セプテット

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
この記事にはユーモアが不足しています。治療には十分な栄養と日光愛情砂糖が必要です。
ユーモアの摂取方法にも十分気をつけましょう。

セプテット(septet)とは、7人の泣き女である。

概要[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「泣き女」の項目を執筆しています。

古来より貴人の死没に際し、その遺徳を偲んで泣き声を上げる「泣き女」という職業が存在しており、カネと暇にモノを言わせた遺族が故人の偉大さをアピールするために大勢の泣き女をアルバイトに雇ったと言われている。泣き女が流行した結果、大きな都市では毎日必ずどこかで誰かが死ぬため、泣き女の声があちこちで響き渡った。その騒音被害に耐えかねた時の君主が「泣き女は身分に応じた人数しか雇ってはならない」という布令を出し、泣き女は最高でも7人までとされたのであった。

人数[編集]

嘆き悲しむ女たち。これは規制前の光景。

かくして身分によって決められた泣き女の人数は、以下の通りである。当人の死亡と同時に泣き女の申請を提出し、生前の功績や門閥によってその人数が査定された。

ソロ(Solo)
泣き女は1人。誰でも一人くらいそのを悼む者がいてもいいだろう。担当パートは泣き×1名(当然である)。
デュオ(Duo)
泣き女は2人。主に富裕層や特に善行の認められた平民がこの人数を許された。担当パートは泣き×1名、嘆き×1名。
トリオ(Trio)
泣き女は3人。騎士に叙任された者は最低限この人数を許された。担当パートは泣き×1名、嘆き×1名、叫び×1名。
カルテット(Quartet)
泣き女は4人。軍役に就いた者の中でも、特に功績のあった者だけがこの人数を許された。担当パートは泣き×1名、嘆き×1名、叫び×1名、喚き×1名。
クインテット(Quintet)
泣き女は5人。主に大臣級の格を有する者に許された。担当パートは泣き×1名、嘆き×1名、叫び×1名、喚き×1名、呻き×1名。
セクステット(Sextet)
泣き女は6人。の側室や下女たちの中で、アーン♥♥な関係にあった者だけが許された。要はエコ贔屓である。担当パートは泣き×1名、嘆き×1名、叫び×1名、喚き×1名、呻き×1名、悶え×1名。

そして最高クラスのセプテットは泣き女が7人。王族にのみ許された最高の栄誉であるが、結局のところはただやかましいだけで愁傷にをすり込まれるような不快感しか残らないのであった。どうでもいいが担当パートは泣き×1名、嘆き×1名、叫び×1名、喚き×1名、呻き×1名、悶え×1名。そして王様あるいはその後継者×1名である。

その後[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「亡き王女のためのパヴァーヌ」の項目を執筆しています。

いかにも辛気臭いとして泣き女の風習も廃れてしまい、単に7人組およびその演奏する楽曲をセプテットと呼び習わすようになったのであった。かの有名な[要出典]亡き王女のためのセプテット』は後継者争いに敗れて粛清されてしまったお嬢様に奉げられた最後の泣き女演奏であった。また、その様子があまりに愉快(パヴァーヌ、Pavane)であったことから、フランスのモーリス・ラヴェルが1899年に作曲した『亡き王女のためのパヴァーヌ(Pavane pour une infante défunte)』の元ネタになったとも言われている。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「七人組」の項目を執筆しています。