やわらか銀行

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
出典: 八百科事典アンサイクロペディア(大丈夫、本当の項目名はソフトバンクだから。君は間違っていないよ。
曖昧さ回避 この項目では、2015年7月1日付でやわらか銀行携帯電話から社名変更した会社について記述しているばい! (旧)やわらか銀行から社名変更した持株会社につ・い・て・は「ソフトバンクグループ」をCHECK IT OUT!! はい!!!


やわらか銀行株式会社
SoftBank Corp.
やわらか銀行.jpg
種類 株式会社
電話番号 157
業種 携帯電話事業
事業内容 携帯電話販売およびサービス
代表者 代表取締役社長兼CEO 孫正義
資本金 1円
売上高 非公開
従業員数 0人
決算期 非公表
主要株主 孫ジャスティス 38.9%、お父さん 16.2% など
関係する人物 孫正義・白戸家の人々 など
外部リンク [1]
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ソフトバンク」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「SoftBank (携帯電話)」の項目を執筆しています。

やわらか銀行株式会社(やわらかぎんこう、英語表記:SoftBank Corp.、愛称やわ銀(ぎん))は、金融通信持株会社を標榜するやわらか銀行グループの中核である携帯電話事業会社である。同業の世界シェアトップマルフクインターナショナルから日本国内事業を買収して発足した。

やわらか銀行の戦略[編集]

やわらか銀行グループは、当初自社で設備を構築して携帯事業を展開する予定であったが、大阪で電話加入権を担保とする貸金業から世界一の携帯電話会社にまで成り上がった株式会社マルフクインターナショナル(世界的な商標としてVodafoneを使用)の国内事業を買収して携帯電話事業に進出することになった。この買収劇により、マルフク社は日本から英国へ本社を移転、商号をVodafoneへ変更した。在阪企業の東京転出は日常茶飯事ではあるが、国外転出はマルフクの例がほぼ初めてであり、大阪のみならず国内全体に深い衝撃を与えた。

しかし、マルフクが捨てた日本市場には、大きすぎるライバルがいた。NTTコドモあうである。この二社の強みは、前者は特に未成年者層に非常に強力な地盤を持っており、愛人検索に便利な愛モードや、その愛人関係の維持や清算が電子マネーを用いて快適に行える御財布携帯などの画期的なサービスを展開し、援助交際の普及に大きな役割を果たした。また後者は、携帯による通話よりも実際に人と人が「会う」ことを重視し、通話料金をランダムで2~10倍にすることで通話を抑制するたぶん定額たぶん定額ライトや、デザイン性を偏重して、電話としての使いにくさ、使ってはもったいないと思わせることを主眼に置いた端末デザイン会うデザインプロジェクトなど、双方とも限りなく個性的な事業展開をしており、これまで通り圧倒的下位にあたるやわらか銀行を見向きもせず二社だけで争っていた。

そこでやわらか銀行が考え出したのがまっしろプランである。契約内容をすべて白紙とするこのプランは、パンフレットも何も書かれていないA4コピー用紙3枚の左上をホッチキスで留めただけという斬新すぎる作りに代表されるシンプルな宣伝戦略を隠れ蓑にして、その裏で1,000を超える隠れた注意書きを忍ばせている契約内容秘匿プランであり、別名ステルスプランと呼ばれている。その注意書きの内容は、「トイレに行った後手を洗わずに通話したら契約解除」など日々の生活規律を求める内容や、「社長をハゲと言ったら通話料100倍」など懲罰的な内容も含まれており、平和ボケした日本人をたたきなおすためのバイブルとして、国民の間に口伝として広く伝わることとなった(あくまで「まっしろプラン」であるため、その内容を明文化することは契約上禁止されており、これを犯した者へは通話料100,000倍という最も重い制裁が加えられる)。 また、買収によって今までのボーダフォンが使えなくなったという説がある。

フォンブレイバー7

その後、2社に対抗するため新たに「シャア専用」と呼ばれるガノタしか使えない913SH G TYPE-CHARや、人工知能を搭載した携帯電話型超ロボット生命体「フォンブレイバー 815T PB」を開発。また、CMにを採用。特撮ヲタクを狙った商売を始める。

端末ラインナップ[編集]

やわらか銀行でほとんどの端末を占めるメーカー。男性向けでワンセグが見られる「悪雄ケータイ」が人気(ただし日本で初めてワンセグ端末を出したわけではない。意外と盲点)。他には「見た目はPC、頭脳はケータイ。」という取るに足りないキャッチコピーが有名の「インタネットマツン 922SH」、「全顔面スタイル」という新しいスタイルを提案する「FULLFACE」や「FULLTOUCH」などさまざまである。
特に今夏に登場する悪雄ケータイ、「923SH」は業界で初めてアンサイクロペディアとの連携に対応。社長の孫氏は「頭の固い方と比べると、最近は利用者がうなぎ上りに増えているのを受けて採用させてもらった。あくせく働いているビジネスマンにも、最近の流行が気になる若者も、失いがちなユーモアをぜひ補ってほしい。」と熱く語った。
やわらか銀行でとりあえず配給しているメーカー。イメージとしてはコドモのお下がり。UIもコドモのNにそっくりというかほぼ同じ。
2009年夏に発売予定だった無線LAN搭載の「931N」はそのまま発売されずになかったことになるかと思ったら何故か冬に発売するなんて!
NECと同じくとりあえず配給しているメーカー。NECと比べたらお下がり感は少ないのだが、VIERAケータイがほぼ同じデザインです本当にありがとうございました。
あう一筋だったのに、孫社長からあらあらうふふされて参入。端末製造はカシオでソフト開発の方はNECが行っているとか。だからNECカシオが生まれた訳か!
デジタルホン時代からあるメーカー。でも最近ハイスペックな端末が出てないのが現状。X02TなんてT-01Aの姉妹機だし。
マルフク時代からあるメーカー。でもコドモにも端末配給しちゃうんだよね。仕方ないね。一応ガラケーは作っているけど。
今頃になって新規参入。2007年アメリカで発売された「iPhone」を翌年からやわらか銀行で発売。長らくNTTコドモと争っていたが、林檎に5億円の検閲により削除を支払ったことにより交渉成立。しかし、日本の老舗インターホンメーカー「アイホン」と商標がだぶっていることが発覚し、急きょ「林檎電話」に改名された。音楽機能に特化しており、電話中に音楽を流して相手とその曲について語り合う…など、使い方は自分次第である。
なお、この電話専用の料金プランを調べた者はみな女性器を目にしたと証言しており、セクシャルハラスメントで訴訟を起こす構えの者がいるらしい。
スマートフォンを配給する台湾のメーカー。ハイスペックな端末を多数輩出しているが、おそらくこの名前を聞いてピンとくる人はほとんどいないだろう。しかし近年では端末の納入取引先をあうに殆ど寝取られてしまった。

料金プラン[編集]

これがお店らしい
まっしろプラン
基本使用料0円・通話料1通話一律1円。ただし禁止事項に抵触すると通話料は最大10万倍。もともとは最大手代理店である光通信グループの社販用のプランで「サウザンドプラン」と言う名前だった。由来はもちろん禁止事項が1000あるため。
しかし光通信社員の悪い癖で本来売ってはいけない一般人に転売する、架空契約をするなどで紹介インセンティブを荒稼ぎするものが続出、一般公開に踏み切った。
まっしろ学割
暇を持て余した学生が、携帯を使いすぎて親に禁則事項ですされてしまい、頭がまっしろになってしまった人が入るプラン。
間違っても休み時間教室でソフトバンクごっこをするべきではない。
在日割引
在日外国人は、ソフトバンクに入ればすんごい割引するよ。バカな日本人から、金ふんだくればいいだけさ!
まあ実際は他社ももっとすごい在日割引やってんだけどね。

お父さんくじ[編集]

ソフトバンクに契約をしているとお父さん犬からメールが来る。そのメールのくじを引くとポイントがもらえそのポイントでお菓子などと交換できるのだが、実は非公式である動物の森広報課やワンニャン王国広報課が送っているメールなので注意して欲しい。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]