ズクダンズンブングンゲーム

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
出典: 八百科事典アンサイクロペディア

ズクダンズンブングンゲームとは、現在日本小学生の間で流行している、にらめっこエクストリームスポーツである。ルールの複雑さにもかかわらず、日本国内で大きなブームを呼んでいる。

歴史[編集]

もともとインドネシアの舞踊が源流であり、それをゲームに発展させたものであるといわれているが、現在インドネシアではこのゲームは行われておらず、人々から長年忘れられていたが、21世紀に入り川島章良金田哲の2人がこのゲームをピラメキーノの中で復興、日本に紹介して以来、日本国内でブームとなった。

ルール[編集]

要するに、今までの一般的なにらめっことあまり変わらないが、様々な段取りが付加されている。

ゲームの開始[編集]

ゲームは2人で行い、ゲームを開始する際に2人は攻めと守りに分かれる。このときの分け方に特に規定はなく、両者の合意によって決定する。

セット[編集]

両者はまず「はいセッツ!」と呼ばれる姿勢をとり、向かい合う。セットの姿勢には様々なバリエーションがあるが、どのポーズを取るかは決められている。一般的に、最初の対戦では足はガニ股、向かい合っている側の腕は伸ばし手首を下に下げ、相手から遠い方の腕は上向きに直角に曲げる姿勢をとり、2度目の対戦では足を肩幅に開いたような状態から体全体を相手のほうに倒すような姿勢をとるとされる。

勝負[編集]

最初の対戦ではセットの状態から、歯の間に息を送り込んで「ツッチーツッチー」といったようにリズムを刻むと同時に、体全体を揺り動かし、首を左右に振る。これを8拍分繰り返した後、両者はフィールドを1周する。このとき、手は体側に揃え、足を後ろに蹴り上げながら回る。

その後、攻め側は「ズクダンズンブングーン、ゲスパンツンサンプーン、エスケンスン、カスタンピン、ケスポンスンカンタンクーン」とリズムに乗って唱えつつ、手と足を交差させたりしながら守り側に迫り、最後にポーズをとる。このとき、守り側はディフェンスを行わなければならない。

これを繰り返し、笑った方が負けとなる。なお、2回目の対戦以降は、フィールドを1周する動作は省かれる。

ズクダンズンブングンゲームの現状[編集]

ルールがわかりづらい上、激しい動きを伴うため高齢者からは敬遠されている。しかし、若者の間では流行しており、学校などでは盛んに行われている。ピラメキーノの中で、全国の小学生が川島・金田に挑戦するシーンが好評である。

有名な参加者[編集]

ここでは,有名な参加者について書こうとしていたが,××Danger!!××うふふあらあらのせいで書けなくなってしまったのでお察し下さい。たぶん察する人はいないと思う。

Domokunyellownbackground.jpg この節はうろ覚えで書かれたものです
誰か、の代わりに僕の記憶の穴を埋めてください。(Portal:スタブ

関連項目[編集]

Syazaai.jpg この項目「ズクダンズンブングンゲーム」はエクストリームスポーツに関連する書きかけ項目である。この項目へ加筆すれば、君もエクストリームスポーツへの出場が優遇されるのである。ただし、出場しても命の保障がないから気をつけろ! (Portal:スタブ)