ステルスエロ本

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

ステルスエロ本( - ほん・Stealth Pornography Books)は、アメリカ空軍のF-117(攻撃機、2008年4月22日退役)、F-22(戦闘機)やB-2(爆撃機)のステルス技術を応用した最新のエロ本のことである。

開発の経緯[編集]

健康な成人男子であれば、古今東西を問わず誰もが好むエロ本であるが、その隠し場所は常に所有者の悩みの種であり、エロ本隠しの項を参照するまでもなく、現在まで様々な手法が用いられてきた。学生にとっての最大の敵は「母親」、成人にとっての敵は恋人であるが、見つかると処分されたりとがめられたりするため、その隠し場所には以前から様々な工夫が施されてきた。この決定版ともいえるのが「ステルスエロ本」である。

使用される技術[編集]

  • 透明素材の採用 - 文字通り透明性を高め、存在自体を視界から消し去る、あるいはきわめて見にくくする方法である。
  • 可視光線乱反射剤 - エロ本で反射される可視光線を乱反射し"物理的には見えるのだが、見えないようにする"技術である。F-117やB-2で使われた技術を応用している。
  • 可視光線吸着剤 - 可視光線を吸着し、やはり見えないようにする技術である。可視光線はで吸着されるため、黒が用いられる。
  • 光学迷彩 - カメラで周囲を写しその映像を物体の表面に映しだすことで、やはり見えないようにする技術である。近年、アメリカ軍やイギリス軍が兵士や戦車を見えなくするためという名目で研究しているが、真の目的はステルスエロ本とみて間違いないだろう。

弱点[編集]

  • 透明素材 - もっとも効果的な方法であるが、最大の目的であるエッチな画像自体も透明になってしまい、見えない、という欠点が最近の研究で判明した。
  • 可視光線乱反射剤 - これも効果的であるが、書店で購入する場合、そのままでは肝心の購入者自身が見ることができない、という欠点が存在する。このため、書店では特殊なカバーやコーティングで見えるようにする。
  • 可視光線吸着剤 - 色が真っ黒のため、却って怪しまれる、という危険をはらんでいる。また、他のステルス技術と同様、購入するときには特殊なカバーやコーティングが必要である。
  • 光学迷彩 - 透明素材に次いで効果的といえるが、電力を必要とする。コンセントから供給するとなればコードとプラグも隠す必要があるが、母親が見えないコードに足を引っ掛けたら発見は時間の問題。

ステルスエロ本の落とし穴[編集]

  • 上記ステルス技術がいくら発達しても「若い女子店員」がレジにいる場合は、従来どおり「交代するのを待つ」「日を変えて出直す」「開き直る」「サングラスなどで顔を隠す」などの対策が必要とされ、今後の研究対象である。
この項目「ステルスエロ本」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)