スクリュー・ドライバー

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「スクリュー・ドライバー」の項目を執筆しています。

スクリュー・ドライバー(Screw driver)とは、殺しの一杯である。

概要[編集]

昔、イランに出稼ぎに来ていたアメリカ人が仕事中、喉の渇きを癒すために作った即席カクテルをステアするのにドライバー(螺子回し)を用いた事からその名がつけられたが、材料のウオッカオレンジジュースについては、たまたまその場にあっただけであり、正直なところが呑めれば何でもよかったと言われている

レシピ[編集]

ステアに使うのはブレード(先端)でもグリップ(取手)でも構わない。

現代に伝わっているスクリュー・ドライバーのレシピは、一般的に

  • ウオッカ - 45ml
  • オレンジジュース - 適量

とされているが、実はここに

を加えるのが本式である。逆に言えば、最初の二つが欠けていようが、こちらが揃っていれば本当のスクリュー・ドライバーとも言える。もちろん、ステアには実際のドライバーを用いる事は言うまでもない

機械油[編集]

前述のアメリカ人は自動車工であり、仕事中はいつもと埃、そして油に塗れていた。そして彼の使っていた工具もまた例外ではなく、カクテルをステアするのに新品のドライバーを用意するようなタマではなく、油に塗れたまま「アルコールで消毒されるから大丈夫」とステアしていた事から、ごく少量の機械油を混入させるのが本来のあり方なのである。

[編集]

これが「女殺し」の異名をとるスクリュー・ドライバーの真骨頂である。これにはいくつかの説が存在する。

  1. アルコールが高いのに呑み易い事から、女性をコロリと「落とす」のに使われた事から。
  2. 前述のアメリカ人がコロリと「落とした」女性に自慢の工具を「ねじ込み」、破瓜の血をカクテルに使ってみた事から。
  3. 前述のアメリカ人がこれで口説こうとしたが、「そんな汚いもの飲ませないで」と袖にされて逆上、文字通り殺した事から。

バリエーション[編集]

スクリュー・ドライバーには「ウオッカを別の酒に代えた」バージョンと、「オレンジジュースを別の飲料に代えた」バージョンがあり、いずれもスクリュー・ドライバーとして認められている。前述の「最初の二つが欠けていようが以下略」というのはこれを指している。全体的にアイデンティティが希薄なのである。

ウオッカを別の酒に代えたバリエーション
オレンジジュースを別の飲料に代えたバリエーション

関連項目[編集]