ソックスハンター

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
ひよこ陛下
Notアダルトな記事
この記事は多少えっちだけどYahoo!きっずキッズgooでも見れる記事だよ。書いた本人とひよこ陛下が言うんだから間違いない。
これでエロいとかってんなら、To LOVEるを規制してみやがってください。お願いしましたよ。

ソックスハンターとは、靴下をこよなく愛し、靴下の匂いで快楽を得る、一部の男、すなわち紳士のみにしか許されていないといわれている[要出典]エクストリームスポーツ、またはそのプレイヤーのことである。

概要[編集]

「靴下は愛である
靴下はもっとも美しい愛の形である
愛を、伝えたい
狂おしいまでのこの愛を」
靴下 について、ソックスハンター
いろいろ誤った競技方法。おそらく画像作成者はこの競技を知らずにこの画像を作成したか、逆に競技者であるゆえにわざと真実をぼかしたと思われる。

詳細な歴史は不明であるが、匿名[1]の人物は「靴下ができた頃から始まっており、その当時から一部の人間しか好まぬ遊び」であると発表[2]した。あくまでも匿名であるが、推測するに高名なヘンタイでもあったと思われる。

方法[編集]

基本的に2、3日履いた靴下の匂いを嗅ぐが、時と場合では10日物の靴下の匂いとかを嗅ぐこともある。さらにその上には1月物とか1年物などもある。ぶっ倒れるまで嗅ぐのである[3]

問題になるのは靴下の入手方法である。 当然であるが、ソックスハンターには紳士的なふるまいが望まれるものであり、靴下の入手にあたっても平和的な手段が好ましい。 たとえば物々交換によって、自らが普段愛用しているエプロンと相手の履き古しの靴下とを交換したというソックスハンターもいるとのことである。

ソックスハンターに付きまとうリスク[編集]

今日、ソックスハンターであると公言する人間は皆無である。なぜならソックスハンターの大半は学生(かつ紳士)であり、なぜか教師(別の意味で紳士であるが)、風紀委員会(そのような人間は紳士に決まっています)そのほかさまざまな勢力によりマークされているため、ソックスハンターであると宣言できないのである。

なお、風紀委員につかまると校内裁判を通さず、市中(校内の場合もあり)引き回しの上、踏み靴下の刑に処せられると言われている。そのほかの勢力の場合禁則事項ですだったり、ほかいろいろと肉体的そして社会的にいろいろ失うことになる。

人口[編集]

ソックスハンターの大半が地下にもぐっている者や内緒にしている者[4]であるため、ソックスハンターの正確な人口は不明である[5]。ただし、いろんな組織の人間たちが組織の垣根を越えてソックスの話をする「茶会」がひそかに行われていると言われているアンサイクロペディア内では、この記事にかかわった人々が怪しいと思われるが、詳細は不明である。

ソックスネーム[編集]

ソックスハンターになった者は「ソックス●●」というソックスネームを名乗る。ソックスハンターをやめてもそのソックスネームは残る。そのため、のちのち発覚する可能性があり、その場合のダメージはかなり大きいと言われている。

主なソックスハンター[編集]

  • ソックスバトラー
  • ソックスバット
  • ソックスタイガー
  • ソックスロボ
  • ソックスステルス
  • ソックスギャルソーン
  • ソックスファルコン

[6]

ソックスハンターの今後[編集]

やはり敵対する組織があるため、ソックスハンター達は闇にまぎれて活動しなくてはいけないのが現状である。 特に学生ソックスハンターを追う風紀委員会のように「捕まえる」のではなくもはや「公開処刑」としか言いようがないほどの火力があると言えよう。

だが、靴下がある限りわれわれソックスハンターは絶滅しない!ソックス!ソックス!ソックス!

ソォォォォォォォォォォックッスゥゥゥゥゥ!

ソォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォックスゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥ!!!

八百科事典におけるソックスハンター[編集]

アンサイクロペディア等々において、ソックスハンターという単語は別の意味を持つ。

すなわちソックスパペットを発見し、それを管理者に報告、そして処刑することを生業とする連中である。

しかしそのような連中は往々にして俺以外全員ソックパペット状況に陥り、自分がソックパペットに変質してしまったり、ネット上世界はおろかリアル世界からも脱落してしまうという問題が発生する。

脚注[編集]

  1. ^ 市中の研究家、なお紳士とのことである。
  2. ^ また、別の説では「大半が学生であるため、学校が制度化されたころから発生したのではないか」と言われている[要出典]。なお、日本ソックスハンター協会の原型が白い靴下財団という1901年設立の組織であることからこの年にはすでに存在したという説もある参照元
  3. ^ また、別の流派も存在すると言われているが、この「流派」に関しては詳細不明である。
  4. ^ 発覚した場合、上記の刑罰のほか、さまざまなものを失いかねないため
  5. ^ なおいくつかあるといわれている協会秘密結社となっている上に、それらの協会は人数を公開していない。
  6. ^ 上記の名前は匿名の現役ソックスハンターにより確認されたものである。

関連項目[編集]

Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「ソックスハンター」の記事を執筆しています。