セレナ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
行為に及ぶサトシとセレナ
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「セレナ」の項目を執筆しています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「セレナ」の記事を執筆しています。

セレナとは、ポケモン界の水戸黄門様であるサトシが連れ回している助さん格さんの内の一人で、5代目。果たして助さんなのか格さんなのかについては議論が分かれる。またメタモンを所有していないサトシにとっては貴重な肉便器である。

概要[編集]

超(スーパー)マサラ人ことサトシは、アニメポケットモンスターの主人公にして、カントー地方の田舎出身のくせして女をとっかえひっかえするヤリチンとして有名である。彼は、子供のアニメの世界における車寅次郎のような存在で、新しいシリーズが始まるたびに、女を一人ヒロインとして連れ回し、3、4年適当に連れ回した後、捨てる、という行為を繰り返している。

しかし、彼にはピカチュウという正妻がいる。このピカチュウはオスであるが、サトシはバイセクシャルなので何の問題もない。シリーズごとにとっかえひっかえされるヒロインたちは、所詮使い捨ての肉便器に過ぎない。

その肉便器の5代目がセレナである。彼女はカロス地方出身である。ポケモンの世界におけるカロス地方とは現実におけるフランスを原形としており、いいとこ育ちの令嬢である。サトシとは幼いころに出会っていた、という設定があるが、典型的な後付設定であり、よって虚偽の可能性が高い。事実サトシは彼女と昔出会った記憶がないという。そもそも出会ったことがないのだから記憶がなくて当然と言える。

では何故彼女は虚偽の発言をしたのか。サトシは女たらしなので、まんまと彼の魔性に籠絡され、彼に注目してもらいたいがためにありもしない過去を捏造した可能性が今のところ濃厚である。男を魅了する為に過去を捏造する辺り、面倒くさいメンヘラ女の素養を匂わせている。流石はジャンヌ・ダルクを産んだ国フランス(厳密にはそれをモチーフとしたカロス地方)出身と言わざるを得ない。

人物[編集]

獣姦を好み、サイホーンとセックスするのが趣味という尋常ではない趣向を持つ肉食系女子である。同じく肉食系であるサトシとは相性が良い。しかし、今までサトシがヒロインとして連れ回した女はいずれも肉食系なので、彼女のみに特有の傾向ではない。それを考慮してもサイホーンとセックスするのが好きというのは今までのヒロインと比較しても遜色ない強烈な個性であり、大きなお友達の興味を集めている。

男装癖あり

性行為をするサイホーンはオスでもメスでも構わないらしく、また、男装癖がありサトシの服を着てしまった姿が目撃されていることから、バイセクシャルであると考えられる。(それ以降、セレナは兄の嫁を探しているガキに弱みを握られている。)

今までのヒロインとの抗争[編集]

5代目肉便器となったことで、今まで使い捨てられてきた4人のヒロインから怨みを買う立場となった。もっともその4人もサトシを巡って憎しみ合う関係であるため、セレナも併せて5人でバトルロワイヤルの関係を構築していると言える。旧世代の中古よりも新世代の初々しい彼女の方が色々と有利だが(処女かどうかはまた別の話である)、旧作のヒロイン4人はいずれも年季が入った海千山千の兵であり、サトシと過ごした年月も多いので彼を籠絡する術を少なくともセレナよりは熟知している。経験と技術の面ではセレナの方が不利と言える。

結果として、誰がヒロイン抗争に勝利しようが正妻であるピカチュウに勝つことは出来ない。なので、セレナが他の4人を降そうが、他の5人から勝者が生まれようが瑣末な話である。

関連項目[編集]


スーパーサイヤ人3 おっす!オラ悟空。みんな!この記事「セレナ」に元気を分けてくれぇぇぇ!!! (Portal:スタブ)


Upsidedownmainpage.jpg 執筆コンテスト
本項は第34回執筆コンテストに出品されました。