ズゴック

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ズゴック」の項目を執筆しています。

ズゴックZ'GOK)とは、ジオン目水陸科ズゴック属に属する巨大甲殻生物である。

概要[編集]

地球のジャブロー近海に生息するに似た巨大生物で、ジムを主食としている以外詳しい生態はわかっていない。爪は毒こそないが鋭い。ただし、手を出して怪我するのは、引っかき傷より刺し傷が多い。6~9月に発生するズゴックの大横断はジャブローにおいての風物詩である。宇宙世紀0079年11月30日には、季節外れの大横断が起こった。

主に食用として年間1万トンほどが水揚げされているが、近年、天敵のガンダムの大量発生などにより生息数は年々減少傾向にあり、専門家の中には遠からず絶滅する可能性を指摘する者もいる。腕部が美味とされるが、通は一体につき一つしかとれない、モノアイを至高とする意見が多い。

外見がゴッグアッガイに似ており、何らかの関係があるのではないかという声もあるが、やはり詳しいことはわかっていない。

種類[編集]

ズゴック[編集]

最も多く水揚げされる種類。ジムの天敵だが、同時にガンダムが天敵であり、近年は数が減っていると指摘されている。

シャア専用ズゴック[編集]

たまに捕獲されるいズゴック。普通のズゴックよりも味がよく高級食材として知られるが、通常の3倍傷むのが早く、腐ったものを食べるとまるで腹部を貫かれたような激痛に襲われる。

これに限ってはガンダムに対してある程度耐性を持っているようで、あまり数が減っていないが、そもそも絶対数が少ない上にズゴック自体が減少しているため、こちらも絶滅する可能性が指摘されている。

ズゴックE(イー)[編集]

ジャブローの南南東海岸沖において取れるズゴック。南極の海で鍛え上げられた(・∀・)イイ!!ズゴックであり、締った身と濃厚な味から、高級ブランドとして珍重される。

ゾゴック[編集]

ズゴックもどき。色はシャア専用に近いが、身が少なく食用には向かないとされる。南米アマゾン川流域に僅かに生息するが、それ以外の地域ではあまり見られない。 爪ではなく手が生えていることから、ズゴックからの雑種という説が高い。

ゼーゴック[編集]

時折宇宙から飛来する謎の生物。その正体は分かっておらず、エイリアン説やジオン軍の新兵器説などがあるが真相は未だ闇の中である。下部に巨大な構造物を抱えているのが特徴だが、卵の塊である、とするのが通説。

関連ページ[編集]

Shootgun.jpg シャア・アズナブル「足が付いて無いようだが?」ジオン技術士官「なんて只の飾りです!偉い人にはそれがわからんのです」 (Portal:スタブ)