セミ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

セミ(背美)とは、地球生まれのバルタン星人の姿である。

概要[編集]

見た目こそ昆虫そっくりだがれっきとしたバルタン星人。元々は地球侵略のために送り込まれた工作員が現地で産んだ子供だが、生まれて間もないバルタンは数年~17年の間地中に潜ってその星の大地のエネルギーを吸収する習性があり、地球のエネルギーがバルタン星よりも弱かったせいで現在の姿になった。全てにおいて普通のバルタン星人に大きく劣り、当初の目的である侵略にはほとんど貢献していない。成人して大地から離れると、ただでさえ弱い地球のエネルギーがどんどん流出していって急激に体力を消耗し、1週間前後でHPが0になってしまう。数年間の苦労を考えると同情せずにはいられない。

そんなセミたちには、人間にと呼ばれる動きを封じる兵器に閉じ込められてしまう。それが子供である確率は高い。捕獲されてもうるさいバルタン星人である。また、最悪の場合は取り押さえられて、羽や脚をむしり取られる。羽をむしられてしまった個体は、飛行能力というステータスが0になり、歩くという基本的な運動を強制的にやらされる。飛ぶという概念のない人間の気持ちが、羽をむしられたセミにはよく分かる。また、羽はむしられなくて済んだが脚をむしられた個体は、飛ぶことはできても木に止まれず、永遠に体当たりすることになる。どちらにせよセミたちにとってはつらいことだろう。たまにバカな個体は、羽をむしられても何もない背中を震わせて飛ぼうとするという検閲により削除な行為をする。まあ、羽をむしられてお察し下さいな体になったセミが、恥ずかしいのを我慢してやっていることである。

装備[編集]

本家バルタンには勝てないものの、昆虫として見ればそこそこ高いスペックを誇る。

本家と違って成人してもネコ耳は付けない。儀式に遭遇した人間に殺される確立はほぼゼロだという。何らかの超能力で殺意を抑制しているものと思われるが詳細は不明。何故か人間以外の相手には効かない。
  • 騒音発生装置で人間を発狂させる
日本人には無効、それどころか癒してしまう事もあるという。今では一部の短気な外国人にしか効かない。雄専用の装備で胸板に仕込まれているため、蝉を擬人化する際は注意が必要。もしその蝉が雄だった場合、君はガチムチ兄貴が胸板をピクピクさせてメロディーを奏でる光景を描く事になる。
  • 材木を貫く口の針
針は中空になっているのでエネルギーを吸収する事も出来る。長さも結構あるので刺せばネズミ位殺せる筈だが何故か武器として使う事はない。
  • 逃げる間際に小便を発射する
最終奥義。吸収した木のエネルギーを飛び立つ瞬間に放射し、下にいる人間に浴びせて混乱状態にする。混乱した人間はオロオロして走り回るか極端に暴力的になる。

主な種類[編集]

  • アブラゼミ
昔はこいつを潰して油を搾り出していた。茶色いのでアブラムシと間違われたのが名前の由来という説も。ミサイルの様に街中を飛び回りカラスの様な地獄絵図になる事も。地面によく転がっているセミの死体は、ほとんどこのセミの死体。
よく間違われるが、こいつの鳴き声は「ミーンミーン」ではない。
  • ミンミンゼミ
「ミーンミーン」はこっちの声。光学迷彩を装備しようするも失敗、結局羽だけが透明になった。
  • ツクツクホーシ
鳴き声を発するのに助走ならぬ助奏が必要な変わり者。その鳴き声も相当変わっている。
最も凶悪なセミ。鉈を振り回し爪を剥ぎ取り橋から突き落としバットで叩きのめす時報係
  • クマゼミ
ひょんな事からクマの体液を吸って突然変異したセミ。突然変異といっても体が大きくなっただけなのであまり気付いてもらえないのが悩み。
  • 17年ゼミ
17年に一度姿を現す伝説のセミ。17歳教のシンボルにもなっている。

亜種[編集]

このセミを飼うと勉強、部活、恋愛など全ての物事がうまくいくというが、捕まえた途端に面倒臭くなって手放してしまう事が多い。
夜中に鳴き出す困ったセミ。
  • 自動セミ
の中に住むセミ。リボルバーと一部の機関銃ライフルを除きほぼ全ての銃に寄生しているという。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「セミ」の項目を執筆しています。


この項目「セミ」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)