ゼロベース

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「普天間基地代替施設移設問題」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「第0基地」の項目を執筆しています。
「全ての基地外は我々がいただいた。」
ゼロベース について、CATS

ゼロベースとは、日本およびアメリカ合衆国が日本近海に建設を予定している軍事基地。

概要[編集]

米海兵隊の普天間基地を移転し建設される軍事基地であり、台湾や沖縄近海での、中露南北朝鮮等との武力紛争を想定しているとされる。ゼロベースには西太平洋における海兵隊実戦部隊のほぼ全てが収容されることとされており、現在の普天間基地よりも質・量共に拡充されたものとなる予定。

一方で、沖縄県の瑞慶覧に置かれている海兵隊第一海兵航空団司令部は、グアム島付近への移転を予定しているため、高学歴で倫理性の高い士官+事務屋どもはいなくなり、地位協定の継続により、いっそう沖縄県民出生率の増加が危ぶまれている。

立地[編集]

普天間基地の移転先は、現在米国政府と日本政府が競技中のため不明であるが、基地外の地域住民に配慮して、沖縄県内ではなく県外に設置されるといわれる。しかし沖縄県にある既存の軍事基地と連携し作戦行動が可能である。

台湾海峡や朝鮮半島にほど近く、なおかつ沖縄県からも至近な立地に設置されるという。米軍のヘリコプターが無給油でソウル、台北へ飛行可能な位置が適地とされ、沖縄県から遠く離れたグアムやサイパン、大阪民国など日本国外への設置は想定されていない。

なお、飛行場を海上に設置する際には、地元業者と地元政治家にウラ金が落ちる埋め立て工事が一般的だが、環境負荷は極めて高く、漁業権補償も巨額なものとなるため、現在の構想では、浮体式が想定されている。

陸上案としては、普天間基地現状維持などのつまらない案のほか、すでに徳洲会病院などが立地し腎臓量産により商業的利益が見込まれる、徳之島や宇和島など離島への設置が検討されている。

滑走路[編集]

戦略輸送機の離着陸が可能な1600m以上の滑走路を建設する予定である。

新聞報道では、建設について滑走路の紆余曲折が予想されるとされ、一部夕刊紙で曲がりくねった滑走路の図面が報道された。少なくとも2個以上のカーブが図から読み取れることから、滑走路の数は実質3本以上と考えられる。滑走路の全体工事には、各カーブ部分の誘導路とあわせ、最低でも長辺3500m、短辺2000m、おそらくは6000m四方程度の面積が用地として必要である。

騒音問題から、滑走路は既存の市街地から十分離れた位置に建設される。普天間飛行場が建設された際には、沖縄戦で完全に更地になって以来、付近に住宅や集落など全く存在しない辺鄙な場所であったことは禁則事項です

所属部隊[編集]

コンフェデレートエアフォースが配備を予定する戦闘機
  • 米海兵隊 - 主に第36海兵航空群の各部隊が引き続き配属される。
  • 海上自衛隊 - 南西航空混成団のうち、第83航空隊の一部が移転を予定している。F-2戦闘機が主に配備される見通し。

また、民間軍事会社であるコンフェデレートエアフォースも、ゼロベースへの駐留を予定しており、現在同社は世界各地からA6M2戦闘機を集めていると一部週刊誌報道された。

民間航空[編集]

サウスウエスト航空が参入予定。普天間飛行場でも運用実績があり、格安航空会社とはいえ安全性が高いことで知られる。

死亡事故としては、吹雪の際にオーバーランして自動車を轢いた事故が1件あるのみで(2010年1月現在)あるが、アメリカ本土では、与圧のトラブルからフットボール場大の穴をあけた例がある。

防御設備[編集]

社民党によるゼロベース案

鳩山首相(当時)によると、想定される基地の運用について、「あらゆる可能性を排除しない」としていた。

軍事専門家によれば、脅威となる攻撃について、全面核戦争は当然のことながら、直径400キロの隕石による大質量兵器攻撃まで想定された軍事基地であると想定されている。このため、地下3000mまで156の装甲に防護されているとの報道があり、地球全体が破壊されるような事態であっても十分な抗堪性を確保しているとされる。

また、地理的問題と防御上の課題から、移動式の基地となるという説もある。現在、大規模軍事基地を設置できるほどのメガフロートは実用化されていないが、技術的には可能であるとの説が一般的である。しかし、沖縄周辺海域は台風の通り道として知られ、災害時の安全性を危ぶむ声がある。

菅首相によると、アジア太平洋地域の平和と安定のため、アングルドデッキや蒸気カタパルトを持つ大型護衛艦を6隻建造し、海兵隊の訓練の大部分を艦上に移すという。日本の従来の護衛艦はガスタービン・ディーゼルエンジンなど化石燃料に依存する動力源を持つが、これらの新型護衛艦は、CO2をほとんど排出しないクリーンエネルギーで動作し、無給油で全世界どこへでも友愛活動を行う共同の特殊部隊を派遣可能だという。一部報道によれば、ゼロベース建造にあたり、海上自衛隊では6万トン級の重航空護衛艦を計画している。米国と共同運用のため艦名は英語化されており、1番艦は「ユナイテッド・ステーツ」と命名される予定である。

一方、名護市長は「海にも陸にもつくらせない」と反対を表明しており、海上および陸上での建設ではないとの見解もある。根本的な対策として、基地を空中に浮かべ、必要ならば宇宙空間でのうn

死亡確認.jpg
死亡確認

ごめんなさい。ごめんなさい。
この時代ではお伝えできない事実が含まれていたため、投稿者は消去しました。