スポーツカー

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「スポーツカー」の項目を執筆しています。

スポーツカーとは、自動車の一種であり、その中で運動能力が著しく進化したものを指す。

概要[編集]

自動車という動物の中で最もファンの多いのがスポーツカーである。なぜなら、人間の闘争本能を駆り立てるからである。しかし、周囲に迷惑をかける飼い主が多いので、K察には嫌われ、おまけに法律で規制されかけたことすらある。ちなみに、スポーツカーにもナンバープレート(登録番号)が付いて戸籍がある個体が多いが、活動範囲は峠、サーキット、高速道路あるいは巣への道に限定されている。競争のために登録されていない個体も少数ある。なお、年々数が減少しているため、現在絶滅危惧種に2ドアクーペ、3ドアクーペ、5ドアセダンが指定されているが、スポーツカーそのものを絶滅危惧種に指定させた方が良いという意見が多い。

特徴[編集]

爆音マフラー
大音量のかっこいい鳴き声を奏でるが、マフラーを静音タイプに交換して声の大きさを抑えている個体が割合多い。ちなみに一般人はこの種の大きな鳴き声を嫌っている。
リアスポイラー
体を路面に押しつけるために装備している個体が多いが、付いていない又は飼い主の意向で敢えて摘出された個体もある。
スポーツサスペンション
コーナーでの安定性を上げるために進化した脚だが、乗りこごちと言う面では著しく退化した個体が多い。
VTECエンジン(Verotoxin-Producing Escherichia Coli:ベロ毒素産生大腸菌の略称。ホンダ車のみ)
本田産の心臓の大きな特徴となっているが、日産産、豊田産、三菱産に類似した機能を持った心臓を装備した個体がある。
VVTL-iエンジン(2ZZ-GEのみ、生産終了)
一時期一世を風靡した(カローシにまで搭載された)最強のパワーアップキット。イギリスロータスに目をつけられ、トヨタは設計図をOEM供給するはめになった。現在は2GR-FEもジャイアニ…じゃなかったOEM供給している。
Gを冠するエンジン(ヨタ車のみ)
現在はヨタ車に一切搭載されていない。あのヤマハがチューンナップ技術をOEMしている。(現在はロータスSLR枕連IS Fのみ)初めにそそのかされたのはトヨタ・2000GTを作った時。
ロータリーエンジン(現在はマツダ車のみ)
この心臓を持った種は絶滅危惧種とされることが多いが、昔からマツダでしか繁殖がなされていないので当然である。かつてはマツダ以外の多くの繁殖メーカーでも研究がなされていたがすべて繁殖に失敗し、マツダに研究のパテントを提供したNSU社もアウディに買収されたため、現在繁殖されているのはマツダ産のみである。
ターボチャージャー
速く走るための素晴らしい発明であるが、これが心臓に装着されてる個体はあまり多くない。
マニュアルトランスミッション
これが付いてなければスポーツカーではないと言われるほど重要な器官であったが、最近のオートマチックトランスミッションはなめてかかるとしっぺ返しを食らうほど進化しているので、さほど重要ではなくなった。また、多くのマニュアルトランスミッションを載せた個体にはクラッチペダルが装備されているが、無い個体が増えている。

スポーツカーの種類一覧[編集]

2ドアクーペ
もっともスタンダードな種類であるが、絶滅危惧種に最近指定されたため、死亡させた場合は懲役30年以上又は1億円の罰金刑に課される。
4ドアセダン
意外と手強いのが、そこら中を走っているカローラセダンである。
3ドアハッチバック
豆腐輸送用車両が有名である。この種は全車種が絶滅危惧種に指定されており、死亡させたら飼い主又は事故を起こしたドライバーは懲役50年以上又は3億円の罰金刑が課される
5ドアセダン
見かけたら1週間以内に死ぬという都市伝説が存在するほどレアである。また、死亡させたら3ドアクーペを死亡させたときと同様の刑罰が科される。現在ではヨーロッパの大衆車に良くあるスポーツカーである。
ミニバン
スポーツカーの新たな形態で、少し前までは上記の従来的なスポーツカーより多く増殖していたが、100年に1度の不況で減少している。また、オートマチック車しかないのでスポーツカーとされないことが多い。ちなみに、ステップDQNという類似生物も存在しているが、似て非なるものである。
スポーツワゴン
スバル・レガシィツーリングワゴンが有名である。ただのワゴンとなめてかかれば恥をさらすだけなので注意が必要である。
ライトバン
スポーツワゴンの亜種であり、これぞ本当の「羊の皮を被った狼」である。
軽トラック
これも「羊の皮を被った狼」である。特にスバル・サンバーがオススメ。

使用用途一覧[編集]

これからスポーツカーを飼う方へのご注意[編集]

  • 食料(燃料)を多く食べるものが多いので注意しましょう。
  • そして、定期的な血液(オイル)の交換も怠らず。怠ったら確実に心臓停止します。
  • 上記の他に養育費がかなりかかるので飼い主は覚悟を決めなければなりません。
  • 臓器を社外製に交換するなりして調教する(チューニング)際、法に触れないようにご注意を。触れるような調教がなされたら、戸籍を抹消しなければなりません。
  • 身体検査に触れるような臓器交換による調教がなされた場合でもある程度までは、届け出によって調教がなされた旨を通知し、検査を受けて合格した場合は、そのまま外を走り回っても構いません。
  • 飼い主側も取り扱い方の練習を怠ってはなりません。
  • 他のスポーツカーと決闘する際は、公道で行うと違法となりますので、競技場(サーキット、ダートトライアルコース、ドラッグレース場など)で行ってください。
  • なお、競技場での事故は保険の対象外となりますのでご注意ください。さもなければせっかくの愛車が負傷したときに治療費が払えずに安楽死させる羽目になってしまいます。
  • スポーツカーを飼う際は、ご家族など親近者の承諾を得てからの方が望ましいです。承諾無しに飼い始めたら、周囲に虐待されたり、飼い主の意向と関係無しに捨てられてしまう危険性がありますので(すでに実例が多数有り)ご注意願います。

繁殖メーカー及び主な車種一覧[編集]

車種は主なものを紹介する。

日本[編集]

トヨタ自動車
スープラセリカMR2MR-Sカローラレビンスプリンタートレノなど
日産自動車
GT-RスカイラインGT-RスカイラインフェアレディZシルビアなど
本田技研工業
NSXシビックインテグラビートS2000アクティなど
三菱自動車
GTOFTOランサーエボリューションコルトRALLYART Version-Rなど
マツダ
RX-7ロードスターRX-8AZ-1など
富士重工業
インプレッサSTIバージョンヴィヴィオサンバーレガシィ
スズキ
カプチーノアルトワークスキャリィ
ダイハツ工業
コペン
キャロッセ
サトリアネオ 日本製スポーツカーは林道で走れるサイズではなくなったので養女を取ることにしました、横転させ放題の160万円也


フェラーリイタリア
ランボルギーニイタリア
フィアット(イタリア)
アルファ・ロメオ(イタリア)
ポルシェドイツ
MGイギリス
ロータス(イギリス)
フォードアメリカ合衆国
GM(アメリカ合衆国)
クライスラー(アメリカ合衆国)
現代自動車大韓民国

関連項目[編集]

この項目「スポーツカー」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)