ステロイド・バルス療法

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
この記事には冗長性が不足しています。
改善には十分なメモリーとブロードバンド回線と大きなディスプレイが必要です。
アンサイクロペディア法
を熟読した上で、分量を増やして下さい。
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「バルス療法」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。

ステロイド・バルス療法( - りょうほう)とは、大量の禁則事項ですを、ときどき飲んでぴーになることによる治療方法。

概要[編集]

重い自己免疫疾患や血液疾患では、副腎皮質ステロイドを内服や注射して治療することが多いが、実際には効力が不十分な場合が多い。

筋少無重力症は、大槻ケンヂのようになった患者が重力に反して地球から離れていく病気であり、しばしば窒息から死にいたる場合がある。空中に飛んで行った患者を拾い集めるのも非常に難しい。

かつては手術によって結石を取り除く治療が行われたが、患者の固定が難しく、手術室を上下逆さまにするなどの方法も行われたが危険を伴った。

ステロイドバルス療法では、大量のぴーによって病気の原因となっている飛行石を体外に追い出し、筋少無重力症による死亡者・行方不明者は激減した。

禁忌[編集]

  • ムスカリン作動薬 - 視力障害を起こした例が多数報告されている。

外部リンク[編集]

Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちによって「バルス (企業)」はリダイレクトページになっています。変なページに飛ばされるので、クリックしても意味はありません。