ソマリランド

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ソマリランド」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「ソマリランド」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ソマリア」の項目を執筆しています。

ソマリランドとは、一般的に一部妄動分子がソマリアの北部地域を占拠して、独立国であると自称している占領地域及びそこが経営する同名遊園地の事を指す。祖国ソマリアから勝手に割拠し、占領地域のソマリア人の自由を剥奪しているため、「ソマリランド」を国家承認している国は1カ国も存在しない。2010年から誰が大統領になったかって? そんなのシランヨ

「当局」の悪行[編集]

ソマリアは日本韓国、など世界でも数少なくアフリカでは唯一の単一民族国家である。40年以上同じ国の元にいたにもかかわらず、北ソマリア当局(以下「当局」と略)1991年に「独立」宣言を行って以来、数百万のソマリア人を奪い、後述する幾多の虐政を占領下の住民に強いており、そのためソマリアの政府閣僚の間では皆彼らをソマリランド共和国の政府などとは認めず、「当局」の他に「21世紀の全体主義国家」、「背教者集団」、「エチオピアの植民地」、「北の傀儡一派」、「ソマリア分離主義者」などの呼称を用いている。ここではその「当局」の悪行ぶりについて紹介する。

財産権職業選択の自由の侵害[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「国民和解のための大会議」の項目を執筆しています。

1991年にモハメド・シアド・バーレの独裁政権が終了した後、それまで軍が独占所有していたAK47M16などの所有・使用が自由化された。当時は検閲により削除な状況により危検閲により削除だったため一家の必需品となった事、自由化による供給量の急増で、以前は120ドルだったAK47が新品でも80ドル、中古品に至ってはわずか50ドルで買えるほど安くなった事。この2つの理由により、独占の解禁後たちまち数万丁が売れるほどの大人気商品であった。にも関わらず「当局」は「秩序の回復」を名目に、当時流通していた50000丁を没収し、さらに所有者のうち1万人を軍人に、5000人を警察官に、5000人を刑務所看守に強制的に職業を変更してしまった。一般市民の所有物を奪った上勝手に職を替えてしまうなど北ソマリアの市民の人権を侵害していることは明白である。ソマリアでそうした人権侵害は無く、朝から時報代わりに使用音が聞こえる程の人気を維持している。

イスラム教への離反[編集]

また「当局」は占領地域への統治行為を行うにあたりイスラム教を憲法法律とせず、我々を60年以上にもわたって苦しめ続けてきた毛唐どもが作った欧米法や慣習法を刑法などにおいて混用している事、占領地域の族長達を使って議会政治体制としたことである。クルアーンが直接これらを禁止しているわけではないが、敬虔なイスラム教国家であるサウジアラビアタリバーン政権期のアフガニスタンを見れば分かるとおり、イスラム教徒である以上は政教一致専制国家とする事が望ましいとされる証左であろう。そうしていない以上、「当局」の一味がイスラム教徒としての良心を忘却していることは明らかである。ん、トルコインドネシア民主主義国家?両国は世俗主義であるため「当局」程ではないが問題の多い国であろう。えっ、ソマリアも独立以来一度も政教一致してないって?

エチオピアとの癒着[編集]

「当局」とエチオピアとの異常な関係は1981年から始まる。北ソマリアの一部妄断派はこの年に英夷ロンドンSNMなる組織を立ち上げ、ソマリア政府に対し反乱を起こした。この時SNMはエチオピアからの援助を受けていたことが判明しており、1987年まで継続的に行われていた。独立後は北ソマリア1の港であるベルベラ港の独占権、ではないが利用権を手に入れ、また北ソマリアを占領する徒党の首魁を「ソマリランド大統領」と呼ぶ。このことから見てもSNM、ひいてはその後身である「当局」がエチオピアの傀儡集団である事は明らかである。エチオピアはイギリスイタリアフランスと並んでソマリア人の土地を我が物にした侵略者であり、我々は1978年から88年にかけて奪われた領土を回復しソマリア人を保護するためにエチオピアと戦った。「当局」は既にソマリア民族の魂をエチオピアに売り払った売国奴・傀儡政権である事は明白であると言えよう。何っ、今のソマリア暫定政権はそのエチオピアによって成立したって?…てめーは超えてはならない一線を越えた…

死亡確認.jpg
死亡確認

ごめんなさい。ごめんなさい。
この時代ではお伝えできない事実が含まれていたため、投稿者は消去しました。

民族反逆者、背教者を処断した。自主独立の国ソマリア万歳!アラーアクバル!

モノカルチャー経済への転落[編集]

北ソマリアは元来ヤギラクダなどの家畜が多く牧畜業が盛んな場所であった。「当局」占領下においてもなお隆盛を極めている。だが「当局」はそれに慢心し、彼らの言う「独立」から20年近くたった現在においても、家畜輸出が地域内の全輸出金額の8割を占めるという、典型的なモノカルチャー国家である。こういった国は価格変動による経済の影響が大きく、欧米に経済的に従属させられている要因の1つである。ソマリアにおいてはその様な経済状況になっておらず、既に密輸拉致強盗などと多方面にわたって産業が発展しており、その中でも海賊は世界中に知れ渡るほどの盛況である。

日本における北ソマリア問題[編集]

幸いにして日本政府は「ソマリランド」を国家承認しようとする動きは無い。日本人の殆ども北ソマリア問題に無関心であるソマリア側の立場を支持している。しかし極一部に「当局」の宣伝に乗せられた日本人が存在する。朝日新聞社の松本仁一名古屋大学教授川端正久東京大学大学院助教授遠藤貢、財団法人日本国際協力センターに所属する大津祐嗣が挙げられる。日本人は彼らの妄言に惑わされないようにせよ!読むな!読むな!読むなァァァァァッ!!!

関連事項[編集]

  • ソマリア…囚われた北ソマリア350万のソマリア人が祖国に戻る日を!
  • 台湾…未承認国家の中で最も有名かつ強大な国。
  • イギリス…ソマリアと合併する前の宗主国
  • 南アフリカガーナ…「ソマリランド」の現地事務所を実質的に「大使館」とし、さらに「国家承認」をAUに認めさせようとしている敵対国家!
  • 人権…先述した人権については、ソマリアが世界一である。
  • 北斗の拳…自由の国ソマリアの生活ぶりを的確に活写した名作。
  • アグネス・チャン…「ソマリアに旅行した」と言っていたが、実際の行き先は偽ソマリア「ソマリランド」だった。
  • やくみつる…「ソマリランド旅行したけど、あそこはいいよ」と偽ソマリアを宣伝した評論家漫画家。ソマリアを舞台に漫画を描いてくれ!