スカンジナビア半島

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「スカンジナビア半島」の項目を執筆しています。

スカンジナビア半島(英語: Scandinavian Peninsula)とはノルウェースウェーデンのヨーロッパ北方の巨大な半島。フィンランドは入っているようでは入っていない。スカンジナビア諸国という言葉もあるが ノルウェー、スウェーデン。デンマークで結局フィンランドは仲間はずれである。海岸線はフィヨルドというリアス式海岸とはレベルの違うギザギザが広がっている。スカンディナヴィア半島というとかっこよく聞こえる。ウィキペディアはカッコつけである。しかし最近の地理の教科書ではスカンディナビア半島とある。もうどれでもいいです。本当にありがとうございました。

位置の覚え方[編集]

先が割れているとは言ってはいけない。
勃った!スカンジナビア半島が勃った!

ちんこを横から見て、上半分がノルウェー。下半分がスウェーデン。玉袋がフィンランド。「ノル上、下スウェーしたら玉がフィンフィンする」とやや強引に覚えることができる。ちなみに玉袋の北にはイナリ湖という湖がある。このことに最初に気付いたのは古代ローマの博物学者プリニウスで、非常に下品なものを嫌った彼はラテン語で「好かない」と言う意味の「スカンジナビア」と名付けた。さらに英語で「半島」を意味する「peninsula」もこのペニス(penis)に似ているということから名付けられた。

地理[編集]

子供のころ地図を見るとこんな寒そうなところもあるのかと胸をときめかせる場所である。しかし北のほうなのででっかく見えるが面積は日本の四分の三ぐらいしかない。けれどもスカンジナビア半島はときめきを返してはくれない。さらに「スカンナジビア半島」と間違って覚えてしまう場合もある。そのため幼少時にスカンジナビア半島に触れ合うのは危険である。

ちんこでいう上の根元部分はラップランドと呼ばれノリノリな人たちが住んでるんだYO!そこにはサーミ人という少数民族が住んでおり毎日「さーみ、さーみ」と言って暮らしている。このラップランドににあのサンタクロースが住んでいる。フィンランドの北部のコルバトゥントゥリというだ。ここはフィンランドとロシアの国境で……あれ?ここスカンジナビア半島じゃないじゃん。

ちんこには勃起時の血管の如くメルヘンなスカンジナビア山脈が連なっている。ここには巨人たちの国があり、巨人たちが仲良く住んでいる。巨人軍がオフシーズンにキャンプを張ることでも有名。さらにムーミン谷もある。ムーミン谷といっても、埼玉県飯能市の「あけぼの子どもの森公園」のことではない。ちなみにムーミンは冬眠する。「無ー眠のくせに冬の間は寝てるんですね」ってやかましいわ!!

関連項目[編集]

この項目「スカンジナビア半島」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)