株式会社スプリックス

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

この記事については以下のようなことが主張されているようです。

  • この記事は誤りと嘘八百でいっぱいの百科事典であるアンサイクロペディアに掲載されています。ここにあるコンテンツはその全て、もしくは一部がフィクションですが、同時にそうではない可能性もあるなど、言うなれば「超フィクション」の状態にあります。つまり、全て嘘八百ということです!したがって実在する人物・事件・団体とは一切関係ありません!
  • ここにはあなたの社会的評価を害するに足る事実はありません!名誉毀損で刑事告訴しないでください!
  • あなたの社会的評価は全く傷付いておらず、損害は全く生じていません!損害賠償請求しないでください!
  • あなたの経済的評価を損なう危険は全くありません!信用毀損で刑事告訴出来ますが、時間の無駄です!
  • この記事を読んであなたが当局に逮捕されても、一切責任を負いません!
  • Akajisoshou.gifそのほかこの記事のために発生した損失や損害について、一切責任を負いません!

株式会社スプリックス(かぶしきがいしゃ-)[1][2]とは、子どもたちの未来の為に、反省文を強要・提出させて、その出来栄えを評価することを生業にした総合反省教育企業。

概要[編集]

同社は、「ゴルスタ - 子供のための総合教育アプリ!個人情報・反省文の提出が無料!」と謳うソーシャルネットワーキングサービス(SNS)を提供する会社である。このアプリを用いて日々学生達の反省文提出のスキルアップを促し、日本の未来のために反抗しない従順な学生を育成し、その名簿を作成することが目的。反省文には、如何にして自分の信条やプライドをかなぐり捨てて、運営を煽(おだ)てるかが問われた。学生達は自らの手で日々スキル向上に勤しみ、日本全国の中高生たちが、大幅な反省文スキルの向上へ繋げたという。この時使われたスキルは、「運営を褒めちぎって自分が100%悪かったと言う立場を演じる」ことが主流だった。そこから変化球として、「自発性を装って違反者を通報し、積極的に運営側についたように見せかける」などのスキルも生まれていった。

同社は、このアプリを開発する前から反省文専門の学習塾(盛塾、次節参照)を運営している。主な活動として社員間で反省文を定期的に作成し、生徒や親御さんへ配布する。その中で、新人の先生たちのおかした些細なことを大げさに盛り立てて脚色し、それに対して反省文を掲載するといったスタイルで自社の持つ高い反省文スキルをみせつけて顧客を増やしていった。このような盛塾やその他の教育企業で培ったノウハウを活かしてスタートしたのが、ゴルスタであり、それを運営体制に取り入れたものであった。

2016年現在は公開株式を発行するまでには至らず、非情常企業である。ゴルスタのサービスを拡大し上場企業化することを目論んでいたが、この目標は頓挫している。

経営する反省塾の一覧[編集]

盛塾(もりじゅく)
塾内で起こった新人教師の失態を大げさに盛ってパンフレットに載せる。そのパンフレットに謝罪文面を併記することで、学生に反省の仕方を伝授し拡大していった大手反省強要塾。一度入ると学校を卒業するまで塾から卒業できないことで有名。
グリム童話スクール
本来のグリム童話を使い子供たちの心にトラウマを植え付けて、聞き分けのある良い子を作り出す専門機関。
恒心教教本「HSK(ハセカラ)」シリーズ
恒心教育成部の認定する経本を扱うHSK教材に関するライセンスを取得。販売している。
総合反省文提出アプリ - ゴルスタ
上述のとおりの反省文・個人情報を提出するためのSNS。「失礼に振る舞え、愚か者の番だ! - Go Ruldely, Stupid Turn!」の先頭音を拾って付けられたとされる。一部の情報筋によると「ゴルバチョフ&スターリン」の名前から取られているとも言われる。詳しくはゴルスタを参照のこと。

外部リンク[編集]

  1. ^ 株式会社スプリックスの公式サイト。
  2. ^ Googleで株式会社スプリックスを検索

内部リンク[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「スプリックス」の項目を執筆しています。