シャベル

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
スコップから転送)
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「シャベル」の項目を執筆しています。

シャベルとは、穴を掘る道具のように見えるが、れっきとした近接格闘用武器である。シャベルだからといって喋るわけではない。

特徴[編集]

刃物やなどの殺傷兵器が政府によって制限される現代社会において、安価かつ合法的に購入することが出来る武器である。また武器としての使用法以外に土を掘る事も出来る。そのため、園芸好きの奥さんや土建屋のアニキが愛用していることが多い。

類似品としてはバールのようなものが存在する。

用途[編集]

  • 人を殴る。とても痛い
  • ゾンビを殴る。首が飛ぶ。
  • 鋭い先端で突くもよし、なぎ払って切るもよし、平面や取っ手で殴っても大ダメージ、出っ張りで足を払うという便利な使い方も。
  • 土砂、石炭、砂利、雪等の粗い粉状の素材を持ち上げて移動させる
  • 趣味の園芸にどうぞ

種類[編集]

石炭用シャベル
石炭を運ぶため、という名目で装備されるシャベル。
あたるととても痛い。
雪かき用シャベル
アルミニウムや強化プラスチックなどの刃をもつショベル。日本の北の方では標準装備されている。
あたるととても痛い。
スペード
刃がスペードの形をしているシャベル。主に土掘り用のシャベルとして偽装されている。
日本におけるシャベルの本来の用途以外では土木作業に使われることが多いため、日本では最も普及しているであろう、シャベルである。
あたるととても痛い。
塹壕用シャベル
軍事用に発展されていったシャベルである。塹壕を掘るほかに自分の便などの処理に使われる。戦場では便の処理は大事なんだ!
あたるととても痛い。
園芸用こて
主に園芸用と偽装されて販売されている小型シャベル。
浮気をしている旦那さん、家に帰ったときに奥さんがシャベルをもっていたら逃げた方が身のためですよ。
あたるととても痛い。

シャベルとスコップの違い[編集]

シャベルと同じ掘削も出来る武器であるスコップだが、Scorpionが名前の由来になっており、文字通りサソリの尻尾を原料としている。サソリの尻尾を原料としていないものを、シャベルと呼ぶ。

関連項目[編集]

この項目「シャベル」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)