ストーブ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

ストーブとは、石油輸出国機構OPECによって開発されたエネルギー浪費機である。

ヒーローたちもこの通り。
火のつけ方
ご覧のとおり、我が家の畜生もOPECの刺客である。皆も気をつけるべし。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ストーブ」の項目を執筆しています。

用途[編集]

冬に耐え難いほど気温が下がる地方の人々の寒いという心情を利用し、室温をあげることと引き換えに大量のエネルギー(灯油や電気等)を消費する。

これによって人は、つかぬまの暖かいひと時を得ることができるが、その代償として直接的に熱を発生させる上に大量の二酸化炭素を排出させることで地球温暖化に加担し、電気代や灯油代などを通じてOPECに金を貢ぐことになる。

又、最近では夏場にも用いることのできるエアコンが開発され、OPECの搾取の方法はさらに狡猾になっている。

事故[編集]

ストーブの中には設計に欠陥があるものが存在し、そのようなストーブを使った消費者が一酸化炭素中毒などを起こし死亡する事故が発生する。また、室内で火気を用いるという自殺行為を日常的に行うため、常に火災の危険が付きまとう。

日本では布団と共に爆発物としても有名。その威力はすさまじく、衝撃でストーブ本体が弾き飛ばされるほどである。なお、ストーブが爆発した直後に周囲の気温が低下するという現象がしばしば報告されるが、原因は未だに解明されていない。

消費者にとってはまさに諸刃の剣なのである。

規制[編集]

このような悪条件をふまえ、日本政府はストーブの使用を最小限にとどめ、普段はストーブの電源を切って生活することを奨励している。

小泉純一郎前総理大臣の時代に提唱されたクールビズは夏場におけるエアコン使用制限策であったが、これはストーブにもいえるのである。

放屁[編集]

日本では昔から、ストーブにも八百万の神の1種が宿っており、人間と同じように放すると語り継がれる。そのは「スー」若しくは「ブー」だと言う。

関連項目[編集]