セ・パ交流戦

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「セ・パ交流戦」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「セ・パ交流戦」の項目を執筆してくれています。
交流戦名物のロッテの挑発ポスター

セ・パ交流戦( - こうりゅうせん)とは、日本プロ野球で5月下旬から6月上旬に行われるパ・リーグによるセ・リーグへの公開処刑イベントである。

概要[編集]

このイベントが開始される前、野球中継のほとんどは巨人などセ・リーグばかり放送されていて、パ・リーグはほとんど中継されていなかった。知名度を上げたくパ・リーグは交流戦をやりたがっていたが、セ・リーグサイドが収入が減るから嫌だと拒否していた。しかし、2004年にこれまでのプロ野球界における問題点が一挙に噴出してしまい、なんとかしようということから翌年の2005年からやることが決まった。しかし人気のセ・リーグ実力のパ・リーグと言われるように、セ・リーグの貯金を毎年パ・リーグにごっそり持っていかれるためセ・リーグ側(特に球界のドン)から不満が噴出、2007年に36試合から24試合に、2015年には24試合から18試合へと半減している。

自分のチームが仮に日本シリーズに出場したときのための予行演習にもなっている。

ルール[編集]

  • 基本的にペナントレースと同じ。
  • DH制はパ・リーグ主催ゲームのみ許されている。
  • 雨で試合が流れた場合は予備日を使ってペナントレース再開前までに消化しなくてはならない[1]
  • 在京キー局は最低でも1試合は全国放送すること。

組み合わせ[編集]

交流戦はいつもとは違うゲームが楽しめるので、話題を呼ぶにはもってこいである。ここではその一部を挙げる。

広島×楽天
赤系対決。この試合が組まれると球場の観客席はホーム席とビジター席の境界が分からなくなる。なお、この広島仙台便の飛行機は少ないため、このカードが行われる際は移動日が最低一日設けられる。
阪神×ソフトバンク
黄系対決。こちらも球場の観客席はホーム席とビジター席の境界が分かりづらい。両チームのファンによる執拗なアウトコールが飛び交う。日本シリーズでもしょっちゅうぶつかっているチーム同士でもある。
広島×オリックス
このカードは、野球の試合だけではなくカープ女子とオリ姫の応援合戦3本勝負が見られるある意味注目のカード。
阪神×オリックス
関西ダービー。関西の球団同士のプライドと何かが関西の野球ファンの血が騒がせる試合であろう。
巨人×日本ハム
かつてホーム球場が同じだったチーム同士のカード。ファイターズからすると東京時代のうっぷんを晴らす場となるが、まだ晴らし切れていない模様。
巨人×ソフトバンク
いろいろと共通するところがありそうなチーム同士のカード。巨人黄金期のON砲つながりだったり、ホークスが南海時代から日本シリーズでしょっちゅうぶつかったり、リーグ優勝しておいてクライマックスシリーズ敗退するという屈辱を味わった同士(←これは今のところ)だったり以下略
巨人×西武
かつて黄金時代を築いたチーム同士のカード。日本シリーズの常連チームであり、数々の死闘を繰り広げてきた日本シリーズの因縁相手でもある。ともに球団ワースト記録が13連敗で並んでいる(西武は2015年8月4日、巨人は2017年6月8日に達成)。しかも巨人が13連敗した相手は奇しくも西武であり、13被安打13失点13連敗というぞろ目をたたき出し、なぜか西武ファンに同情された。

成績[編集]

優勝 最下位 勝利数 引き
分け
2005年 ロッテ 楽天 104 105 7
2006年 ロッテ オリックス 107 108 1
2007年 日本ハム 広島 66 74 4
2008年 ソフトバンク[2] 横浜 71 73 0
2009年 ソフトバンク 横浜 70 67 7
2010年 オリックス 横浜 59 81 4
2011年 ソフトバンク 広島 57 78 9
2012年 巨人 ヤクルト 66 67 11
2013年 ソフトバンク DeNA 60 80 4
2014年 巨人 広島 70 71 3
最高勝率 最低勝率 勝利数 引き
分け
2015年 ソフトバンク DeNA 44 61 3
2016年 ソフトバンク オリックス 47 60 1
2017年 ソフトバンク[3] ヤクルト 51 56 1

ご覧のように、パ・リーグがセ・リーグを圧倒していることがよくわかる。セ・リーグがパ・リーグに勝ち越したのは2009年だけである。パ・リーグの全勝(セ・リーグの全敗)という日もかなりあり、2010年には上位(6位まで)すべてをパ・リーグのチームが独占している。事実、セ・リーグで交流戦勝率1位を記録したチームは巨人だけで、セ・リーグで交流戦を連覇したチームはないが、横浜が最下位を3連覇している。特に、ソフトバンク戦はソソソの嵐(罰ゲーム)としてセ・リーグ各球団から恐れられ、2011年にはソフトバンクが日本プロ野球史上初の全11球団への勝ち越しを達成している。

両リーグの順位への影響[編集]

交流戦開始当初、今後のリーグ順位を大きく左右するある意味恐ろしいイベントと言われてきたが、ふたを開けてみるとそうでもないらしい。交流戦は重要と主張する識者もいるが、そうでもない球団もある。

セ・リーグ

ほどよく負けることが最も美しい成績とされている。どの球団にとっても交流戦は鬼門であるため、大型連敗をしてもどんぐりのセ比べから抜け出さず、順位がほとんど変動しないことも多い。逆に、交流戦で少しでも大勝ちすれば勢いがつき、リーグ優勝も近づいてくる。優勝を目指す球団にとっては重要であるが、CSさえ行ければよい球団にとってはリーグ戦再開後の夏バテと秋の風物詩に備えて戦力を温存する場合もある。

パ・リーグ

頑張ってソフトバンクの勝ち星についていくことが監督の務めである。みんなが勝つため、勝っても勝ってもゲーム差が縮まらず、1勝でも取りこぼすと置いてきぼりにされる。そのため、交流戦前までは首位に立っていたチームがBクラスの4位まで下がることもあり、交流戦はまさに地獄である。しかしこの期間中はソフトバンク戦で全く勝てないという苦しみから開放される期間でもある。一方で、リーグ順位にはほとんど影響しないとも言われている。交流戦優勝チームがリーグ戦再開後に息切れすることも多々あり、交流戦下位のチームが何回もリーグ優勝を果たしている。

セ界恐慌[編集]

にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「セ界の終わり」の項目を執筆してくれています。

2015年にギリシャ・リーグ(セ・リーグ)内での醜い争いの結果起きてしまった、日本プロ野球史上初の歴史的珍事である。「セ界恐慌」のほか、「セ界の終わり」、「セ界 NO OWARI」とも呼ばれる。

全球団貯金消滅

交流戦前首位のDeNAと2位の巨人が交流戦で惨敗し、貯金をパ・リーグに大量放出した。6月23日の試合の結果、全球団の貯金が消滅した。

全球団借金生活

7月3日の試合の結果、5割ウォールズ(5割の壁)がパ・リーグを含めても初めて首位に立ち、全球団が借金生活となった。この頃から5割ウォールズ(5割の壁)の重要性が認識されるようになる。

パ・リーグで全球団貯金生活(5割ウォールズが最下位)も予言されているが、まだ実際に起きたことはない。

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

デメリット[編集]

このような交流戦だが、こんなデメリットもある。

  • 報道番組のスポーツコーナーでは、フリップがでかくなる。
  • 神宮球場でのヤクルト主催試合は大人の事情TBSラジオ率いるJRNでは放送できない。これについて、パ・リーグのゲームを普段から放送している一部のラジオ局は地元球団の試合が放送できず困っている[4]
  • 文字通りセ・リーグとパ・リーグの交流試合なので、この期間中巨人対阪神の「伝統の一戦」を見ることができない。そのため、この一戦だけを楽しみにしている野球ファンにとっては憂鬱な1か月である。
  • ソフトバンクの調子を上げてしまうので、交流戦明けのリーグ戦がつまらなくなる。
  • ロッテの挑発ポスターがエスカレートしてくる。
  • パ・リーグTVがやる気をなくす。放送数が3試合から6試合に増えるため、不人気球団のファンは見られなくて涙目。

脚注[編集]

  1. ^ 2014年の交流戦では雨天中止が相次ぎ、特に横浜スタジアムでのDeNA日本ハムは3回も雨で流れて予備日までもを使い切ってしまう事態となり、もしリーグ戦再開2日前も雨天中止となっていたら再開前日にダブルヘッダーとなってしまう可能性もあったらしいが、リーグ戦再開2日前にようやく試合することができたので何事もなかったようだ。
  2. ^ 阪神と同率、同じ勝ち数
  3. ^ 広島と同率、同じ勝ち数
  4. ^ 福岡のRKBラジオはJRNシングルネットであるが、北海道のHBCラジオはJRNとNRNのクロスネットであるにもかかわらずヤクルト主催試合が中継できないというよくわかんない状態になっている。

関連項目[編集]