スケベニンゲン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「スケベニンゲン」の項目を執筆しています。

スケベニンゲン(Scheveningen)とは、オランダのハーグにある地名で国際スケート連盟発祥の地でもある。

概要[編集]

フィギュアスケートの衣装がやたらと露出度が高くなって堂々と人前で大股開きをするようになったのは、発祥の地がスケベニンゲンだったことに由来する。結果としてエロさから客をひきつけて大成功したので結果オーライと言える。

日本にもスケベニンゲンにあやかったイタリア料理店が銀座に実在する。この店ではナポリ風女体盛りやアワビの検閲により削除な料理などが出てくる。更に、この店の目玉料理は、その名もスケベニンゲンというワインが強く効いた、食べるだけでも酔ってしまうパスタである。女性にスケベニンゲンを食べさせ、てっとり早く酔わせてしまおうというスケベ人間に強く支持されている定番メニューであることは言うまでも無い。

17世紀には第一次英蘭戦争でオランダに上陸しようとしたイギリス海軍との間でスケベニンゲン海戦が起きている。このとき、フリーセックスなオランダの国防婦人達がスケベニンゲン海岸に全裸でM字開脚姿で並んだという。イギリス兵が仰天し必死で股間を押さえている隙にオランダ海軍がフルボッコにして国を守った。

その後、海戦の勝利を記念してヤコブ・プロンクが混浴風呂とヌーデストビーチを開いた。

これ以来、観光地としても隆盛を極め、特に、ハーグ陸戦条約の会議では各国使節団が毎回かならず、スケベニンゲンでくつろいで帰るそうである。

第二次世界大戦中ナチスのスパイを識別するためにスケベニンゲンが利用されたという逸話もある。 真面目で堅いドイツ人は、エロ用語「スケベ」と発音することに強い抵抗を示し「シュケベ」と発音したことを利用した。

また、ゴッホは「スケベニンゲンの海の眺め」という変質者の絵を描いている。しかし、2002年にゴッホ美術館から、スケベ人間に盗難されて、未だ行方不明である。

しかし、実際の読みはスへフェニンへンだということにほとんどの人間が気付いていない。

ラブワゴンというフジテレビ所有のピンクの痛車が走った街でも有名である。

関連項目[編集]