スカ丼

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
ofjet d' art
VERY GOOD!!

この記事はあえて言うなら
キム兄とファミリーマートの
コラボレーションによって作られた
キム兄のごはんである!

スカ丼(すかどんもしくはすかっどん)とは、鳥肉アサリ朝鮮人参などをタバスコと混ぜた後、豆乳ウオッカで煮込み、麦飯の上に載せる丼物料理。ロシアで産まれ、イラクで有名になった。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「スカ丼」の項目を執筆しています。

概要[編集]

もともとはソ連で考え出され、これを見たアメリカ人やらヨーロッパ人の集まりの連中は納豆にかける物として、スカ丼と名付ける事にした。その後はエジプトを経由して北朝鮮に伝わった料理である。肥満化が進む北朝鮮ではヘルシーで極めてスパイシーなことが人気を集めている。「ぶっ飛ぶほどうまい料理」と言われており、そのぶっ飛び方はテポ丼に勝るとも劣らないものである。特にダイエット食としての需要が高い。もともとは韓国に輸出し、国力を見せつけるための主要商品だったが、今では日本の一部にまで輸出する範囲を広げている。その手軽さが評判を呼び、北朝鮮内外でも人気商品である。テポ丼ノ丼とともに重要な外交戦略だが、広い範囲に輸出する他の2つよりは外交戦略上の重要度は低い。なお、なぜ考案者のソ連にとっても北朝鮮にとっても敵である、かの憎き米帝の調味料、タバスコを料理に使っているかは国家機密である。

詳細[編集]

外交戦略上の重要度は低いが、歴史は他の2つよりも長い。またテポ丼、ノ丼よりも大衆的で、最近ではダイエット病気にも効き、美容にも良いことが判明して注目を浴びている。特にノ丼などによって肥満になってしまった人からの需要が高い。偉大なる将軍様のダイエット食品として有名であり、ダイエットの効果は将軍様のお墨付きである。

関連項目[編集]