セーター

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「セーター」の項目を執筆しています。

セーター(雪踏、Sweater)は、の贈り物に最適である。

概要[編集]

丈によって更に細分化されるが、ここでは割愛する。

主に毛糸を編んで作った履物で、プルオーバー(Pullover)とカーディガン(Cardigan)に大別される。

プルオーバー
文字通り引っ張り上げて膝上まで保護する丈の長いタイプ。正式にはプルアップオーバーニーセーター(Pull up Over knee sweater)と呼ばれるが、面倒なので省略される事がほとんどである。
カーディガン
ガーディアン(Guardian)が訛った呼称で、足先の保護に特化している。プルオーバーとの最大の違いは「前開き(足は踵を前とする)になっている」形状にあり、主に鞐(こはぜ)と呼ばれる金具によって開閉し、着脱を容易にしている。足袋当て字されることがある。

由来[編集]

毛糸は保温効果と発汗性が高く、(主に足の裏)から(Sweat)と一緒に老廃物を排出、新陳代謝を促す美容術が11世紀にノルマン人によって発見[1]され、ガーンジー島マン島にもたらされたのが起源である。そのため、この両島がセーター(Sweater。汗をかくもの、の意)発祥の地であるとする迷信がいまだに信じられている。

欠点[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ロバート・スコット」の項目を執筆しています。

汗をかくほど暖かいのはいいのだが、いかんせん吸湿性が高く、かいた汗の湿気をダイレクトに吸ってしまうため、すぐに冷えてしまう。まして雪の上など歩けば(雪踏)、凍傷にかかるであろうことは言うまでもない。結局のところ、見た目ほど快適なものでもないのであった。現にセーター(毛糸の力)を過信したイギリスの探検家・スコット南極で遭難死している。

用途[編集]

色とりどりの糸の一本一本に、念が込められている。

セーターは体型に合わせてを裁断・縫製するカットソー(Cut and sewn)に比べて手間暇をかけなければならないため、思いを伝えるには最適[2]である。夜なべして一生懸命編み上げたセーターを、特別な日(例えばバレンタインデー等)にプレゼントすると、あなたの必死(笑)真剣さに相手はたじろぐこと間違いなしである。一編み一編みに、ドロドロした怨念祈りを込めてあげよう。

脚注[編集]

  1. ^ ……と主張しているが、実際はシチリアを侵略した時、島民から無理矢理聞き出したものである。
  2. ^ 良くも悪くも、気持ちの「重さ」だけは間違いなく伝わる。

外部リンク[編集]

関連項目[編集]