セ・リーグ監督によるわんこそば早食い競争

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
この記事は、en:Axis of Evil Hot Dog Eating Competitionから翻訳されていません。


2010年の早食い競争の様子。左から阪神真弓監督、巨人 ・ 原監督、中日 ・ 落合監督

セ・リーグ監督によるわんこそば早食い競争Ce-League Manager Wanko Soba Eating Competition/せ・りーぐかんとく - はやぐいきょうそう)は、プロ野球セントラル・リーグペナントレース上位3チームの監督によって、日本シリーズ出場権を賭けて年に一度行われるわんこそば早食い(大食い)競争である。セ・リーグのメンバーの誇りの源であり、このコンテストに自チームの監督が出場することは各球団の選手にとって最高の栄誉である。

また、コンテスト期間中は、セ・リーグのあらゆる野球ファンが注目する。

沿革[編集]

セ・リーグ監督によるわんこそば早食い競争の歴史は、2006年に遡る。当時、セ・リーグ運営部は低迷するプロ野球人気に頭を抱えていた。そして、「なんとかペナントレース終盤までファンの関心を引き付けられる、エンターテインメント性に富んだシステムはないだろうか?」と知恵を搾りあった。

そして幾度にもわたる討議の末、ペナントレース半年間の努力をムダにする『セ・リーグ上位3チームの監督によるわんこそば早食い競争』が成立した。

ルールと賞品[編集]

ルールは単純明快である。「30分間で可能な限り多くのわんこそばを食べること」。最も多くのわんこそばを食べた者が、コンテストの優勝者となる。優勝者には黄金のトロフィーと、自身が監督を務めるチームが日本シリーズに進出してパ・リーグ覇者と日本一を争う権利が与えられる。

最近の優勝チーム[編集]

関連項目[編集]

ExSport.png アンサイクロペディア未特集記事
本項はアンサイクロペディア英語版メインページで特集されていません。