タイムスクープ社

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
タイムスクープ社(正式名称 不明)
種類 {{{種類}}}
本社所在地 分からない
設立 一切不明
業種 詳細不明
事業内容 秘密
代表者 ヒ・ミ・ツ
資本金 20億3400万円
総資産 わからず
従業員数 I don't know
関係する人物 沢嶋雄一・古橋ミナミ
外部リンク 公式サイト


タイムスクープ社とは、タイムワープ技術なる妖術を駆使し、「あらゆる時代にジャーナリストを派遣 人々の営みを映像で記録し アーカイブする計画(原文ママ)」を推し進めている企業である。

概要[編集]

タイムスクープ「社」とあるが、代表取締役・所在地・企業規模・社員数・資本金・設立年などは一切不明な謎の会社である。 タイムスクープ社は長年秘密のベールに包まれていたが、2008年からNHKにより放映されている『タイムスクープハンター』により少しずつその実態が明らかになった。

部署[編集]

以下には、判明している分の職務内容を挙げる。

第一調査部[編集]

活動内容は、一切不明。これまでに出た情報としては、「本宮薫」というジャーナリストが歴史破壊行為を行い、確保されたという話のみである。なかなかミステリアスだ。

第二調査部[編集]

『沢嶋雄一』(後述)なる人物が所属している部署。どうやら過去の歴史ではあまり語られなかった事柄を中心に調査しているようだ。

広報部[編集]

ココを作っている部署。それ以外は謎

調査手法[編集]

わかっている限りのことを書く。

特殊な交渉術[編集]

時空ジャーナリストは当時の人間と接触する時にタイムパラドックスが起きないよう細心の注意を払い、特殊な交渉術を使う。それがどのように行われているか企業秘密とされているためそれは明らかにされていない。(放映をめぐりNHKとタイムスクープ社の間に何らかの取引があったとみられる)おそらく『なんだかなつかしの術』でも使っているのであろう。

この「術」の強制力は相当なものであるらしい。たとえ飢餓の限界にあっても、これから敵と命のやりとりをする時であっても、オーバーテクノロジーを所有しているであろうジャーナリストに助けを求めるそぶりさえ許さないのだ。

タイムナビゲーター[編集]

『本部』(第二調査部)の『コントロールブース』に常駐して、派遣したジャーナリストのサポートを行っている。『沢嶋』を担当するのはいつも『古橋ミナミ』だが、これは初音ミクと同様、ソフトの名称である。

ちなみに、『沢嶋』はその地の『基本データ』を、毎回現地に着いてからタイムナビゲーターに尋ねている。頭より先に体が動くタイプであるらしい。

タイムスクープハンター事件[編集]

2000年代初期、あるNHKのスタッフが道端に未知の記録媒体が落ちていることに気づいた。その記録媒体はすぐさまNHKの技術部に引き渡され、3年半かけて解析された。その内容は当時世界七不思議のひとつに数えられるほど謎だったタイムスクープ社の過去の時代の密着ドキュメントだったのだ。(その後この記録媒体は『沢嶋雄一』なる人物が誤って道端に落としてしまったものだと判明する) それからというもの、NHKではタイムスクープ社がタイムワープ技術を駆使し歴史に干渉し報復したとみられる不祥事が多発する。それでもNHKはめげずにこの克明な記録を『歴史の真実』として放映したのだ。その後意外と番組は人気を博し、タイムスクープ社側からも示談の申し入れがあった。交渉の末、ついに業務提携。公式に放映の許可が下りたのだ。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「タイムスクープハンター」の項目を執筆しています。