スクールカースト

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
曖昧さ回避 この項目では、学校の人間関係について記述しているばい! モノの評価尺度につ・い・て・は「作品カースト」をCHECK IT OUT!! はい!!!
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「スクールカースト」の項目を執筆しています。

スクールカーストとは、日本であまり知られていない、学校の負のシステムのことである。学校の闇でもある。アメリカ合衆国では、学校絡みのドラマ・漫画等に頻繁に登場している。

概要[編集]

分かりやすく言うなら、「生徒たちの階級闘争」である。

ブスデブハゲなどの外面の悪い人=外見的魅力に欠ける人は体育の授業や体育祭で活躍できないどころか、周囲からの罵声を浴びて孤立し(あるいは絶交されたりして)、学校が嫌になり不登校となってしまい、最悪の場合、将来はNEET引きこもりになってしまう可能性がある。

また、「勉強が出来る生徒は教師に好かれる」と言われているが、勉強が出来る生徒はどういうわけか「運動神経が悪い」「コミュニケーションが不得意」「勉強云々ではなく、頭が悪い」「融通が効かない」などのマイナス要素をもっていることが多い。そのため、勉強ができても教師に嫌われてしまう者もいるだろう。就中、運動神経の悪さやコミュニケーションの不得手は、社会のソルジャーとしては最低限にすら満たない役立たずを量産する危険性があるので、好き嫌い云々以前に、教師はそうした生徒を公務として功名に駆逐・排斥・殲滅する義務が生じるのである。

不運なことにスクールカーストの認知度は低く、「運動が出来ないくらいでいじめられるわけがない」「そんなに運動音痴が嫌なら上手くなれよ」「スクールカーストは僻みからの妄想」とリアルでもネットでも言う者がいるが、「そんなに言うならお前さん、サッカーの試合でオウンゴールしまくってみなさい」と言って、本人に身をもって体験させてあげると良い[1]しかし、今から挙げる5類型をみれば、決して絵空事ではないことがわかるだろう。

なお、必ずしも運動の出来不出来のみで決まるのではなく、「一緒にいて楽しい」「かっこいい(バンドメンバー、特にボーカルやギタリストで」「タイムリーに笑いを取れる」などの「表面的な魅力」で決まる場合が多いようだ。

「自己主張能力」「同調能力」などが重視されるとする指摘もある。

特徴として、以下の5段階がある。

  • 1軍(Aランク)
    • 体育(主に球技 まれに陸上競技も)が得意で、主導的な立場を取れる
    • 遠足のバス内で最後尾を仲間同士で占領出来る
    • 休み時間はクラスで友達と騒げる
    • 学級委員等、面倒な仕事を最下位の生徒たちに押し付ける事が出来て、咎められない
    • クラスの笑いを誘うネタの研究をしている
    • 外見に気を使っている
    • 生まれながらにしてイケメン・美少女
    • 童貞・処女でない
    • 時々失敗しても笑って済ませられる(むしろ人間的で憎めないと好意的に取られることもある)
    • 取り巻きが常にいて、且つ人数も多い
    • 大人になると、「普通の」文化をつくる
    • 文化といえば欧米
    • 軍隊なら、いわゆる将軍
  • 2軍(Bランク)
    • 1軍ほどではないが、他人が真似の出来ない技能を持つ
    • または、常にその場の空気に合わせるだけの生徒
    • 体育の授業に対し、少なくとも憂鬱さは感じない
    • ここがクラスの半分以上を占める
    • 軍隊なら、義に篤い戦士
  • 3軍(Cランク)
    • 体育以外の成績は平均以上
    • グループ分けで余り易い
    • 休み時間中クラス内に居場所が無い
    • ルックスにあまり気を使わない
    • 体育の授業がある日は特に元気がない(わざと体操着を忘れることもある)
    • よくない意味で、クラスメイトの笑いを誘うことがある
    • 1、2軍の男からの悪口は非難するが、女からだとむしろ喜ぶ
    • 1、2軍の文化を無視する傾向があり、同調は難しい
    • それどころか機会をとらえて1、2軍の者を引きずりおろそうとする
    • クラスの王になることを夢見ている
    • 好ましくないアジアの隣国に造詣がある
    • 3軍同士でグループをつくり、時に争う
    • 1軍の奴らが見向きもしない静かなお嬢様と確固たる関係を結ぶ
    • 卒業後は政治思想、前衛文化の担い手になる
    • 軍隊なら、さしずめ軍師
  • 4軍(Dランク):端的に言えば嫌われ者、いじめられっ子である。平和なクラスの場合、このランクは存在しない事も。
    • 寄せ書きは余白が多い
    • コンピュータを趣味とする者やいわゆるオタクが多い
    • 異性とのコミュニケーションが取れない
    • グループ分けでは常に余る
    • いじめに遭うか、いないかのように扱われるかのどちらか
    • 4軍以外の生徒とのコミュニケーションがとれない
    • 一度もクラスメイトと口を利かないで終わる日がある
    • 名ばかり学級委員にもなれず、厄介事を押し付けられる
    • 1、2軍の秩序に抵抗しない。少しの恵みも与えない彼らの秩序にむしろ積極的に同調する
    • 3軍や隣国をとりわけ憎み、1軍の悪い男と組んで彼らの文化を破壊しようとする
    • それを大人が活用したのが、いわゆるオタクビジネスである
    • 女はただ大声で接客しているだけの存在でいいと考える
    • 学校を卒業しても、1、2軍に従属する立場から逃れられない
    • 軍隊なら、植民地にされたことを感謝するどこかの国の兵隊
  • 5軍(Eランク):「こんな奴いたっけ?」な者に多い。Dランクと共通点が多いが、唯一の違いは、本当の意味で空気であること。
下位住人の切なる願い。

上記の通り、スクールカーストは五段階である。故に、更に下位のカーストはいわゆる非差別民(アウト・オブ・カースト)となり、一方的に迫害されることになる。皮肉な事に、彼らこそ最も「平等」を望みスクールカーストの解体を願う「正しい認識を持てる人間」であったりするが、その声が届く事は先ず無い。


  • 6軍 (Fランク)  : 入学式のみ出席し、後の生活はヒキニートである。稀に授業に出ても「転校生?w」みたいに扱われ、本当の本当の意味で空気 (人種)であること。


将来像[編集]

以下に二つのスパイラルを記す。

Aスパイラル(Aランクスパイラルの略、通称正のスパイラル)
運動できる→みんなに頼られる→友達できる→もっと挑戦しようと思う→努力する→成功する→モテたりみんなに頼られる→以下繰り返し(いずれは有名大学合格、その先にも一流企業で出世したりベンチャー企業を立ち上げたり幸せな結婚をしたりの合法的で明るい未来。遊びと勉強が両立できる人間がこのタイプ。)
Dスパイラル(Dランクスパイラルの略、通称負のスパイラル)
運動できない→ハブられる→友達できない→暗くなる→挑戦したくなくなる→でも1軍の押し付ける秩序は絶対正しいので、運動が上手くなりたいと思う→でも学校の授業じゃ無理→以下繰り返し(オタクビジネスの価値観を盲信した人間がこのタイプ。)

このスパイラルによってAランクには青春と明るい未来(ある程度の学歴+社会的地位)が約束され、Dランクには友達ゼロとお先真っ暗な未来(良くてもおたく東大生)が約束されているのだ。

なお、Bランクは一生平凡な生涯を送る。

Cランクは社会が求めれば歴史教科書に名が残る英雄になり、Aランクなど及びもつかない名声と栄誉を手に入れる。歴史的に、学者、政治家、発明家、革命家の9割はこの範疇だった。求められなくても近所の小世界では無敵である。

なかなか認識されない「スクールカースト」問題[編集]

実はこのスクールカースト、ウィキペディア(日本語版)には2007年10月7日まで項目がなかったのだ。しかも2009年1月には、“「独自の研究」である”、“学術的に信憑性が低い”として一度削除された。2011年2月に再構成。

このことからも、教育者や政治家たちが声高に叫ぶ「いじめ問題を解決しよう」というスローガンがいかに無意味で、そして本人達もいかにやる気がないかがお分かりであろう。生徒の将来に大きく関係(カースト下層に落ちぶれたらお先真っ暗)し、「若気の至り」「子供は未熟ですから」では済まない「学校社会の病理」なのにも関わらず、なぜ教師や教育関係者はスクールカーストを無くそうとしないのであろうか。また、このカーストが低い人が気がついて担任に相談すると「そんなのはない!」と言い返す。でも、中間層以上の生徒には気づかなくとも、下の層の人間には、おぼろ気だが見えている。あるものはあるのだ!また上層部には、断層としてではなくグループとして、並列に見える人もいる。

教師がスクールカーストに加担することも多い。その理由は『クラスを簡単にまとめる』ことが出来るからである。カーストを作れば、カースト頂点の人を中心に動かすと、同時に下のものがつられて動き、その結果、弱い力でクラスをまとめることが出来る。また「いじめられっ子」を作ると、ますますいじめることでクラスが団結し、何かトラブルがあれば「いじめられっ子」のせいに出来る。よって「いじめられっ子」以外、クラスは「明るく楽しいまとまりのあるクラス」になる。またいじめられっ子への家庭訪問では、両親の前で「開き直れ」「強くなりなさい」と言う。また、教師たちはただでさえ(事務処理など)忙しいのに、いじめ不登校など問題など、厄介ごとの生徒のケアが増えるのがいやだから、クラスとは上層だけいじればいいと考え、あとは下層の人間は「自己責任で」ということで、あえて触れない。でも仕事が手抜きだと言われるのがいやだから、形式上、下層の人間にも触れている。

またこのカーストは、「いじめられっ子」が何も行動しなかったら、クラス→学年→教師→他学年の生徒→地域と、ピラミッドが広まり、いじめられっ子を他人から色眼鏡で見てしまうので、早期解決しなければならない事であるが、なぜか、無かったようにする。スクールカーストというシステムが「いじめられっ子」から行動するエネルギーを奪い去ってしまっていることが、事態をより深刻にしている。

そして仮にカーストの下級の人間が上に登ろうとしたら、上級のグループから蹴落とされ、元にいた階級より下に落とされる。よって下級の人間はずっとそのままいなければいけないと言うことも、問題のひとつである。

Cランクの人間は必ずしもその限りではないが。

スクールカーストが知られない理由とは何か?[編集]

2007年度前半はマスコミが視聴率を稼ぐべく採り上げ出したいじめ問題言及がブームになったが、もしいじめ問題の解決においてスクールカーストについて論じることとなると、スポーツの技術を教えずに運動音痴の心に一生深い傷を負わせるという実質的ないじめをしまくった挙げ句、更に高い給料を貰うという税金泥棒を一生懸命頑張っている体育教師や、勤務歴数十年を誇りながらスクールカーストさえ知らずにいい気になってる、また、あらかじめスクールカーストを知っていて、自分自身がいじめの真の黒幕になって、しらばっくれる、ベテラン教師や、国民の税金で議論したにもかかわらず、何ら有効な成果を上げてないばかりかスクールカーストについて、現場を知らず、全く無知な教育再生会議のメンバーといった人達が困ってしまうからである。

なので、テレビに出る人(知識人・有識者・教育関係者・政治家など)は自分たちが叩かれることを避ける、あるいは「昔は良かった」式の懐古主義に陥るために「今の子供達はテレビやゲームの影響で凶暴になった」「昔はこのようないじめは考えられなかった」「今時の親は育児がなっていないからいじめが多発するのだ」と、現実逃避及び責任転嫁をするのである。そもそも人間とは二人いれば殺しあい三人いれば派閥争いをする生物で、「いじめがない」状態など天地開闢以来一瞬と存在していないはずなので「今時の若い者」の問題ではない。

教師も加担していることもある。教師自身いじめで楽しく仕事が出来、いじめられっ子をクラスの奴隷として、生徒がいやで出来ない仕事を無理やりさせたり出来るからだ。それを知られては、人の道を教えるはずの人間、教師に非難を浴びせられ、教師生命が危なくなるので隠蔽している。

基本的に、教師は聖職者でなければならないというルール(いわゆる「恐るべき学校信仰」)があるため、国民は「教師の指導は予備校講師を遙かに凌駕しているし[2]、間違っていることなどあるはずがない」と思わなければならず、スクールカーストを教師の責任にすることは許されないのだ。

一方、カースト上位を経て、リア充になった者達が、過去の非人道的な迫害を隠蔽しようとする動きということもできる。

なので、この問題を真剣に考えてくれている人はせいぜい社会学者の内藤朝雄・明治大学准教授ぐらいのものとなっている。その内藤も多数派の体育会系が羽振りを利かせる社会に絶望し、発狂して久しく、最早まともにスクールカーストに立ち向かえる人間は残っていない。

内藤の「スクールカースト」に対する考察[編集]

①「団体生活の強要」による子供同士の同調圧力
日本の学校は、世界でも類を見ないキメ細かさで、生徒に集団生活を押しつける。このため、生徒にとって学校は、追いつめられても逃げ場がなく、他人との距離感を自由に調節できない閉鎖的な空間になりがちだ。
②塾と学校の相違
学校は、いじめがあったり、勉強をやる気がないようなふりをしなければならなかったり、教員から嫌われると何をされるかわからない不安があったりして、嫌だけどしかたなくいくところだけど、塾はいっしょうけんめい勉強ができるし、学校と関係ない塾の友だちとは気楽に思ったことを語り合える、といったムード。
③「牢獄」と化した学校
「空気を読」んで偽りのノリを生きるよりも、真実の心をわかちあいたい、いっしょうけんめい勉強をしたい、そして専門的な職業につきたい、いじめはゆるせない、暴力はゆるせない、といった「まじめ」なタイプの子にとって、学校よりも塾の方が、圧倒的に「ただしい」場所になっている。学校は、内申書で将来を閉ざされかねないから、力関係上黙って屈服しなければならないだけの、「悪」の場所となる。また、「ことば」で納得させてくれる塾の教員の方が、「ちから」で言うことをきかそうとしがちな学校の教員よりも、「ほんとうの先生」と思われがちだ。
④「反抗期盛り」の中学・高校の問題点
学校にくらべて、塾は楽しい。「友だち」から「不真面目であること」を強制されないですむ。みんなまじめに勉強しているし、講師はフレンドリーな「ことば」で知的関心を刺激してくれる。ここには嫌なチンピラはいない。嫌な押しつけがましい、気にくわないと思われるとひどい成績をつけられて、私立中学への脱出を妨害されかねない(そのくせ教え方の下手な)先生もいない。
参考:教育チケット制で塾と学校を同等に扱う - 内藤朝雄
⑤学校の「神格化」の否定
もう一つは、学校を神聖化することをやめるべきだ。これまで日本では、学校を神社仏閣のようにあがめ、教員を聖職者のように扱ってきた。その結果、学校を中心にして、子どもたちを、魂の深いところから、「学校の色」に染め上げてしまうことが、残酷ないじめや市民的自由の剥奪など、様々な問題を引き起こしているのだ。彼らは学校で閉鎖的な集団生活さえしなければ、こんな「学校色のけだもの」にならなかったはずだ。
参考:内藤朝雄のブログ

職場カースト[編集]

「卒業して就職すれば、スクールカーストは無くなる」という希望の声をよく耳にする。しかし、それは誤解で、スクールカーストを卒業するとすぐに職場カーストという制度の中に取り込まれていく。

職場カーストとは、上に挙げた4族分類を応用すれば、どんな職業でも容易につくることができる。例えば

1軍 容姿端麗で感謝の声爽やかな営業マン

2軍 会社の空気を読んで常に平均を行く一般社員

3軍 商売文句で収まりきらないほど「個性的」な社員

4軍 大赤字を出して自信喪失した元・1軍営業マン、営業などとても務まりそうにない地味な事務職

である。職場カーストの方が金銭が出る分だけ学校よりまだ寛容だろという意見もある。しかし、学校がとりあえず卒業証書と学位を与えてくれるのに対して、この職場カーストでは、3軍以下の者は赤字人員となり、容赦なく解雇が告げられ、存在そのものを抹殺される。1軍は3軍以下の者に向けて、営業文句のような優しい声をかけることは決してなく、ストレス発散元として学校以上に罵倒文句を浴びせる。学校の先生はそんないじめを止める義務があるが、職場の上司はむしろ率先していじめに加わる。そしてコミュ力だけに特化したゴマスリ連中がその上司に迎合して無根拠にその上司の行為を正当化するので、いじめはけっしてなくならないどころか悪化の一途を辿る。

このカーストから脱出するには、離職してNEETになるか自殺するしかない。しかし、明日の飯がかかっている仕事であれば安易に離職は出来ず、結果自殺一択のルートしか残されないことになる。今日もまた、新小岩の駅に紅い飛沫が飛散する。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ スクールカースト上位の者には、そもそもこの文章の意味が理解出来ない場合がある
  2. ^ そのような事はあり得ない

参考リンク[編集]

※注:スクールカーストの理解者ばかりとは限らない、と言っておく。