スベリ族

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「スベリ族」の項目を執筆しています。

スベリ族(すべりぞく)とはどんなことを発言しても必ずスベってしまう部族である。

概要[編集]

スベリ族。それは発言したら必ずスベる部族。日常会話であれ、指摘であれ、アーン♥♥であれ検閲により削除であれど、必ず無視される。そんな、例の青狸に出てくる石ころ帽子を被ったかの如く、スベり続ける。それがスベリ族!

スベリ族とスウェーデンや日本との関連性[編集]

実はスベリ族と北欧のスウェーデンとは意外な共通点を持つ。

ある中学生曰く「あれは1時間目の社会の時です。社会の時間に、国旗や国名などについて学習しました。そのときスベリ族につい先生が聞いたんです。先生は、『必ず白ける部族だ』とおっしゃったきり、教室ではスベリ族の話題でいっぱいになりました。 そんな日のことです。ある日、僕は廊下で走っていたところ滑って転んでしまいました。あまりにも僕の滑り方が豪快だったので、あだ名が『スベリ族』になりました。その後、僕は必ず白けるスベリ族として扱われ、みんなが無視をし始めたんです。その後もどんどんエスカレートし、ついには家族や先生からも無視されるようになりました。挙句の果てには卒業式でさえ、自分の名前を呼ばれず卒業証書を受け取れず、僕の中学生生活は終わりました。」 ("我々は板東英二よりゆで卵が好きである"群馬帝國出版)から原文のまま転載。

とのように、実はスウェーデンを建国したのはスベリ族なのだ。 しかも、スベリ族のDNAは全世界に散らばっており、日本人にもわずかながらそのDNAが含まれているそうだ。 もしもあなたの身の回りで、「よくスベる人」「何気に無視されている人」がいたら、それはスベリ族の末裔かもしれない。

スベリ族と疑われる人物[編集]

さっきも言ったように、日本人にもスベリ族のDNAがわずかながら含まれてることは紛れもない事実である。しかし、その中でもスベリ族のDNAが普通よりも多く含まれているスベリ族型人間も実在している。そのスベリ族型人間は、通常よりもスベり易い。主に売れない芸人でよく見かける。 それでは、スベリ族型人間の一例を紹介する。

小林アナ
サンミュージックプロダクション所属。元新潟テレビ21アナウンサーで現在はピンで活動。いや、現在ではなく、これからもそうだろう。ってのが世間の見解である。その理由として「テンションがヤバイ」「つまらない」「趣味が悪い」そしてなによりスベるのだ。まさにスベリ族型人間であろう。ちなみにラジオ局NACK5の番組では発言の白け具合と無残な扱われ方をしているのは言うまでもない。
ラヴドライブ
プロデューサーハウスあ・うんに所属していたが既に解散。これぞ売れない芸人の末路。
山井和則
知っている人はいないだろう。スベる事と政治家とは矛盾している。しかし、政治家は選挙で選ばれることから、かつては面白く影も濃かったと見られる。

関連項目[編集]