セウォル号沈没事故

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
セウォル号から転送)
移動: 案内検索
Winding tower of Shime.jpg
この記事は、かつて“現在進行中の事に関する記事”と呼ばれており、誰もが先を争って編集していたホットな記事でした。
しかし、今はどうでしょう。この記事が最後に編集されたのは、もう11ヶ月も前のことです。みんな、この記事のことも、この記事で扱われていた主題のことも、忘れてしまったのです
どうか、せめて54.160.245.121さんだけでも、この記事のことをいつまでも憶えていて下さいますように。

この記事については以下のようなことが主張されているようです。

  • この記事は誤りと嘘八百でいっぱいの百科事典であるアンサイクロペディアに掲載されています。ここにあるコンテンツはその全て、もしくは一部がフィクションですが、同時にそうではない可能性もあるなど、言うなれば「超フィクション」の状態にあります。つまり、全て嘘八百ということです!したがって実在する人物・事件・団体とは一切関係ありません!
  • ここにはあなたの社会的評価を害するに足る事実はありません!名誉毀損で刑事告訴しないでください!
  • あなたの社会的評価は全く傷付いておらず、損害は全く生じていません!損害賠償請求しないでください!
  • あなたの経済的評価を損なう危険は全くありません!信用毀損で刑事告訴出来ますが、時間の無駄です!
  • この記事を読んであなたが当局に逮捕されても、一切責任を負いません!
  • Akajisoshou.gifそのほかこの記事のために発生した損失や損害について、一切責任を負いません!

セウォル号沈没事故(せうぉるごうちんぼつじこ)とは、2014年4月16日に仁川から済州島へ向かっていた船が珍島沖で沈没した海難事故。犠牲者が100人を超えているといわれているがウリたちがそのような事故を起こすはずがなく、運営会社がウリたちの評価を下げるために流したデタラメである。

概要[編集]

4月15日午後9時、修学旅行生334人を乗せたセウォル号は定刻より3時間遅く出航した。この遅れを取るために有能な船長が速度を上げて航行していく。しかし翌16日8時50分ごろに減速、傾いて船体に水が入ってきた。52分に乗客が消防に通報し、55分、船は救難信号を出す。55分に海上管制センターが救命胴衣を着けさせ避難ボートで乗客を避難させるように指示させ、全員が避難に成功し船から脱出。乗客の後に乗員が脱出し死者0人という奇跡的な結果を起こした。

その後、万が一乗員乗客が船に残っていないかを調査するために自国の海上保安庁や米軍などと協力して捜査するが残っているものはいなかった。

なお、死者・行方不明者が100人を超えているという説や他国と協力せずに捜索したなどという情報があるが、ウリたちは世界と友好的な関係を築いており、友好的な関係にあるアメリカなどの協力を得ることができたため、そのような情報は間違いである。

事故の原因[編集]

セウォル号は日本から売却された船である。そのため、日本での整備不良が原因と言われているが、実際の事故の原因は貨物・車の積みすぎや、売却・譲渡後に改修を行ったことが原因と言われている。しかし、ウリたちがそのような命よりも利益という経営をするはずがないため、真の原因は謎に包まれている。

政府の対応[編集]

政府の対応は誠実に次ぐ誠実であった。また、生存者の情報も当初から「全員救助」と報じており、しっかりと全員が珍島に帰還したことなどからも誠実であったといえよう。この功績が認められ、韓国は「三流国家」に二階級特進することとなった。

なお、朴謹恵大統領に対し罵声が飛んだとの情報や、修学旅行に行っていた学校の校長に水がかけられたとの情報があるが、修学旅行のせいでこのような事故が起きたことの責任逃れをしたい運営会社が流したデタラメである。

その後[編集]

その後、乗務員らは逮捕されたが死人は出ず、救助をしっかりと行い最後に脱出したため釈放された。また、運航会社の会長は事故について自らを責めた挙句白骨死体となって見つかった人格的に世界一の人間である。なお、これについて「5月に見つかったのに7月までDNA調査をしなかった」「背丈が違う」などと言われているが、これは運営会社が嫉妬したために流したデタラメである。

結論[編集]

ウリたちの誠意ある対応で大惨事は免れたものの、整備不良などを考えれば運営会社が全責任を負うべきニダ。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「2014年韓国フェリー転覆事故」の項目を執筆しています。