ストーカー

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ストーカー」の項目を執筆しています。

ストーカーとは、燃料を所定の場所に送り込む機械、もしくは同等の働きをする人員(火夫)のことである。

機械化以前のストーカー[編集]

工業・運輸分野[編集]

元々、古代ローマ時代からストーカーという職業は存在していた。西ローマ帝国末期に建設されたカラカラ大浴場は、実際にはサウナだけでなく浴槽とプールを多数備え、商業施設も併設されたスーパー銭湯であった。温泉の湧かないローマにあるため、多量の湯を必要とする施設であった。

この地下には多量のボイラーが設置されており、奴隷や自由人貧困層の労働者が絶えず石炭や薪などの燃料をくべていた。これは非熟練作業であったが、ボイラー周囲が非常な高温環境となるためローマ人には耐えられず、フルベ族やベルベル族、カルタゴ族など南方の、主として奴隷労働者がボイラーの維持にあたった。

蒸気機関の発明後、ボイラーに燃料をくべて煽る人員が多量に必要となった。工場および船舶については、ローマ時代と大差のない非熟練作業であったが、船舶でのボイラー作業は密閉空間で高温であり、外洋では船体が絶えず揺れ動き、非常に過酷な任務であった。

一方、蒸気機関車では、限られたスペースに効率よく燃料を振り撒くために高度な技術を要し、勾配や駅の位置にあわせて蒸気の生成量を調節し、さらには高速で疾走する狭い運転室内から振り落とされないよう注意し、信号機やグモをしようとする前方の歩行者に配慮し、半ズボンや特定旅客を見つけたら砂撒きを行い、マナーのいい撮り鉄にはドレーンの白煙をふりまいてファンサービスをするなど高度な技術を要するため、火夫は機関助士と呼ばれ、機関士候補となる優秀な人材が充てられた。

日本の国鉄では、機関士・機関助士を「釜焚き」と呼んでおり、これら鉄道業務に従事するストーカーに対する尊称としていた。

軍事・情報分野[編集]

火は古代から非常に有効な武器となる存在であり、敵軍事施設や政府の重要施設への放火はしばしば戦術的に行われた。

また、敵集団の人間関係のもめごとを煽り立て、内部抗争を助長するような工作も古代からしばしば行われていた。

もめごとの火種となるような情報(いわば燃料)を、敵に肉薄・密着して情報収集し、小さな火を大きな内乱に煽り立てるような工作に従事する諜報員も、しばしばストーカーと呼ばれる。これは、諜報員を、上記のような産業分野で、火を煽り必要な火力を得る業務に従事する火夫に例えた表現である。

機械化されたストーカー[編集]

船舶など苛酷な環境では特殊な体質の人種しか火夫となることができず、作業効率にも限界があった。工場などの定置式ボイラーでも、大出力化に人力では対応できなくなり、機械化が進められた。

日本では、洞爺丸事故をきっかけに、浸水に強く燃料供給能力の高い機械式ストーカーへの転換が進んだ。当時、艦艇では重油専燃とすることで、火夫をほとんど必要としない機関室が実現されていたが、民間船ではコストの安い石炭がまだまだ主流であった。

蒸気機関車においても、西欧では早くから機械化が進んでいたが、日本では蒸気機関車の近代化よりは電化が優先され、D52、C62など一部大型機で使われたにとどまる。

情報分野については機械化はなじまないとされてきたが、電突・スーパーハカーなど、燃料を確保する方法も進歩がみられる。またもめごとに対し燃料を供給する方法としても、田代砲などさまざまな自動化が考案され、効率よくもめごとを煽るよう計算されている、特に角度とか。

なお、日本国内では、恋愛相手や抗争相手に肉薄して燃料を奪取しようとする行為は、現在では法律で禁止されており、マスゴミと宗教団体以外は私的に行うことが困難である。

関連項目[編集]

この項目「ストーカー」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)