セックス制限法

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Justice and Law 2.png
法令情報に関する注意: この項目は特に記述がない限り、日本の法令について解説しているのかもしれません。最新の法令改正って何でしょう?
ご自身が現実に遭遇した事件については、このような場所に入り浸らず、その現実と向き合って解決して下さい。免責事項もお読み下さい。

セックス制限法(―せいげんほう)とは、異性間の性交を大幅に制限した法律の総称。2000年問題細木数子が子作りを促進したために生じた社会的混乱を抑えることを目的に制定された。

構成[編集]

一般的にはセックス制限法と呼称されるが、これは以下の法律の総称である。

  • 性交制限基本法
  • 男女間の性器結合の規制に関する法律
  • 零細風俗店およびデリバリーヘルスの規制に関する法律
  • 自慰行為の促進と性器結合に及ばない性風俗産業の支援に関する法律
  • 特殊宿泊施設の制限に関する法律
  • 12月24日及び12月25日における過剰な恋愛扇動の規制に関する法律
  • 2月14日におけるチョコレート類の贈与の規制に関する法律
  • 恋愛障害者の社会的地位向上に関する法律

性交制限基本法前文[編集]

性交制限基本法の前文は以下のとおり。

健全な家族計画と経済計画に則り、健康で秩序ある性生活を営む権利と義務を有する。こうした理念を実現するために、不用意な性行動と想定外の妊娠を回避し、よりよい家族生活を営み、以ってわが国および国際社会の健全な発展に寄与しようとするものである。昨今の人口爆発は、秩序なき破廉恥な男女交際と売春の蔓延によるものであり、そうした行為の抑制はわが国に限らず世界的な課題となりつつある。本法律および関連法では、性行為の秩序を示し、より健全な性文化と人口構成の構築に寄与するものである。

経緯[編集]

1999年に細木数子がテレビのバラエティー番組で子作りを扇動したために、中出しでセックスをする若者が爆発的に増加した。そのために2000年に爆発的な出産ブームとなり、産科医師・助産師や保育施設不足が深刻化した。また、将来的には学校の教室の不足、受験戦争の過熱、就職氷河期の再来なども予想される事態となった。こうしたことから政府はこれ以上の出産を抑制すべく、セックスを大幅に制限するための関連法案を2000年の臨時国会に提出、その後の政権交代による混乱の中でも継続審議を繰り返し、最終的には2123年に可決、成立し翌年4月から施行された。当初の提出法案は妊娠の増加を抑えることが目的だったが、モテない男女たちの意向により、セックスそのものを規制することに主眼が置かれるようになった。

内容[編集]

基本となる内容は以下のとおり。

性交税の徴収[編集]

セックスに関して税金(性交税)を徴収し、セックス抑制効果を生み出した。たとえば、

  • ラブホテル利用時、1カップルにつき3,000円
  • コンドームまたはペッサリー1つにつき300円
  • ピル1錠につき100円

さらにセックスを連想させるものに関しても課税対象となる。たとえば、

  • 夜10時以降の男女2人での居酒屋利用に1,000円
  • 夜9時以降の男女同数でのカラオケ利用に2,000円
  • 夜9時以降の男女2人での観覧車利用に500円
  • 30歳以下の男女2人でのホテル利用に2,500円
  • クリスマスやバレンタインデーでは男女2人での外出には許可証(1通2,000円)の所持を義務付け

性風俗産業の規制[編集]

性風俗産業を隠れ蓑に、自由恋愛中の男女がセックスすることを防ぐために、無店舗型性風俗産業を大幅に規制した。この法律に違反して男女が自由にセックスを行った場合、3年以下の懲役とともに付加刑として精管切除または卵管結紮が課される。

喪男・腐女の社会的地位向上[編集]

性交経験のない男女は優遇される。30歳まで一度も性交したことがない男女に対しては国から童貞恩給・処女恩給が支給される。また、公務員の場合は昇進も早くなる。現在では精度の高い童貞・処女判定の研究も行われている。

セックス禁止法制定に対する前向きな取り組み[編集]

地球温暖化や環境破壊の原因ともなる67億人もいる世の中を直すために、人口をある程度減らすためのセックス禁止法制定に向けた取り組みがなされている。

その他[編集]

この法律は過剰な出産の抑制を目的としているため、同性間の性交は規制対象から外されている。

影響[編集]

童貞恩給・処女恩給を受給する高齢童貞・高齢処女が増加し、ニートや引きこもりは贅沢をしなければなんとか自分のお金で食っていけるようになった。反対に、セックス大好きのプレイボーイはいつもお金に困るようになり、いかに低価格でナンパ(ヤスナン)するかが求められるようになった。

歴史上におけるセックス制限法[編集]

閨房禁止令[編集]

日本江戸時代後期、九州地方の唐島藩において、当時の藩主である小倉忠輝の命により、このセックス制限法と同様の趣旨を持つ『禁令百七拾五条』、俗に言う『閨房禁止令』が出されたことがある。

この禁令が出された経緯については、在野の歴史研究者などにより複数の説が唱えられているが、確たるものは無い。ただし、有力なものとしては、当時、正室清姫とうまくいっていなかった忠輝が、ある日城下を視察した折、セックスの快楽に浸る庶民たちの姿を目の当たりにし、我が身の窮屈さに大いに憤満を抱いた事が原因であったという説がある。ちなみに、この正室清姫はやりまくり将軍として名を残す徳川家斉の54番目の子であり、父親に似てやはりその方面では大変にタフな女性であった為、当初は忠輝との仲がうまくいかなかったと言い伝えられている。

この閨房禁止令が出されるや否や、現代のセックス制限法とは逆に、唐島藩内は大混乱に陥り、挙句には一揆まで発生したという記録が残る。もっとも、この騒動は程なく忠輝公が自省し禁止令を撤廃した事で無事に収束した。翌年、唐島藩には未曾有のベビーブームが到来、藩の人口は一気に倍増し、その後この唐島藩と小倉家は九州の雄藩として幕末まで安泰であった。なお、当時は現代とは逆に人口が増加する事がそのまま繁栄に直結する時代であった。

禁止令を出した忠輝公は禁止令撤廃から程なく、ようやく仲がうまくいくようになった清姫と睦み合っていた最中に腹上死したと言い伝えられている。

この唐島藩における一件については、それによって生じた藩内の社会混乱を東映の撮影班が記録していた事で知られる。この記録映像は後に編集され、ドキュメンタリー映画『徳川セックス禁止令 色情大名』として公開されている。

関連項目[編集]