確認されている。

  • 記憶にございません
  • お渡ししたモデムは貸したものです
  • お客様の加入条件ですと、女性特有の癌に対して保険金のお支払いができません

タイムパラドックスの回避方法[編集]

以下のような回避策が確認されている。

  • 台風の中心は、必ずしも予報円の中心を結んだ線に沿って進むとは限りません
  • 使用者個人の感想です

タイムパラドックスを利用したもの[編集]

関連項目[編集]


Nodasori.jpg この項目「タイムパラドックス」は、壮大なネタ振りです。誰か、人類の歴史に残るようなとてつもなく面白いネタを書いてください
私には書けません。 (Portal:スタブ)