ソレナンテ・エ・ロゲ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

ソレナンテ・エ・ロゲSorenant et Roage, Sorénanté-Hait Roguet, 1599年 - 1669年?)は、フランス評論家である。主にアダルトゲームに関する批評を多く行った。なお、ソレナンティエ・ロゲSorenantier Roget, 1863年 - 1937年)と同一人物とする説もある。

カナ表記に関しては、「ソレナンテ=エ=ロゲ」という綴りが一般的となっている。フランス語ではSorénanté-Hait Roguetが本来の綴りだが(Sorenant et Roageではソールナン・エ・ロージュになってしまう)、日本では草民達のプロパガンダのビラ中の誤記によって上記の綴りが広まり、現在では「ソレナンテエロゲ」と無節化された呼称も用いられている。一部では脛毛が凄かったため「sneg(スネゲ)」と呼ばれることもある。

ジャック・ロゲ先祖でもある。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ソレナンテ・エ・ロゲ」の項目を執筆しています。

略歴[編集]

少年時代[編集]

1599年、フランスのパリ郊外に生まれる。父親はブルボン朝の下級官吏であったが、先祖はローマ帝国時代のエロゲ職人であったとされるが、当時のエロゲの対象をラテン人のみならず属州におけるガリア人にまで広げた文化的功績が指摘されている。ソレナンテは、当初父親の意を汲んで官吏登用試験に挑戦するが、満足な結果は得られなかった。一方、幼少時代から興味を示したエロゲには抜群の適性を示し、弱冠15歳にして、プレイしたエロゲの数は500を超えていたという。

エロゲープレーヤーからエロゲー批評家へ[編集]

20代前半にして既に5000を超える数のエロゲーをプレイしていたソレナンテは、常人よりもエロゲーを見る目が肥えており、彼は自らが管理するウェブサイトにエロゲー感想論説『感感俺俺』を掲載し始める。当時のフランスはエロゲーに関する情報は非常に少なかったが、潜在的な需要はあったと見られており、その需要の高まりにソレナンテの的確な評論や批判は多くの注目を集め、エロゲーを買うときの指標としてフランス語圏のユーザー誰もが参考にするほどとなっていた。最盛期にはアマゾンの広告収入によって年間80万フランを稼いでいたとされているが、ソレナンテはそれら全てをエロゲ(及び関連グッズ)の購入費用に充てていたという。また、官吏登用試験受験時代に知り合った学友の多くは、王朝の中枢部にあって社会に強い影響力をもっており、彼らの経済的・社会的助力によってソレナンテの探求は支えられていくこととなる。

サイトの開設から3年が経過した頃、ソレナンテの洞察力と文章力に目をつけた某アダルトゲーム雑誌から、編集長直々にソレナンテに寄稿依頼を申し出る。ソレナンテはこれを受諾し、以降はありとあらゆる雑誌に自らの評論を掲載させることになる。

30歳でエロゲ情報月刊誌コンブティークCompetique)を創刊する。後に角川家のお祭りに関係して発行・出版元が角川書店に変わる。また、この頃からは色々な種類の「属性」の研究を始めており、1642年に出版した『妹萌論』『姉萌論』などを皮切りに、それまで雑多に扱われていた「属性」を多種多様な個性とするに到り、細分化されたジャンルにおいてのエロゲ普及に尽力した。

晩年[編集]

しかし、ソレナンテの晩年は悲惨なものであった。自身のライフワークとしていた『属性大全』の著作中、それまでに無い量のエロゲーをやりこなしていたとされており、その影響から精神に異常をきたしてしまう。この異常は1657年に「なぜ俺にはフラグが立たない」と叫んでコンブティーク誌の編集から身を引いた頃から散見され、次第に現実とエロゲーの境目がつかなくなっていき、『属性大全』の完成を断念せざるを得ないほどであったという。

知り合いの恋愛話を聞いても以前にプレイしたエロゲー中にあったエピソードのような気がして「それ、なんてエロゲ?」と聞くなどのエピソードもあり、生活全般に支障が出るようになってくる。またジップデクレ伯爵夫人を相手に「それ、なんてエロゲのお兄ちゃん大好き妹?」と発言し、侮辱したと受け取られて裁判となり敗訴。賠償金の支払いから多額の借金を抱えるようになる。

かつてはソレナンテを頼っていた親戚・友人なども離れてゆき、その後破産している。1659年マルキ・ド・サドらと共に狂人を保護する修道院に入院・隔離される。その後のことは記録に残っていないが、ソレナンテはここでその生涯を孤独に終えたという。植物人間となり、以後意識を取り戻すことなく死亡したとも言われているが、真相は定かではない。一説にはモンゴル(蒙古帝国)に落ち延びて、チンギス・ハーンになったとかならないとか。

没後の影響[編集]

ロゲの影響は没後しばらくして完全に途絶えたが、デッテイウらによって大きく再評価された。 現在では萌え、属性に関する学問の開祖として、近代思想における最重要人物の一人に位置づけられている。再評価以降、すべての文学、エンターティメント作品において、ロゲの影響を逃れているものはない。

ロゲの曾孫であるシャルル・デッテイウは、ロゲの思想を受け継ぐとともに、現代において再評価される機会を与えた。ロゲ直系の子孫である叔父の屋敷で、未完に終わった『属性大全』の原稿と膨大なメモ、プレイしていたと見られるおびただしい量のエロゲを発見し、幻の書となっていた『属性大全』が出版される契機を作った。 また、屋敷に保存されていたメモを集め『ソレナンテ・エ・ロゲ全集』を編纂、現在まで続いている「属性学会」を設立し、初代会長を15年間つとめた。 ロゲ以前から低俗な趣味とされてきたエロゲ、ひいてはコンピューターゲーム全体の地位向上に貢献した。

妹尾友衛は代表的なロゲの研究者の一人、且つ萌え研究の権威である。1951年から1960年まで属性学会会長を務めた。 1922年、妹尾はパリ留学中に『妹萌論』を読んで衝撃を受け、ロゲの研究を始めた。帰国後『ソレナンテ・エ・ロゲの生涯』を上梓し、ロゲの紹介に取り組む。 啓蒙活動と平行して日本・欧州の神話や文学作品における「萌え」と「属性」を研究。両者の流行に一定の周期があること、また、属性は数種類の要素の組み合わせと定義できることを発見した。

1938年、妹尾は研究者生活の集大成『<萌え>と<属性>』を上梓した。 しかし、皇族を萌えの対象としたことが問題視され、敗戦後も同箇所が皇族崇拝につながるとして20年近く発禁処分とされた。 1950年代後半にようやく再販され、戦後思想史の最重要書に位置づけられる。 また、レヴィ・ストロースは本書に刺激を受けて『神話学』を著したと言われる。 ハリウッドにおいて、『<萌え>と<属性>』はキング『小説作法』、ボグラー『神話の法則』と並ぶ脚本家のバイブルとして現在も読み継がれている。

社会情勢の関わり[編集]

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

功績[編集]

「それなんてエロゲ?」
エロゲ について、ソレナンテ・エ・ロゲ

この有名すぎてあれすぎる言葉は、彼が37歳の時、第48回エロゲ討論会の演説中に言った名言である。この言葉を演説中というあれすぎるシチュエーションで言えたという事からも、彼の評論家としての才能を垣間見る事ができる。 時折人生をエロゲになぞらえるあれな人がいるが、この名言に影響を受けてのものであるとも言われる。

また、属性研究の第一人者としても評価が高いが、一方で彼の提唱した需要の細分化は極端な属性の頻出に繋がったとしてあれだと見る動きもある。


表面張力の発見[編集]

ソレナンテは、ツンデレツッパリを構成するを発見した。この力が、表面的にはつい意地を張ってしまうように働くことから、表面張力と名づけられた。

またソレナンテは、表面張力が以下の数式で表されることを示した。

S=log{R(T/D)}

S[sneg]:表面張力、R[sneg/m^2]:ロゲ定数、T[N]:ツン、D[Pa]:デレ

関連項目[編集]

参考文献[編集]

この項目「ソレナンテ・エ・ロゲ」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)