セーラー服を脱がさないで

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
この記事には冗長性が不足しています。
改善には十分なメモリーとブロードバンド回線と大きなディスプレイくじけぬ心が必要です。
アンサイクロペディア法
を熟読した上で、分量を増やして下さい。

セーラー服を脱がさないで(せーらーふくをぬがさないで)は、1985年に発表されたおニャン子クラブの創始曲である。同年の代表曲ともなり、現在でも知名度は高い。

曲の概要[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「セーラー服を脱がさないで」の項目を執筆しています。

発表当時はかなり人気がありその知名度が極めて高いうえ、テレビなどでもたくさん流されたことから、意外と認知されていないことであるが、この曲は「肉体関係を連想させる」として放送禁止曲に認定されていたことがある。

曲の発表される年の2月に新風俗営業法が施行され、成人映画などに対する締め付けが強化される動きが高まっていたが、作詞者の秋元康は半ばそれらに対する反抗心で歌詞を書いたといわれており、そのためよくよく歌詞を見ると、よくもこんなのをお茶の間で流せたものだと思われるような表現が多々散見される。「週刊誌みたいなエッチをしたいけど、全てをあげてしまうのはもったいないから」などといった所は代表的なものであり、そもそもセーラー服云々というタイトルの段階で、無理があるのでは……という声も存在した。

また、この曲を女性のグループに歌わせた根性が、今でも見上げたものだと賞賛に値されることもある。そもそも「おニャン子クラブ」を輩出したテレビ番組は『夕やけニャンニャン』であるが、その「ニャンニャン」だって高部では「性的行為の隠語」とされていたものであり、本質を調べると「案外凄まじい曲」が世には流通していたりするということを、この事例はよく示しているといえよう。

関連項目[編集]


この項目「セーラー服を脱がさないで」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)