セレブ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

セレブとは身体に障害を持つ人や精神に異常をキタしている人たちが差別を受けたり、マイナスイメージで見られないようにするために提唱された新名称である。 まあ、一種のポリティカル・コレクトネスであると言っていい。

概略[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「セレブリティ」の項目を執筆しています。

写真家の武壮隆志先生がマイナス的に捉えられやすい世間一般のイメージを、積極的にプラス方向へ変えるために、自ら「カウボーイチルドレン」という表現を提唱したが牧場で真面目に働く本物のカウボーイから苦情が殺到して廃止になった。そこで、薬理凶室のドクタークラレ所長が新たにセレブという呼び方を提唱したことから始まっている。

元々、英語圏のでセレブリティ(celebrity)とは著名人・名士を表す言葉で、特別な権力や財力をもつ人間を指していた、障害者というのは障害者認定を受けることで国から特別な権力と無償で支給される障害者年金という名前の財力を持つことから、セレブという呼び方こそがふさわしいと考えられている。

乙武氏のように極端な身体的特徴によって著名人となった人物が存在することにも由来している。

社会とセレブ[編集]

セレブは就職に際して一般人とは違う特別枠で特別条件で雇用するよう法律で定められている。これは国際連合で採択されたセレブ保護条約(正式名称は身体ないし精神障がい者不可侵条約)を日本が批准したことで制定されたものである。また、大手企業は必ず決められた人数のセレブを雇用することが法律で義務づけられている。

例えば、大手都市銀行などではセレブばかりを集めた専門部署があったりする。この部署は主に資産家でなければ持てない小切手などの製造などを行っている。

また、皇宮護衛官などにもセレブが非常に多い。

従業員5000人以上の企業のセレブの平均雇用率は1.79%と言われている。 最もセレブが多い上位5社は次の通りである。

  1. ユニクロ 7.42%
  2. マクドナルド 2.94%
  3. しまむら 2.83%
  4. すかいらーく 2.82%
  5. パナソニックエレクトロニックデバイス 2.79%

スーパーセレブ[編集]

リーマンブラザーズのユダヤ人社長は「月給一億円ぽっちじゃ仕事なんかやる気で無い」と断言するほどのスーパーセレブである。 スーパーセレブの世界はいつでもハイパーインフレで何でもかんでも異常な値段で売買されているので、彼らの一億円は庶民の10万円ぐらいでしかない。 1000億ドル紙幣が出回っているどっかの国みたいな経済が形成されているらしい。

療養地[編集]

高地療法が有効とされ、主に山の手軽井沢など高地に療養施設が多数存在する。もっとも高ければ高いほどよいというわけでもなく、ペルーなどの高地の国では逆により低地に療養施設が設けられている。ほどほどの高さが良いようである。

関連項目[編集]